実験記録1258
評価: 0+x

実験記録: SCP-1258の実験記録の要約版が以下に掲載されています。完全な記録はサイト-19の文書キャビネットで閲覧可能です。

手順: SCP-1258への曝露と潜在的な発生を最小限に抑えるため、幾つかの武道を実践した経験のある財団エージェントがSCP-1258に関連する全資料へのアクセスを与えられた。エージェントは複数の型を、パフォーマンスが申し分ない物になるまで練習した。エージェントは全ての既知の型および動きの実践を記録し、クラスB記憶処理薬による標的治療でSCP-1258の全知識が除去された1。これらの記録映像は、その後、様々な種の動物群に対して再生された。

動物種: Canis lupis familiaris、イエイヌ、品種様々、37匹(雄25匹、雌12匹)
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。一日の終わりに1匹の標本を殺処分し、解剖検査した。
結果: 全ての標本が即座に視聴を開始した。最初の曝露時、29匹が動きのコピーを試みた。2回目の曝露では全標本がSCP-1258の動きをコピー。初日以降、食欲に増大が見られた。タンパク質その他のサプリメントが追加で提供される。続く数日間で、提供量の更なる増加が必要とされた。7日目に全体的な筋肉組織の変化、12日目に骨構造の変化が観察される。14日目には頭蓋直径の拡大と声帯の変化が見られた。14日目に修正版のIQテストを提示したところ、平均点は77だった。
注記: 実験は中断を余儀なくされた。15日目に、1匹の標本が予想外の興奮と攻撃性を見せた。問題の標本を除去するために調教師が収容エリアに入ると、全標本が同時に攻撃を開始。緊急時のロックダウン手順が直ちに制定され、全標本は神経ガスで殺処分された。解剖は観察された結果と一致した。

動物種: Rattus norvegicus、実験用ラット、42匹(雄26匹、雌16匹)。この規模のコロニーに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。一日の終わりに1匹の標本を殺処分し、解剖検査した。
結果: 全ての標本が即座に視聴を開始した。最初の曝露時、20匹が動きのコピーを試みた。2回目の曝露では追加13匹がSCP-1258の動きをコピー。3回目の曝露で全標本がSCP-1258の動きをコピーした。10日目に全体的な筋肉組織の変化、13日目に骨構造の変化が観察される。13日目、標本群は無作為に2つのグループに分けられた ― 統制群にはそれ以上映像に曝さず、実験群は標準的な曝露を継続する。統制群は曝露の欠如にも拘らず、SCP-1258の動きを実行し続けた。両グループの肉体的発達は継続するが、統制群のそれは比較的遅いものだった(より正確なデータは詳細版の実験ログを参照)。22日目に修正版のIQテストを両グループに提示したところ、平均点は統制群が63点、実験群が74点であった。実験群は概ね口語英語で意思疎通を行い、収容脱走計画を練っているのが聞かれた。
注記: 逃走の危険性があることから、実験は中断された。

動物種: Myotis californicus、ホオヒゲコウモリの一種、7匹(雌6匹、雄1匹)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。週の終わりに1匹の標本を殺処分し、解剖検査した。
結果: 全ての標本が即座に視聴を開始した。最初の曝露で全標本が動きのコピーを試みたが、動きは翼膜によって大幅に阻害されていた。1週目、筋系・骨格系・頭蓋の大きさに顕著な変化が生じる。8日目、生き残りの標本のうち4匹が、翼膜の退化によって飛行不可能になる。9日目には残る2匹も同様に飛行能力を喪失。10日目、2匹の標本が二足歩行運動を見せた。11日目、全標本が二足歩行で移動するようになる。12日目、標本群は日照時間中の活動を開始。2週目の解剖では、目の構造と声帯に変化が観察される。15日目、標本群は完全な昼行性となる。16日目に標本群は、超音波領域のみではあるものの、英語で会話を始めた。
注記: 実験は中断された。19日目、収容エリア内の超音波マイクロフォンが予期せず故障。武装対応チームがマイク修復のために派遣された。チームはSCP-1258-1個体群に攻撃され、それらを火炎放射器と適度な小火器の発砲で追い払った。しかしその後、チームのうち3名が明白な要因無しに死亡し、残りのメンバーは混乱状態に陥った。収容エリアに神経ガスが流し込まれ、全標本は処分された。チームメンバーの解剖検査により、鼓膜の大々的な損傷と脳内出血が見つかった。SCP-1258-1個体は超音波攻撃によって卒中を引き起こしたと考えられる。

動物種: Passer domesticus、イエスズメ、9羽(雌4羽、雄5羽)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。
結果: 変化は認められなかった。標本群は映像には特に関心を示さず。15日間の継続的な曝露の後、実験は終了した。

動物種: Vombatus ursinus、ヒメウォンバット、9匹(雌4匹、雄5匹)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。
結果: 変化は認められなかった。標本群は映像には特に関心を示さず。15日間の継続的な曝露の後、実験は終了した。

動物種: Trioceros jacksonii、ジャクソンカメレオン、3匹(雌2匹、雄1匹)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。
結果: 変化は認められなかった。標本群は映像には特に関心を示さず。15日間の継続的な曝露の後、実験は終了した。

動物種: Salmo salar、タイセイヨウサケ、5匹(雌5匹)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。
結果: 変化は認められなかった。標本群は映像には特に関心を示さず。15日間の継続的な曝露の後、実験は終了した。

動物種: Bombus occidentalis、セイヨウマルハナバチ、コロニー1つ(正確な総数は不明)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。
結果: 変化は認められなかった。標本群は映像には特に関心を示さず。30日間の継続的な曝露の後、実験は終了した。

動物種: Giraffa camelopardalis tippelskirchi、マサイキリン、2頭(雄2頭)。この規模のグループに与えられる栄養補助食品は、最初は3倍量で開始した。
曝露期間: 1時間ごとに10分、1日8時間。
結果: [編集済]
注記: サイト管理官からの特別許可を得ずに大型哺乳動物に実験を行うのは明示的に禁止された。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。