ファクトリー ハブ
rating: +4+x
製造済情報
概要: 回収された、“ザ・ファクトリー”を概括する情報の集合。
それぞれ独自の情報筋からの物であり、互いに矛盾している
— 少なくとも部分的には。
意図的な偽情報活動の可能性ありか?
“ザ・ファクトリー”自らによる情報流布だろう。もし他の何者かが
行った事ならば、他の情報筋にも採用されているはずだ。
脅威: 中度。他の者にも採用される可能性あり。
注目点: この効果は、他者が余りに私の情報を知り過ぎた時の
時間稼ぎのために流用することができるかもしれない。
更なる情報を得るためには前哨拠点への侵入が必要だが、
それは今まで私が行ってきた大半の物事と比べても
遥かに危険を伴うだろう。可能ならば発注を検討?
攻撃性を下げることはできるが、奇襲要素は失われる。
問題: 他のテーマについて集めた情報は不正確かもしれず、
私にはこの異常の原点が何であるか分かっていない。

GOC-Logo-v4.png

ザ・ファクトリー

ザ・ファクトリーは解明されていない点の多い起源不明の実体または実体群であり、主としてアメリカ合衆国中西部と、劣悪な労働法を有する数ヶ国に存在している。現在行方不明となっているUTE-0561-Venice Greenによって1835年に設立されたとの報告あり。経営陣は表向き知性を有する実体群で構成されているが、これらの実体は未だ十分に捕捉・撮影されたことが無い。

構造: 現時点では、内部組織に関する確かな情報は無い。ザ・ファクトリーは、類似する非異常企業と大まかに類似する体制を取っていると考えられる。

資源: ザ・ファクトリーは様々な異常物の大量生産販売を通した自己資金経営のように思われる。

議事規則: 可能な限り即座に交戦するべきである。ザ・ファクトリーの工作員はKTEs(既知の脅威存在)として、基本レスポンスレベル3とし、積極的に攻撃するならばレベル4に設定する。


泥棒男爵団についてOf the Robber Barons

新たな世界に男爵たちが忍び寄る、
静かに啜り泣く彼女の労働者たちから、
手足と血潮から燃料が吸い上げられる、
この世界を見る彼女の視界を染めるのは泥と、
過ちを重ねて築かれた壁と、
罪と汚れから作られた煉瓦。

“泥棒男爵団”ロバー・バロンズは世界間移動が極めて困難な普遍的概念だと考えられています1。泥棒男爵団の出現が初めて記録されたのは世界Γ-7382のEV暦5720年であり、食料品を販売していない小さなレストランとしての顕現でした2。泥棒男爵団はΓ-7382から緩やかに他の世界へと感染しましたが、この拡張には、500~2000年かかるという一点を除いては如何なるパターンも見られません。

顕現した全ての既知の例で、泥棒男爵団は、近年成功した企業や組織を歪曲・腐敗させた融合体として現れます3。男爵団は、同様に財界実力者や企業経営者の腐敗した融合体である“職工長”によって経営される傾向があります。この形態で顕現する度に、男爵団は、必要とするものは全て会社が提供するという約束の下に地元住民から労働者を雇用します。

男爵団に屈した後、労働者は放置され、錆び付いた異形の機械装置によって、上司の介入も無いままに引き裂かれていきます。現在の形態では、男爵団は原材料の外部供給に依存しており、それらはコンベアベルト上で人間と機械の両方によって組み立てられます。


"回収された対象者たちは肉体的的な異常性を示さないが、非異常の起源 — 主に煙の吸入や、ファクトリーの様々な機械を介して負わされた外傷 — によって肉体的・精神的健康を著しく損なっていた。対象者たちはサイト-32病棟に留め置かれている。" — SCP財団、ヘザー・ミッチェルの医療記録簿

1: 世界Γ-7382からΣ-0214までに関する文書からの推測。
2: ザ・ファクトリーの記録上の起源に関する更なる情報は“シェリラおばさんの食堂史”を参照してください。
3: “十次元空間におけるビジネス・ベンチャー; 産業革命ドキュメンタリー”より。


事業提携 29A83/C56ZT/943ML
提携形態: 納入元 (商品)
既知の所在地 言語 コメント
イギリス、リヴァプール イギリス英語 所在地の都合上、MC&Dの主たる提携者。投機的事業の可能性を温存するため、あらゆる対応において注意を要する。
日本、東京都 日本語 現在の経営陣は、大量生産する異常アイテムの構想・設計を専門とする棟を設けている。このエリアに潜入する試みは現在まで成功していない。
USA、マサチューセッツ州 アメリカ英語 1915年11月13日の事件の後、大部分が運営停止状態だった。最近になって、少なくとも他5ヶ所と共に操業を再開。
USA、オハイオ州 アメリカ英語 オハイオ州の施設はアイテムの梱包・出荷を偏重している。
PRC、竜岩市 中国簡体字 24C5R/ED648/763NV “輝きの鮭”の現在の主たる納入元。
製造 アイテムは、専ら労働者の切断された四肢を燃料とする錬金術分子プリンタを介して製作される。
従業員 労働者は、失った肉体部位を補填する義肢を自主的に追加することが知られている。
事業計画 改良版の24C5R/ED648/763NV “輝きの鮭”を、雇用中の傷害による痛みを軽減する目的で、ザ・ファクトリー従業員に販売する予定あり。
マーシャル・カーター&ダーク有限責任事業組合
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。