組織関連書類「株式会社ロゴス」(Logos Inc.)

組織コード名: プロジェクト"ロゴス"

組織代替名: 株式会社ロゴス (Logos Inc.)
注: プロジェクトスポンサー 潜在的に危険な、軍事企業型組織(異常な物品の生産が確認されました)。


対外的状況:

  • 「カオス・インサージェンシー」と敵対状態
  • 「壊れた神の教会」と敵対状態
  • 以前に、イデオロギー的紛争による中立性の下、「世界オカルト連合」との提携あり。
  • 「イスラム・アーティファクト開発事業部」とは関係確立ならず。
  • 株式会社ロゴスが、「蛇の手」および「マーシャル・カーター&ダーク社」と交渉したとの間接的証拠。
  • [データ削除済]
  • この組織は、CISと欧州における国家構造の支援を生業とすることが知られています。
  • 財団の職員は、当社またはその子会社の人員を見つけた場合、注意深く警戒する必要があります。交渉と接触を確立しようとする試みは推奨されます。武器の使用は、対策として、最後の手段としてのみ許可されています。

組織の一般的説明: このプロジェクト(カバーネームは"ロゴス株式会社"で、連邦のすべての公式書類にはそう記されています。)は、財団と世界オカルト連合との間の外交的対話の結果生まれました。このプロジェクトの目的は、人類および、または人間の意識や生活様式を変えることができる異常な心理的、および社会的行動に専念する組織を創設することでした。設立から数年後、会社は適切な注意を払わずに残され、二次プロジェクトとみなされました。設立からしばらくたって(少なくとも█年目に)組織の利益が大きく変わり、これは、無駄な活動であることが明らかになったからです。彼らのイデオロギーの基礎となるのは、医学(主に心理学)、IT、これらの技術の実戦に関する科学的進歩です。目標は、市民社会の権力の奪取です。組織の主な収入源は、コンピューターを生産する大規模な法人、[データ削除済み] LLC.からの収入です。


歴史と年表:
[██.██.19██] - GOCによる創設の最初の提案。財団によって真剣に受け止められず、無視された。
[██.██.19██] - GOCの活動家と、SCP財団の諜報機関との最初の衝突
[██.██.19██] - 財団とGOCは外交的対話を行い、さまざまな協力の視点が考慮される。
[██.██.1992] - SCP財団とGOCの間で、二団体間協定に関する合意が締結される。2つの組織の最初の協力の省庁であるプロジェクト「ロゴス」は大規模な特殊部隊としてスタートした。
[██.██.1994] - O5理事会とGOCのリーダーのもとで、組織の負荷が大きく、大規模な行動の発生頻度が大幅に増加したため、プロジェクト「ロゴス」を人間社会の基盤に対する認識と脅威を扱う自治部門とすることを決定した。
[██.██.1996] - GOCはSCP財団との同盟を、イデオロギーの違いと影響力の違いから解消した。プロジェクト「ロゴス」は凍結を宣言され、その監視とサポートが中断される。
[██.██.199█] - 財団の経営陣は、「株式会社 ロゴス」として知られている組織が、ロシア連邦の領土で活発に活動していると通知される。プロジェクト「ロゴス」の支援を更新する問題の検討が始まる。組織を完全に掌握するため、オペレーターはエージェントを社員に紹介し始める。
[██.██.199█] - エージェントによるネットワーク作成が部分的に成功。何人かのエージェントが従業員の階級に導入され、その情報の一部が開示される。財団と会社の関係性が高まっている。また、GOCも組織を吸収しようともくろんでいると想定される。
[██.██.199█] - プロジェクト「ロゴス」に関連するすべての主要な複合施設とのコミュニケーションが断たれる。法人は、潜在的に危険な組織へと分類される。
[██.██.199█] - O5理事会は、プロジェクト「ロゴス」のすべての開発がレベル█の機密情報であり、敵対組織によるその刊行および受領が災害になる可能性が高いと判断した。軍事介入が開始され、プロジェクト「ロゴス」にかかわった職員からなる特殊部隊Sigma-2 「影の監視者」が本社の運用本部に送り込まれた。連合に対する攻撃的な軍事作戦と認識するとのGOCからの最終通告がなされたため、この作戦は中止された。GOCが「株式会社 ロゴス」を完全に掌握したことが示唆されている。
[██.██.200█] - 組織に紹介された財団のエージェントに即座に連絡をとった結果、会社がGOCから独立していることが明らかになる。GOCが同様の通告をSCP財団から受けたとの報告により、両者に偽装メッセージが送られたことが明らかとなった。残念ながらこの時点では軍事介入はもはや不可能だった。多数の支社への公然の攻撃は、機密を破ることにつながると考えられたためである。
[200█-201█] - この期間の間に、いくつかのオブジェクトが発見され、確保され、収容され、または会社によって作成されました。さらに、社内へ送り込んだエージェントのほとんどが、会社に把握されているか、連絡を途絶しました。現在、A.Miller博士が、組織内の主導的地位をうまく占めることができ、異常オブジェクトの数度の作成に貢献した技術者として、アクティブに活動していることがわかっています。
[██.██.201█] - 会社の本部がSkolkovoイノベーションコンプレックスの中心的な建物のひとつに移されたことが正確にわかっています。これは、組織が国家の軍隊からの積極的な支援を受けていることを示唆しています。ロシア支部の外務部は、ロゴス社に対する政治的圧力を利用しようとしています。


