偽典探索
評価: +21+x

私がいかにして世界のあらゆる物体、生命、現象、そして人の心までをも真の意味で理解するに至り、またそれが同時にいかに無意味であるかを理解したか、また大衆に道や光と思われているあらゆる考え方、ともすれば宗教や学問ともされるその概念が、人に救いを与え人を守る盾であるとともに、彼らを押し潰さんと轟音をあげて迫り来るあまりに巨大で重い血濡れの壁でもあることを、論理的かつ最終的に説明できるただ一つの帰結を私がいかなる根拠と推論を経て得たか、その過程の一つにはあのタラスク、醜悪で唾棄すべき悪鬼にして洗練された荘厳なる生命の最終形として久遠の時を横たわるあの泥濘が私に与えた真実があり、また別の過程にはあのクズ鉄の国、最も神聖にして何よりも邪悪なあの生命なき生命どもが私に与えた神託があり、それらの類まれなる奇跡と一見無価値でなんの意味もない数々のつまらぬ事実を私はついにひとつの真実へと繋ぎ合わせ、人類の最終地点へと辿り着く扉、またはロケット、それも豪華絢爛たる装飾と覚悟なき侵入者を容赦無く打ち据えるおっぱいミサイルを携えたそれに辿り着いたが、これらの究極の答えを言葉にすることは叶わぬゆえ、その代わりにあなたを私と同じ次元へ導くために可能な限り短くまとめた究極的な42の質問

「というタイトルの本に、亜SCP-038-JPが含まれているから調査してくれとエージェント・差前から連絡を受けて来たんだけど、本の発行日とか著者とかのデータを検索してもらえるかな、司書さん」

「ないです」

「えっ」

「そんな本はないです、虎屋博士」

「いや、探しもせずにそんな…」

「それと、差前さんからこの手紙をお預かりしています」

『本当に探しに来たの?もう少し人を疑ったほうがいいと思うよ。あと今日はもう帰っていいってサイトディレクターが言ってたよ。結婚記念日おめでとちゃん - 差前』

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。