倫理的?
評価: +9+x

「記録しますのでお名前を述べてください」マイクで増幅された声が広大な空間に反響した。

「ええと、博士の、あー、ロバート・フェルドン博士です」彼はおどおどとマイクに告げた。思い出せる限り、怯えるのは初めてのことだった。いつもであれば、は暗い部屋の高くより響き渡る朗々とした声の持ち主なのだ。

もちろんこの部屋とて非常に暗いのだが、それでも虚構が剥がれる以前にフェルドンが働いていた施設と同じか、それ以上に明るく照らされていた。そして彼を問いただす男、正確に言えば男達と女達は、彼よりごく僅かに高い位置にいた。

彼は目の前の集団を注意深く観察した。探す。今までそうしてきたように。弱みを、恐れを、アドバンテージとなり得る何かを。

彼らも同じように彼を見返している。

フェルドンは汗をかき始めた。

「それでフェルドン博士。あなたの以前の雇用先における役職は?」中央の男が再び口を開いた。

禿げ、やや肥満気味、暗色の服、眼鏡。死んだ魚のような眼差し。その姿はかつて多くの者がフェルドンに見たそれと同じものだ。フェルドンの方が僅かに若く、より健康だということを除いて。完全に禿げ上がった頭は、前の職場において彼が唯一予測できたものだった。

フェルドンは咳払いをし、再びマイクに話し始める。「財団倫理委員会の委員長でした。倫理委員会が現在の機関に取って代わられる前までの事です」

「どの程度の期間その職に就いていたのですか?」

「7年間です」

意に反して自らの声に一抹の誇りが滲んでいるのを感じ、フェルドンはゾッとした。素早い一瞥がその疑念を確かにした。彼らも同じようにそれを聞き取り、不満を感じていた。

一瞬のざわめきは中央の男が視線を投げると静まった。彼は仕切り役らしく、そして恐らくこの裁判の主導権を握っている。

「……なるほど。それであなたはどれくらいの、これら……SCPオブジェクト……の『収容プロトコル』の制定に関わったのでしょうか?フェルドン博士」

「そうですね、それは『関わった』という言葉の意味するところによります。仰っているのは私が倫理委員会に配属される以前に関わった収容と研究についてでしょうか?それとも倫理委員会に配属されてから承認や改訂に関わったものについてですか?」

「質問に答えてください」

「分かりました」フェルドンは言い、些かびくびくしながら静かな陪審員の顔色を伺った。「その、恐らく、およそということになりますが、その、435個です。437個だったかもしれません」

「何か特段……特筆すべきような……プロトコルはありますか?博士」

「正直に申しますと、暫く経つと色々混ざってしまうのです。それにあなた方が知る必要の無い情報を私が秘匿しているとお考えでしたら、私が特定のプロトコルなど覚えていないと答えるのは当然かと思います」

クソ、どうしてこいつらに、自分の命運を握っている奴らに向かって口答えなんてしやがったんだ?フェルドンはそう思った。

「そうですね、では話題を変えましょうか。端的に言えば、我々は全ての情報にアクセスできなくてはならないのです。異常な物品、事象、生命体に対する倫理的収容のための国連新委員会として、我々は財団がかつて収容していた、そして現在収容しているものについてのあらゆる知識を接収します。倫理的でないと見做されたプロトコルは改訂され、改訂が不可能ならばそのオブジェクトの収容は打ち切られることになるでしょう。オブジェクト自身が人間社会に対する本質的な脅威であるものは例外なく破壊されます」

フェルドンは心の中で、財団のトップシークレットが暴かれた後にどれほどが残るのかと考えた。前O5司令部と倫理委員会のみが知ることを許されたもの。

「博士、質問に答えてください」

「申し訳ありません。もう一度お願いしてもよろしいですか?」

「あなたは前職において、ナンバー、453、231、158、239、それと『人間型』と指定されたオブジェクト。これらの内どれかの収容に関わりましたか?」

フェルドンは目をそらし、もしも嘘を吐いてどの関与も否定できたなら、と願った。

「はい。倫理委委員会の職員は全員、必然的に何らかの形で人間型オブジェクトに関与することになります。私達は収容を保ちつつオブジェクトの負担を軽減するために、できる限りのことをしました。彼或いは彼女に対してです」

