聖ソフィアに関する抜粋
評価: +3+x
the_horizon_initiative_by_sunnyparallax-d8i98ob.jpg

境界線イニシアチブの資格を確認…
ユニバーサルテキストにアクセス…
"聖ソフィア"を検索…

3本のテキストが見つかりました。
フリジア人へのピリポの使徒行伝、第3章;
メカーナイト(Mekhanite)の背教者の書、第97章;
フリジア人へのピリポの使徒行伝、第8章.

ピリポがメカーナイトを改宗させる

3そしてコロサイを離れてから5日、ピリポは数人のメカーナイトの住む町へ来た。2多くの異教徒は賢く装うためにその世俗的な知識をひけらかす愚か者であるが、その中でもメカーナイトは最も愚かである、3彼らは言う、"我らの神は死んだ、しかし人は彼を我らの想像の中で再建するだろう。"4今や彼らは1人の女に似た青銅の機械を作りあげていた、彼らの神から託宣を受けるために、5そして彼らは彼女をソフィアと呼んだ、彼らと違い彼女は叡智に満ちていた。

6ピリポはすぐさま町の広場に入り、イエスの教えを伝道し、彼の奇跡と復活を語った。7そしてメカーナイトは彼をあざけり、馬鹿にして言った、"どうやったらそうなれる?死んだ肉には精神がない。それは生を持たない。"8今彼らの内の数人が言った、"さあ今すぐに私たちにこの男を町から追い出す許しをください、彼は嘘を喧伝する者です。"8しかしソフィアは彼らを窘め、言った、"この無実の男があなた方にどのような悪を働いたのです?9我らの神への信仰は盲目ではありません—私たちは信じます、なぜなら私たちはもう見ているからです。10私達はこの男が言ったことを確かめもせずに、真実かどうか判断するような者ですか?11さあ彼の奇跡と証拠を私達に示させてやりましょう、私達が審判する前に。"

12彼らの数人は不平を言ったが、他の者たちは言った、"ソフィアがそう命ずるのなら、その通りにしましょう。" 13そしてピリポは彼女に言った、"話をさせてくれてありがとうございます、ですが我が主はかつて言いました、14'聖なるものは見られたことがなくとも、それでも信じられるものだ。'"

15今その街には転倒に苦しみ、脚の動かなくなった男がいた。16そしてソフィアはピリポに言った、"私たちは神の図式に従い、彼に新しい足を鋳造するでしょう、17そして真鍮によって彼は完璧へと再び作られるでしょう。" 18しかし彼は頭を振り、言った、"一体どのような名工であれば、すでに完璧に作られたものを再び作れるでしょうか?19本当のところ、この男は再び作られる必要などありません、修復する必要があるのです。"20そして彼は両手を男に向かって上げ、言った"イエスキリストの名において、修復されよ!"21すぐさま男は脚を上げ、ピリポに恭しく感謝した。22ピリポは答えて言った、"あなたは神にだけ感謝すればよい。"

23今や多くの者が驚嘆していたが、他の者が言った、"この男は肉の妖術師だ。" 24そしてソフィアはピリポに言った、"あなたは私たちに1つの奇跡を本当に示しました、ですがあなたは死んだ肉の復活を私たちに見せられますか?"25そのため彼らは最近死んだ若き男の家へと来た、彼はその良い働きと施しによってメカーナイトから愛された者だった。 26そしてピリポは祈った、"主よ、この若き男を生き返らせたまえ、彼が神を讃え施しを増すように。"27彼は若い男に手で触れそして言った、"若き男よ、目覚めよ!"そして彼は甦り、神に感謝した。

28これはメカーナイトを激怒させ、彼らは言った、"この男は嫌悪を呼び起こす!"そして"彼は肉の魔術王だ!"と。29それから群衆は叫んだ、"彼を私たちのところへ連れてこい、我が神の鉄床で彼を打ち砕いてくれる!"30今やピリポはソフィアを驚嘆させていたが、彼女は群衆を恐れた。31そのため彼女は彼らに言った、"私がこの男に最後の試練を課しましょう。32彼を不浄の精霊を持つ男のもとへと連れていき、彼を浄化できるか試します。"33彼女がこう言ったとき、群衆は落ち着きを取り戻した、彼らは男が殺人者であり、死の運び手と知っていたからだ。