組織の一部であるサイトと複合施設:

  • ロシア連邦の特別な軍事研究施設、Snezhinsk(実際には科学都市全体がサイトです)。ここでは、研究のための特に危険な新しいものについて実験が行われ、組織のニーズを満たすために、無生物の異常なオブジェクトを使用する可能性があります。ロゴス株式会社は、独自の目的で潜在的なSCPオブジェクトを使用する意思があるため、複合施設は、財団の設備よりも優れた装備品を備えています。財団が奪取した遺物は、すべて過去に保管されていたことが確認されました。複合施設の職員のほとんどは、治安部隊と軍隊です。異常存在の維持と研究を目的とした建物は、さまざまな観点から大幅に補強され、遮蔽されています。
  • 情報技術の研究のための部門の本部は、リネン産業のコスロマ研究機関としてカバーストーリーが流布されています。建物の大部分は、4つの地下階によって構成されています(作業敷地が地下に位置するのは、会社の典型的なものです)。この部門には、多数のコンピューターセンターが存在しています。コンピューターセンターは従業員、異常存在、組織の機器、および他の複合組織からの処理要求に関するすべての情報を格納するために使用されています。 ██/██/199█現在、サイトに████台のサーバーが数えられています。
  • 主要な医療班は、Pushinoの科学都市に位置し、そのほとんどが集められています。この複合組織は、医薬品に使用する有機起源の異常存在の研究と試験に利用されます。サイトには、生命維持システムを備えた部屋、被験者を観察するための病棟、および特に貴重な物品を保存するための冷凍庫が含まれています。██/██/199█現在、このサイトには、██████室が含まれています。
  • [データ削除済み]
  • [データ削除済み]
  • 本社の管理本部は現在、Skolkovoイノベーションセンターの最大のビルに拠点を置いています。建物の高層階は、表向きの会社のオフィスです。最初の地下階は、ロゴス株式会社の代表者のレセプションルームであり、主な活動の意味を理解していない職員が働くオフィス区画です。これらの部屋には誰でもアクセスができます。以下は、当社のさまざまな部署の場所です。建築物の地下部分は少なくとも9フロアあり、侵入した職員は、-1(スタッフラウンジ)および、-7(分析部門)のフロアへのアクセス権を得ました。
  • Skolkovoの科学都市のエリアでは、「ロゴス株式会社」の後援の元で保護された住宅団地の建設が進行中です。明らかに、重要な本部スタッフ全員がここに居を構えるのでしょう。

関連書類:

  1. SCP-1192-RU - 縮退
  2. SCP-1193-RU - 精神的抑制装置
  3. SCP-1194-RU - 感情リピーター
  4. SCP-1196-RU - 精神保健医
  5. 実験記録1196-RU-E

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。