一本の木、一個の宝石、一つの家族 ハブ
評価: +3+x
kether_cover.png

「人々は適応しました、私たちもそうしたいものですね、ダアト」


カエクス・カーネリアナ・コレクティブ Taleシリーズ:

一本の木、一個の宝石、一つの家族


このTaleシリーズは、出来事の過程で、キャラクターたちの関係性、状況、事情や見解を変化させます。したがって、財団の世界に関してはカノンではありません。しかし、キャラクターたちに関してはそうです。


Taleシリーズは現在執筆中です。

1章 & 2章

結晶のような瞳 / 消えた王国

3章 & 4章

奈落で / 転落

5章 & 6章

静寂の雪 / 記念碑

7章 & 8章

白兎 / 私の頭の中の榴弾砲

9章

死の舞踏

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。