実験ログ444-7
評価: +1+x

実験444-7ログ

主任研究員: 言語学専門 J・メロウズ、社会学専門 ████博士、軍隊補佐 ██████

実験変数: 心理学的な逸脱はSCP-444の感染による長期的な語彙の制限に起因して起こると考えられます。暴力的な経歴を持つDクラス職員50人をSCP-444に晒した後、制限されているが十分なリソースのある閉鎖環境に配置します。彼らにはいかなる時点でも解放されることはなく、この環境は財団による邪魔が入らないと説明されています。コントロールとして同じ環境にDクラス職員50人を配置します。両グループとも月例の解雇処分は延期します。

実験日: 19██-██-██

コントロール集団: 集団が環境に送られる。2週目終了時点で被験者は42人。

テスト集団: 集団が環境に送られる。2週目終了時点で被験者は47人。

実験日: 19██-██-██

コントロール集団: 広範に暴力とギャング文化が形成される。1ヶ月目終了時点で被験者は26人、数人の被験者は栄養失調に苦しんでいる。

テスト集団: 4人の指導的人物によって動かされる安定した集団を形成。1ヶ月目終了時点で被験者は42人。

実験日: 19██-██-██

コントロール集団: 暴力は著しくエスカレート。6ヶ月目終了時点で被験者は7人。集団の存続が不可能であるため解雇。

テスト集団: 集団の権力者が解散、理想的な無政府主義的共同体として機能している。6ヶ月目終了時点で被験者は42人、数人は妊娠している。

実験日: 19██-██-██

コントロール集団: 途絶。

テスト集団: 実験開始から1年後、被験者は52人。曝露されていないDクラス職員を1人追加する。集団は速やかにこの職員をリーダーとし、服従することに抵抗を見せなかった。集団は解雇、子供たちは保護施設に移行。

実験日: 19██-██-██

小児集団: 進行を確認、集団を解雇。

メモ: 治療の可能性を調査中。拡散を抑制できるのであればSCP-444感染者の振る舞いはDクラス職員の役に立つ。SCP-444の潜在的な侵略兵器としての価値が確認されている。

SCP-444に戻る

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。