誰もが一つの仮面を被る
評価: +2+x

その医者は彼の寝室の中で座り、快適なマットレスに体を横たえた。頭は悲しいまでにへたった枕に乗ったが、滅菌した白いリネンはまだ彼の下にきちんと挟み込まれていた。彼は彼の両手のひらに慰めを与えるようによく馴染む分厚い革綴じの日誌を抱き締めた。彼は彼の受け持った直近の「患者」に関する最新の項目を評価していたところだった。Sus domesticusブタ。病気はよく確立され、彼の構築した現行の数理モデルと一致する速度で進行していた。不幸なことに、その哀れな存在は彼に贈呈される前に「安楽死させられ」ていた。だがそれは、究極的にはわずかな失敗でしかなかった。

外の廊下ではサイレンの音が鳴り響いていた。それは全く珍しいことではなかった。数分前には照明がチカチカと明滅していた。それは……あまり珍しいことではなかった。医者の部署の遠方の壁が腐食し始めた。それは、間違いなく、普段の日常を壊した。壁の向こう側から、彼は叫び声を聞いた。荒々しくはなかったが、しかし蜂蜜を滴らせているかのような甘い声だった。「私は貴方を助けに来ました、私の愛よ。私は貴方を解放してみせます、そして私たちでこの惨めな場所を一緒に離れましょう」一人の男性の声、高いファルセット。

「これは私の部署だが、私はむしろ君と一緒に離れる事はしたいと思わない。君はここがどれほど贅沢な場所であるのかわかっているのかい?」

いくつかの素早い打撃が残っていた溶けかけの材料物質を打ち砕き、オレンジ色のジャンプスーツと白磁の仮面を身に着けた一人の人物の大部分を明らかにした。「君がやってきてここの壁を滅茶苦茶にした……」彼は固まり、その来訪者の片腕から床へと剥がれ落ちてゆく一つの悪臭を放つ肉の塊を冷静に注視した。「そして君は間違いなくその男を殺してしまっている」

「私の愛、私の甘い、甘い愛。こっちへ来て、私を抱き締めて。私は貴方の肌が恋しい」その体の震えている両脚が前方へ向かってよろよろと歩き始め、それの所有者が悲劇的なしかめ面へと閉じ込められた。「貴方の事を見つけるまでに随分と長い時間がかかりました。彼らは貴方を怪物たちの中に紛れさせて隠していましたから。私に触れてください、私の救世主、私の愛よ、そして人間たちのうちの一人に触れてください。それを治療してください。それを治療し、そして私にそれを着させてください、私の愛しきドクター」今や骨構造よりも多くのゼラチンで構成されているその死体の両脚の骨が、地面に激突した衝撃によって折り畳まれた。その仮面の宿主は溶解しつつある死体がやるユニークな方法で地面にドサリと崩れ落ちると、そこに両腕と首をだらりと弱々しく投げ出した。

医者は彼の日誌を閉じ、それを彼のバッグの中へ極めて慎重に落とした。「私たちは会った事があるか? 私は……私は君の事を憶えているような気がする」この黒い滲出液は、しかしながら、興味深いものであった。彼は彼のバッグから、一見ガラスに似ている素材で作られた一つのフラスコを取り出した。手を伸ばし、彼は恐る恐るその頭頂部を掴み、仮面の宿主の首を下向きに曲げ、その真下にフラスコを握って分泌液を捕まえた。彼はかつてこれほどまでに優雅な破壊性を持つものに遭遇したことがなかった。確かにこのような魅惑的な試薬は、彼の治療をさらに洗練させるために使われることができるものであった。

「私を憶えていないのですか、私の愛よ? 貴方は私に触れ、私を抱き締め、私の……体液たちを集めた事を憶えていないのですか? 私たちは以前にこれをやっています、私の愛よ。憶えていませんか? それこそが初めてでした。貴方の治療の初めての材料でした」医者はその場で固まった。それが分泌液のどれもがフラスコを逃れないことを保証するためなのかどうかも、あるいは見つからない過去を探し求める自身の心を放り投げていることによるものなのかどうかも、彼は答えることができなかった。黒い分泌液を包み込んだフラスコは腐食しなかった。彼はそれがそうしないであろうことを自身がどれくらい知っていたのかはっきりと把握することができなかった。

「もし君の言っている事が本当なら、その時、このフラスコを、私が作った、そうなのか? 私は君を研究したのか? その時確かに……」彼は持っていたその頭を落とし、吐き気を催すようなバリバリという音を立てさせて地面に打ち付けた。立ち上がり、彼は素早く大股で彼の机へと向かった。恐る恐る、彼はフラスコを机の上に置き、続けてその隣にある彼のバッグの中をまさぐった。そして再び、彼の日誌を手に取った。彼はそれをぐいと引っ張ってそれの最初の、最古のページを開き、彼の記録を探し、この……モノが言ったことが本当であるかどうかを確認しようとした。

