実験記録027-82
評価: 0+x

主任研究員: █████████博士

実験参加者: ███████博士 (Dr)

説明: ███████博士は基礎心理学者の一人です。彼はSCP-PL-027に、彼自身に関するインタビューを行います。過去の問題、性格、人格、様々な問題に対する態度、習慣などについての話題を提供し、実験の目的はオブジェクトについてより多くの情報を得ることです。したがって、博士は対話中にオブジェクトを急かさず、従順な姿勢で受け入れるように指示されました。実験は三脚に取りけられたカメラとマイクで記録されます。


実験ログ:
███████博士が収容室に入る。

Dr: SCP-PL-027、あなたについて話したいのですが。

SCP-PL-027はうなずく。

Dr: (距離をとって) 誰…あなたは何ですか、SCP-PL-027?

PL-027: それはあなた方の解釈に依存します。あなたによれば、私は人間です、しかし、他の人にとっては私は収容された多くのオブジェクトのただ1つに過ぎない。わたしは謎や障害となることがあります。わたしは役に立ったり、役に立たなかったりすることがあります。わたしは貴重なことができます…

Dr: あなたの意見では?あなたは誰ですか?

PL-027: 私は、私を感知する人によって成り立っています。

Dr: あなたは「誰」であるのですか?あなたは自分自身を人間と考えますか?

PL-027: あなたは私を人間であると考えています、博士。

Dr: えぇと…(とまる) その場合、あなたの人格とはどんなものですか?

PL-027: 私は収容されてから81回の実験を行いました。大学院を卒業した心理学者として、あなたは確かに私についての十分広範な情報を得たのではないですか?

Dr: SCP-PL-027、その情報をどうやって手に入れましたか?

PL-027: 財団のほとんどのオブジェクトに対するように、レスポンスを強要する行動をされたからです。

Dr: (早口で) わたしは詳細を聞いているのです、SCP-PL-027。

PL-027: エージェントの1人が、致命傷になりうる怪我をした。彼は自動銃器で撃たれた。この出来事の数分前、私は彼が今日死ぬだろうと告げた。

Dr: SCP-PL-027、それに付随する状況ではなく取得した方法に関する情報が必要です。

PL-027: 関連書類を読めばわかるでしょう。

Dr: 書類は破棄されました。

PL-027: 完全なものでなくて構いません。最も興味深い問題は、既存の[編集済]は[編集済]で発生しているということです。

Dr: なぜ私たちから[編集済]を隠すのですか?

PL-027: 彼らは、あなたは全てをする必要はないと思っているからです。お客さんですよ。

O5評議会によって送り込まれた財団のエージェント2人が収容室に入ります。SCP-PL-027は休止段階に入ります。エージェントは████████博士を連行します。実験終了。

行動: 十分な資格を持たない職員が、SCP-PL-027から機密情報をあまりにも多く受け取りすぎたという事実によって、博士は尋問されその後クラスC記憶処理を受けました。O5-██

備考: ███████博士は、SCP-PL-027を体長約1m80cmの裸の男性であると説明しています。彼の説明は私のものと一致します。 — █████████博士

結論: 空欄

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。