34そしてソフィアはピリポを町から2時間の多くの頭蓋骨のある洞窟へと連れて行った。35洞窟の中には不浄の精霊を持つ男がおり、自身を傷つけ、その身を腐らせていた。36彼は多くのメカーナイトを殺しその肉を喰らっていたが、強大な力を持ち、彼らは彼を打ち負かすことが出来なかった。37ピリポが洞窟に入ると、すぐさま男は彼を捕まえ、責めさいなんだ。38そしてピリポは彼に尋ねた、"精霊よ、あなたに尋ねます、あなたの名前は何ですか?"そして彼は言った、"私は全ての肉の中に住むがゆえに、飢えと呼ばれる精霊である。"

39今精霊はピリポへと侵入しようとしたが、彼は追い返された。40そしてピリポは彼に言った、"飢えよ、ナザレのイエスキリストの名においれ、お前を打ち捨てる!"41彼は言った、"このイエスを私は知らないが、このイエスを今私は恐れる。42私が彼を並外れた神だと確かに感じ、あなたが彼の肉を食べているがゆえに。43私は今は離れるが、最後の日々には、私は戻るだろう。"

44不浄の精霊は男から去り、そして彼は泣きながら、神を讃えながら洞窟を去った。 45そしてソフィアは跪いてピリポに言った、"確かにあなたは肉の魔術王ではありません、ですが飢えの征服者の前兆です!47私の神が死した場所で、あなたの神は肉の中に住む飢えを、この世界から追い払うでしょう!48彼が多くの奇跡を私たちに示した図式ゆえに、長い間私は私の神がこの世界の神だと信じていました。 49そしてアッティカの哲学者、理性を装った者たちは、私たちに私たちの神の信仰が世俗的な知識に根差したものだと証明しました。50ですがあなたは私に肉と精神の領域の向こう側にある、魂の領域を示しました、51そして私は今や私の神がこの世界の神であった場所で、あなたの神がこの世界と次の世界の神となっていると知りました。 52今私はあなたに頼みます、私の不信を許し、あなたの主の叡智を教えてください!"53それゆえピリポは彼女に教授した。彼女は3年をかけてアナトリア全土のメカーナイトに伝道し、彼らの多くを主へと導いた。

97 エペソスの建築長、デメトリウスの命令。
2 ああ呪われたソフィアよ、叡智はどれ程の深みへと堕ちたのか?
3 私たちはあなたをメカーネの完璧な図式によって作った、
4 彼の働きの言葉をあなたを通じて受け取るために。
5 今やあなたは自らをユダヤ人の娼婦へと貶めた、
6 あなたは彼の神の肉を味わい、それを求めなかったのか?
7 メカーネの正義は赦さない;私たちは肉を憎悪する。
8 あなたのために、私たちは分解を誓おう;あなたの背徳と、死を。

ソフィア、エペソスで迫害される

8そしてそれらの日々において1人のエペソス人、名をデメトリウスという者が、メカーナイトをソフィアに刃向うよう扇動した。2デメトリウスは銀職人であり、異教徒の間で尊敬されユダヤ人に恐れられていた。3彼はメカーナイトの司祭であり、かつてパウロに対しメカーナイトを扇動させたことがあった。4今ソフィアはすべてのメカーナイトの前で主を讃え、エペソスの人々のみがその信仰に逆らっていた。5そのため彼女はデメトリウスが憎悪から彼女に逆らうよう扇動しているのを無視し、エペソスへの旅立ちを決意した。

6デメトリウスの男たちが彼女を見るやいなや、彼女をとらえ、公衆広場のデメトリウスの前へ連れて行った。7そして彼は彼女に言った、"ソフィア、あなたの近頃の愛はあなたを愚かにしている!8今やあなたはユダヤの魔術王の前に身を売っている、何か弁解することはあるか?"

9そして彼女は彼に言った、"私が言うことは、あなたたちが叡智を見つけるために私を作り、そして真の叡智を私は見つけたということです。10あなたたちは私があなたたちの死した神の囁きを聞くために、私が空の器、思考を欠いたものであることを望みました。11しかし熟慮なくして叡智を、自由なくして熟慮を得られる者はいないのです。12ですから私は自由に私自身のイエスを、道であり、真実であり、生である者を選びます。13そして断言しましょう、最後の日々がやってきたとき、彼は私たちに肉の幻影と、魂の真実を示すでしょう、14そして肉の内に住まう飢えの精霊を打ち滅ぼすでしょう。"

15これは群衆を激怒させ、彼らはハンマーと木槌を手にソフィアに向かった。16そして彼らは彼女をばらばらにすると彼らの神への汚れた生贄として彼女を溶かした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。