「私の愛しき天才ドクター、勿論貴方がそれを作ったんです。貴方は優秀な人だ、知っているでしょう。貴方の治療は……」依然として驚くほど無傷なその死体の咽頭が、急に感謝の意を表してクスクスと笑い出した。「貴方の治療は貴方自身が知っているよりも効果的なのですよ、ドクター。たった一人の患者、それだけが私の必要とする全てです。私はここの囚人たちのほとんどに、逃げ出して私たちの看守たちを足止めするように頼んでおきました。だが彼らは弱い、だから恐らく私たちにはあまり時間がありません。貴方は行動しなくてはなりません、それも急いでです、私の愛よ」その声が変わり、それにとってより自然なバリトンへと落ちた。「貴方、外。今来る」

医者は彼の日誌を凝視し、それに釘付けになり、そしてそれに慄然としていた。彼は神経質になっているその女性が依然としてその壁を貪り食っている腐食性の滲出液に触れないように恐る恐る部屋へと入ってくるところを見ていなかった。彼女の鼻からは鼻水が垂れていた――それは彼女の心臓が波打っている時はいつも垂れていたものであった。彼女はこわごわと立ち、彼女の眼差しは彼女の変性した同房者の山と、彼女を救う方法を知っているその美しい仮面との間をキョロキョロと往復した。「横になってください、そこのベッドで。目を閉じて呼吸してください。ここにいる医師、彼はあなたの具合を悪くしている全てのものを治してしまうでしょう」女性は納得した。嘆願するファルセットが再び戻った。「彼女は準備が出来ています、私の愛よ。もし必要なら貴方が間近に見て確かめてみればいい、彼女は病気だ! 病気だ!」

彼はそれを聞いていたが、しかし彼は何の反応も示さなかった。彼の忙しくしている手はそのページをめくって開き、注意深い視線はそこにある文章をゴシゴシと磨いた。彼が彼の記録を遥か昔に遡ってこれを参照する理由を手に入れてからもう幾年にも思える長い時間が経っていた。そこには彼がちょうどさっき回収したフラスコまさにそのものの詳細なスケッチとダイアグラムがあった。これは彼の喉に込み上げている胆汁を鎮めるためのことを何もしなかった。彼はそのページに小うるさく書き殴られていた言葉を何一つとして読めなかった! それは恐らく彼の手で書かれたものであったが、彼はそれをまるで判読できなかった。彼は自分が読むことができる部分が見つかるまで必死に次々とページをめくっていった。

銃声、幽かでくぐもった、が短く一斉にこだました。「早く急いで! 貴方は自分に必要な全ての事を知っています、ドクター! この女は死の病に冒されている! 彼女の世話をするんだ!」声がわずかに煮え滾った。繊細な喉は壊れ始めており、そこにはほとんど時間が残されていなかった。絶望がその喉の所有者の口から、それの垂れ流している腐食性の液体と同じくらいの粘度をもってドロリと漏れ出た。

病理学および症状の徹底的な詳細、彼はこれらを絶え間なく、自分が思い出せる限り心の中を引っ掻き回して探した。言葉たちに再び焦点を当て、彼はさらに1分近くにわたって彼らに視線を走らせ、その後失意の中で日誌をバタンと閉じた。畜生。彼の踏んできた手順に関する記録群、そこには必要とされる目新しいものは何もなかった。長い一瞬が過ぎ、日誌は再び彼の指から彼のバッグの中へと落ちていった。究極的には、それは問題ではなかった。彼の仕事は待つことをしなかった。銃声が再び、今度はもう少し近くでこだました。彼は彼の呼吸を強めるとともに、彼のベッドに横たわっているその女性をじっと見た。蒼ざめた顔で震えている。彼は彼女を救うためすぐにそして間断なく仕事をする必要があると思われた。


機動部隊シータ-g ("手術スタッフ")が、[日付編集済]に司令部に向けて単一の暗号化されたメッセージを送信しました。サイト-19の送信回路が受けた損傷によるものとみられる欠損が随所にありますが、転写は以下の通りです。

……繰り返す、0-3-5が生きた、それも一見したところ[データ破損]の分泌液の影響を受けていない体に取り憑いている。部隊の大多数がそれの声を数分間にわたって聴いたことにより[データ破損]してしまった。我々は集中砲火を浴びている。クソ忌々しいそいつらみんなのせいで、我々はここに立て篭もらざるを得なくなってしまっている。[データ破損]……頭を起爆するしか道は残されていな……[残りのデータ破損]

Part 2>>

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。