実験記録027-14
評価: +1+x

主任研究員: ██████博士

実験参加者: █████博士 (Dr)

説明: SCP-███に関する非常に危険な性質に対する問題を提起するように█████博士(数学の専門家)に指示した(特にその無力化の方法についてたずねる)。この場合も、以前の失敗にもかかわらず、博士は必要に応じてトピックを掘り下げるように命じられました。実験は、三脚に取り付けられたカメラとマイクで記録されます。被験者には電話受信機も装備されました。


実験記録:
█████博士は収容室に入り、SCP-PL-027にうなずく。

Dr: おはよう。

PL-027: おはよう。

Dr: (スペースを開ける)SCP-███について話そうか。私はやつを破壊する方法が知りたい。少なくとも少しおとなしくさせる方法をな。

PL-027: 君はそれを収容する方法を知っているだろう。

Dr: それを破壊する方法は?

PL-027: SCP財団のモットーは「破壊、破壊、破壊」ではなく「確保、収容、保護」だろう?さらにきみは「これか、これ」といったのだから、我々には別の選択肢があるはずだ。この場合、これらは同じ意味だと思うね。

Dr: しかし、私はオブジェクトを破壊する方法を知りたいだけだ。必ずしもそれを行いたいわけじゃない。

PL-027: しかし、それはしたくないんだろう?少なくとも君はしたくない。SCP-███は現在君たちがうまく確保しているから、環境に大きな影響は与えないだろう。やつになにか問題でもあるかね?

Dr: (オブジェクトが話題から逸脱しないように指示を受けた) 私はSCP-███を破壊する方法を見つけるためにここに来たんだ。私は答えを期待しているよ。

PL-027: 博士、SCP-███は私にとっては兄弟のような存在だ。結局、我々は同じ家族に属しているんだ。それを忘れてはいやしないかね?

Dr: SCP-PL-027、私はまだ答えを待っているよ。

PL-027: (一瞬の沈黙の後) 私はあなたにそれを与えることを恐れている。

SCP-PL-027は休止状態に移行しました

備考: █████博士はSCP-PL-027について、赤と黒の農夫のようなシャツを着て、身長約1m80cmの若い男性であると説明した。博士の説明は私の観察と一致しません。私は、黒い服を着た厚手の眼鏡をかけた、歳をとった男性を観察していました。 — ██████博士

結論: 前回の実験の結論と同じで、SCP-PL-027は最初に応答を放棄した後、そのことに関する応答はしていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。