実験ログ784-BETA
評価: 0+x

実験ログ – SCP-784-BETA

目的:

  1. SCP-784が正しく機能するために接続していなければならない適切な神経終末を発見すること。
  2. より広範囲な実験を考慮して、SCP-784のストックを補充すること。
  3. SCP-784をリバース・エンジニアリングするか、SCP-784用の実用的な応用法を見つけること。

SCP間における汚染警告:
これらの実験で途方もないスキルとテクニック必要性を容易にするために、SCP-542の手術能力を利用します。しかし、彼は徹底的に監視されるべきであり、どんな状況であってもSCP-784の僅かなサンプルも彼自身が得ることはあってはいけません。

再度の警告: どんな状況であってもSCP-784の僅かなサンプルも彼自身が得ることはあってはいけません。そのためのどのような試みであっても最大限の力で応じて、すぐにSCP-542は実験スタッフと実験エリアから、永久に隔離されます。

実験前注釈:
我々が最初の目的を達成するならば、テスト対象のオリンピアゼロには、SCP-784はオリンピアプロジェクトで利用されます。成功したら、これは効果的に第2目標を完成させ、第3目標の研究と実験を進められるでしょう。

実験手順:
実験は、以下の通りに進行します:

  • 患者は頭骸骨の解放外科手術が完了し、脳の上半球の全部の除去ができる状態にしておきます。
  • SCP-542を使い、SCP-784の痕跡は、認識コントロールを行うために、脳で神経終末に取り付けられ、SCP784のオリジナルの肉体化ならびに次いで起こる脱離の試み1から情報が得られる。
  • 前ステップが成功であるとわかるならば、被験者はSCP-784のコントロールを明らかにするために一連の基本的なテストを行います。
  • 前ステップが不成功であるとわかるならば、被験者は終了されるか、再び移植プロセスを行います。それ以外の状態であった場合、実験を終了し被験者を所定の時間、隔離し観察を行います。

実験ログ:

被験者 001: 白人男性, 年齢36, 5'9, 180ポンド. 比較的優良な健康体.
実験ステータス: 失敗
被験者ステータス: 死亡
注釈: より注意が必要。 SCP-784は、移植の前に脳でツールの一部と被験者の灰白質(大脳皮質)を焼き尽くすほどの脳電気活動電位で反応した。

被験者 004: 白人女性, 年齢45, 5'3, 100ポンド. 健康.
実験ステータス: 失敗
被験者ステータス: 死亡
注釈: しっかりと警戒を維持する事。きちんと被験者の拘束するのを怠ると、実験におけるエラー、材料資源と生産性の損失につながる。

被験者 007: 白人男性, 年齢35, 6'0, 175ポンド. 健康.
実験ステータス: 一部成功
被験者ステータス: 死亡
注釈: 被験者は、ある点まで移植プロセスを受け入れた。 だが、被験者が彼の正確な望みに応じないSCP-784について絶えず不満を言ったので、特定の神経終末とのつながりの若干の不都合があるようだ。特に、被験者がSCP-784で複雑なパターンの統合2をしようとしたとき、その代わりに爆発した。その後、SCP-784が利用できるすべての物質を消費し始めため、ささいな保安違反を引き起こした。

被験者 016: 黒人男性, 年齢26, 6'1, 190ポンド. 比較的優良な健康体.
実験ステータス: 成功
被験者ステータス: 死亡
注釈: 今度から、テスト被験者を選ぶ時には、彼らの査定には精神に関する評価が必要だろう。

被験者 018: 白人女性, 年齢37, 5'6, 145ポンド. 健康体.
実験ステータス: 成功
被験者ステータス: 死亡
注釈: 再度: 今後、テスト被験者を選択する際は、精神査定が必要

被験者 024: 白人男性, 年齢56, 5'5, 160ポンド. やや健康体.
実験ステータス: 成功
被験者ステータス: 死亡
注釈: 正しい神経の配列と移植が認められた。 しかし、被験者は彼の体内でのSCP-784の更なる圧力に対処することができず、後に頭蓋内圧力で死んだ。再び起こるのを防ぐために、プロセス改良が必要。

被験者 031: 白人男性, 年齢43, 5'8, 180ポンド. 健康体.
実験ステータス: 成功
被験者ステータス: 生存
注釈: プロセスは適宜に洗練された。

被験者 035: オリンピアゼロ
実験ステータス: 成功
被験者ステータス: ALIVE
注釈: SCP-784による融合は、前の被験者より非常に大きく生じるのが観察された。これは、このオリンピアゼロの灰白質の変わった組成が最適であるためである。オリンピアゼロは更なるテスト行う。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。