「お気づきの通りですよ、博士、あなた方のヒューマノイド収容プロトコルの大半は数多の国で数多の法を犯すものだと思いますがね?」

選択肢は無かった!やらなければ世界が滅びかねなかったのです!」

「博士、一般庶民はあなたの組織が使う『現実改変者』という言葉をよく知らないのです。つまり、妊婦や子供に世界を滅ぼすことができるなど非現実的だというのが大方の見解なのです。何か反証はありますか?」

「いくらでも」フェルドンはそう言うと証人席から移動し始めた。それに気づいた2人の大柄な男、彼の付き添いが、歩き回らないようにと彼を静止した。「倫理委員会委員長への就任に先立ち、私はSCP-239に関する実験を視察しました。実験中、私は239が信頼性のある財団施設の全ての部屋を思いのままに変えるのを見たのです。このケースでは巨大なドールハウスでした。彼女が職員を記憶と人格を保ったまま等身大の動くぬいぐるみに変えてしまってさえいなければ、これはそれほど深刻な事態ではなかったでしょう。全部戻すようにと言われると、彼女は主任研究員にこう言いました。『どっか行って、ばーか1』と。哀れな男の頭に何が起きたのか説明する必要は無いはずです。敢えて言うなら、彼はどこかへ行きました。ドアの向こうへ歩いて行き、消えたのです。最後には彼女は『お人形』で遊ぶのに疲れて、全て同じように消してしまいました。これは数ある事件の中の1つに過ぎず、そしてその中においては全く深刻ではないものです」

「あなた方がSCP-231と呼ぶ女性についても?」中央の男が問うた。その声には既に、未だ発せられてもいない返答への非難の色が含まれていた。

「誰も知ることを望まない物事というものがあります。これはその1つだと保証しましょう」

「ではあなたは一貫して、件の人間は大声で話したり紙に書いたりできないほどに恐ろしいものであり、しかもこれに関して倫理的でない事は一切行われていないと言うのですか?」

「ああ、あれについては倫理的でない事はいくらでもありますよ……少なくとも従来の倫理からしてみれば」彼は不気味な笑みを浮かべて言った。「ご存知の通り、殆どの人々はSCP-231が単なる1人の妊婦ではないということに気づいていません。一般人がSCP-231について知っている事というのは実のところ、間違っています。一般人は、もっと言えばあなたご自身を含め見識のある人々の大部分でさえ、SCP-231と言うのが正確にはSCP-231-7に指定される存在であると気づいてはいません。彼女はSCP-231-Xの指定を受けた女性の中で7人目の、そして我々が収容した最後の1人なのです。他は皆死にました。我々が制定した収容プロトコルを違反した行動のせいで死んだのです。自身の手によって、或いは我々が試みた排除……胎児の摘出によって。実を言うと、ある時SCP-231-1は出産しました。この事件によって数百の死者が出ています。ご存知でしたか?」

陪審員は沈黙し、情報を飲み込もうとしていた。

「それぞれの赤子はその1つ前に生まれた赤子よりも大きな被害をもたらす能力を持っていたか、それを実際にもたらしていた事にお気づきでしたか?」

陪審員は座ったまま、静かに、僅かな貧乏揺すりをしていた。今や優位は禿げ頭の博士にあった。

「古臭い言い方ですが、クリアランスがあれば私の言葉を検証することもできます」

中央の男が再び口を開くまでの一瞬、陪審員は一層気まずそうな目を向けていた。

「博士、機関は機関のための決定を下します。あなたの組織で言う『現実改変者』について今や我々が知ることとなった事を考慮しても、10歳にも満たない存在があなたの同僚がされたような事をできる力を持っているとは信じ難い。情報を頂いたというのに『頭が蒸発しそう』ですよ。それと、あなた達が231として扱っているに行なっている忌々しい行為は、何であれ機関が公的な力を持ち次第やめさせます

