探査記録DIM-3-D
評価: 0+x

前書

財団/GOC合同任務部隊2861-オメガ(“ラグナ-ブロック”)の解散に続き、 SCP-3███を保持していた次元(以下DIM-3███と指定)は次元サイト-712を通して財団職員にのみアクセス可能な状態となりました。当初のSPIDER1空間溝は、SCP-3███の無力化の後にエータ-5のサンダース部隊長によって、沈みゆくGOC浮遊戦艦'レガシー'から開かれました。

機動部隊エータ-5(“イェーガーボマー”)の生存者から得られた証言は、DIM-3███のどこかに位置する実体がXK-クラスシナリオの開始を試みたことを示唆していました2。エータ-5アルファのサンダース部隊長によって探査が提案され、これはジェラニ・I████████3によって承認されました。

次元サイト-172の空間溝を通して4機のクラスR無人偵察機(C-RAD-1から-4)が展開されました。DIM-3███への突入後、各機はそれぞれ異なる方位へと操縦されました。映像には分厚い霧に覆われた、無限に広がるように見える海が映っていました。突入から12時間後、C-RAD-3は霧に隠された巨大な陸地(海岸を見下ろす山岳タイガ)に遭遇しました。C-RAD-3は着陸し、内蔵SPIDERを起動しました。

C-RAD-1、-2、4は飛行を続け、電源が切れるまで数時間にわたって外洋を撮影し続けました。この時点でレガシー内のSPIDERユニットは水没し機能を停止しました。


探査記録1日目:

日付: 2███年4月15日

注: 探査チームは次の人員で構成されていました:

  • Dクラス職員3名4
  • レベル2研究員2名5
  • 機動部隊イータ-5のメンバー5名6

財団の有する外次元空間に未知の実体が逸出することを防ぐため、DIM-3███への突入後に空間溝はサイト-712の側から閉鎖されました。通信を行うため、この空間溝は48時間ごとに開放されることになっていました。

チームは進入地点の周囲3平方キロメートルを探索し、砂に半分埋まった巨石に遭遇しました。この石板には未知の素材でできた綱が結びつけられており、SCP-3███を拘束していた鎖と同一のものであると仮定されました。

ロマノフ博士は鎖の断端を覆う濃青色の発光物質の回収を試みましたが、物質は異常な腐食性を有しており接触したあらゆる装備を破壊しました。

岩の調査中に瞬時に夜が訪れ、部隊は急いで退却することとなりました。次元サイトへの帰還中、D-857とD-128は木々の間から歌声が漏れ聞こえると主張しました。エージェント・ウー・チェンは彼らの主張に同意しました。この夜遅く、エージェント・ウー・チェンは見張りを放棄し前述のDクラスと共に失踪しました。


探査記録2日目

日付: 2███年4月16日

注: ルーン文字に覆われた環状列石が進入地点から5キロメートル北で発見されました。マテウス博士は文字を調べるために石に接近しました。この時、彼女は近くに伏せて待機していたD-128に狙撃されました。この時点でD-128はどういうわけかエージェント・ウー・チェンの拳銃を入手していました。エージェント・マテウスは環の中に倒れ込み消失しました。D-128は残る隊員に終了されました。

数分後、エージェント・マテウスは環状列石の外に再出現し、直前に同様の発光物質の痕跡を発見したことを主張しました。この時点でサンダース部隊長は次元サイト-712に戻り進捗報告を提出しました。エージェント・マテウスはかすり傷を負ったのみであり、サイト-712に戻り診察を受けることを辞退しました。


探査記録3-6日目

日付: 2███年4月17日

注: 4月18日と4月20日の空間溝開放時にサンダースは帰還しませんでした。

2███年4月21日現在、捜索救助任務が進行中です この任務は中止されて職員は撤収し、さらなる探査は無期限に中止されています。詳細は文書 DIM-3███-A: 回収された情報 を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。