実験記録027-21
評価: +1+x

主任研究員: ███████████博士

実験参加者: ████博士 (Dr)

説明: █████博士は、同僚が指示に従わないことに対する問題の提起をするように指示された。██████████博士は財団のルールに則り、実験は三脚に取り付けられたカメラとマイクで行われます。


実験ログ:
████博士は収容室に入る。

Dr: こんにちは、SCP-PL-027。

SCP-PL-027は起き上がって博士に手を振る。

Dr: 君はここでずいぶんといい暮らしができているようだね。

PL-027: 条件は非常に手頃だよ。この場所には実にいろいろな歴史がある。 SCP-PL-███、 SCP-PL-███、 SCP-PL-███がかつてこの場所に保管されていたが、 ████の改築後、財団は収容物品をより安全に保管するようにした。実際、これらのことで医療班を無駄に煩わせることも無くなった。

Dr: 興味深いね、そのことについて私は知らなかったよ。

PL-027: そういうわけで、私は君に進言するね。博士、私が思うところに寄れば、君は君のサイトの歴史をもっとよく知るべきだよ。

Dr: そうだな。しかし、君が見ることができるように、ここでさえ時には果たすべき責務を果たさない人がいる。実際に、そう言った人たちについて大きな問題になっている。█████████博士はレベル4クリアランスを得ているにもかかわらず、報告書の提出期限を過ぎているし、割り当てられたオブジェクトの作業に遅れがちだし、毎月の精神検査も受けていない。同時に、財団は[編集済]の結果、セクター██、セクター██への個別アクセスコードを持っているために、これらの注文を中断することができないでいる。SCP-PL-███との長期的対面を通じて、彼の体は健全な活動の影響を受けにくくなっている。博士の行動は公然と財団の規則のほとんどに違反しているが、最近の財団は多忙で[削除済]を検査することはできない。私はこの問題に対処する方法を知りたいな。

PL-027: (興奮した様子で) 人間の本質はいつもそうだ。人間はいつもある程度不平等な状態にあるが、彼らはいつも少ない動作で多くのことをしたいと思っている。財団は、多くの比較的似通った事例を抱えているが、職員の絶望感は一様ではない。しかし、これはまぁまぁな事例だ。彼らが言うように、灯台下暗しだ。非常に有用な真実だ。君は何百もの組織の仲介を行政に任せなければならない。彼女は衝動的に、良く考えずに行動している。彼女は巨大な雲からの雨を防ぐための傘を持っていたが、小さな雨しか眼中に無いんだ。同一の行動計画が、財団の巨大な知的財産の排除について責任を負っている。小さな譲歩に同意する代わりに、理事会は全てを自分自身で保つことを選んだんだ。結果は関係ない。人々は両方の側に立っていたからだ。そして、人間の本質は常にそれだ。これが、私がこの問題について言及する全てだ。

Dr: ありがとう。SCP-PL-027。

PL-027: どういたしまして。

実験終了

備考: ████博士は、SCP-PL-027の顔面の形をO5-██であると説明した。博士の説明は、私の観察によるものと部分的に一致しています。私はまた、財団全体の人体の形態を照会しましたが、彼の顔の特徴は博士のものと一致していました。会話中に██████████博士の問題が議論されました。 — ███████████博士

行動: 審議の[編集済]日後、██████████博士はレベル5クリアランスを認可されました(██/██/████以降適用)。博士は彼が持っていたすべての情報を明らかにし、昇進できたことを彼に感謝し、彼の仕事の質は著しく高まりました。しかし、原因解明に関する財団への本当の脅威だけでなく、その施設で実施されている全ての規則の絶対的な違反のために、この日のうちに取り消されました。 —O5-██.

結論: SCP-PL-027は本当に非常に多量の情報を持ち合わせています。オブジェクトに対する実験を継続することを強く推奨します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。