だが、彼らの自信が僅かに揺らいだのが、彼らの自惚れが僅かに鳴りを潜めたのがフェルドンには見て取れた。彼は部屋の中で力が動くのを感じた。ここは今やの独壇場だ。

「結構です……百聞は一見に如かずとも言います。ですがそちらが間違っていたと分かった時にはどうするおつもりですか?」彼は得意げに尋ねた。

「フェルドン博士、この聴取は我が機関の意図についてのものではありません。これはあなたとあなたの同僚、そしてあなた達が数多の国で数多の人々に対して行ってきた明らかに非倫理的な処遇を巡るものです。よってこの議論は終わりです。いいですね?」

「勿論です。他に何か質問はありますか?」

「あなた達は世界を滅ぼさない物を収容しているのですか?」

「そうですね、雨靴を履いたリャマの、2人用の着ぐるみがあります。収容する前は精神分裂のレクリエーションに使われていたものなのですが、使用者はやりすぎで死にました」

「……なんですって?」

「気にしないでください。他には何か?」

「はい。あなたの知る限り、あなたが書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、意図的に人間へ危害を加えることを含むものはありますか?」

「……はい」

陪審員は皆これに眉を顰めた。

「それではあなたの書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、他の人間を危険に曝すものはありますか?」

「はい。ですが我々は—」

「それではあなたの書いた、または改訂した収容プロトコルの中に、人間に対して残酷な、或いは異常な扱いをするものはありますか?」

「……『残酷』と『異常』の定義を」

「博士、今の陳述は陪審員が貴方の道徳観念に問題があると見なすのに十分なものです。あなたの言動はあなた自身が証明したように、非倫理的です」

「確かにこの観点からすればそうかもしれませんが、数百数千、更に多くの人命が意見に曝される、そんな事が我々の収容する実体の中の1つによって起こり得ると考えた時、倫理的とは何を指す言葉なのでしょう?正誤とは何か?残酷とは?異常とは?あなた達には生涯をかけてそれを問い続ける準備ができているのですか?」

再び陪審員を長い沈黙が包んだ。

「倫理委員会として、あなたは財団を倫理的に保てていたか分からないと言うのですか?あなたは倫理委員会失格だ」

「そう思いますか?いつか分かる時が来ますよ。私が復帰してあなたから仕事を奪っていくのを心待ちにする日がね」

「博士、あなたの陳述に基づき、委員会は最新版の勧告書において、あなたを財団におけるあらゆる職から永久に追放する事を勧告します。加えて、我々の指定する施設で十分な心理鑑定を受けるように勧告します。問題が発覚した場合、その期間を問わず処置は必須であるものとします。連れていけ」

2人の屈強な男、フェルドンをこの部屋に連れて来た男達が倫理委員会前委員長を部屋から連れ出し、彼を精神病院へと連行するであろう車に乗せた。かつての財団職員が定期的に1人ずつ、新たに生じた、国際法に従う必要性に従って送られて行く。

陪審員の長に任命された男は、彼の側に並ぶ陪審員達を見渡した。

「次の被告をここに」

2週間後

速報: 財団「倫理」委員会前委員長

退院。職務に復帰する。

2014年5月10日

本日、財団「倫理」委員会前に院長のロバート・フェルドン博士が、2週間前の国連委員会による裁判の後に入院していた施設から退院し、以前の職務に復帰した。陪審員の大多数は、決定を撤回した事に対するコメントを拒否しており、フェルドン博士が以前の職務に復帰し、異常な物品、事象、生命体に対する倫理的収容のための国連新委員会委員長と陪審員を兼任するグレゴリー・レクシン氏が辞任する事を発表した。

取材に対し、レクシン氏は「この世界は、我々の知るこの世界は根底から覆った。倫理的とは何か?何が正しく、何が間違っているのか?そしてどうやって残酷や異常を定義するのか?」と話した。

委員長は更なるコメントを拒否した。2A 倫理

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。