フバンの提言
評価: +9+x

アイテム番号: SCP-CN-001

オブジェクトクラス: Jerusalem

特別収容プロトコル: SCP-CN-001は毎日午前9時から午後6時まで見学のため開放されます。

説明: SCP-CN-001は絶対位置が東経116度、北緯40度1の、童謡砂漠のほぼ中央の位置にある、現サイト-CN-01の元の場所です。SCP-CN-001は財団中国支部の最初の拠点として、Administrator-CNにより125年2月27日に設立されました。最初は一枚の壁と一組の机と椅子だけだったSCP-CN-001は57年間絶えず拡張と収容物の追加を行い、全盛期にはサイトは213.7ヘクタールの土地を持ち、同時に186の収容物を有していました。その後財団中国支部の拡大及び他のサイトの建設につれて、サイト-CN-01は通信と交通の向上のために移設が実行され、そして本来のサイト-CN-01は退役後にSCP-CN-001として分類され、財団中国支部の出発点の記念として、現在はすでに人々が見学するための博物館として改築されています。

SCP-CN-001は現在5つの主要な展示エリア: メインエリア、植物園エリア、獣類園エリア、工芸品エリア及び人型エリアを有します。各展示エリアにはガイドが配置され、展示エリアのテーマの解説と観光客を案内する責任を負います。観光客は各展示エリアの入り口でスタッフに白衣を受け取ることができ、出館時に返却します。またエリア内には土産屋があり、財団のテーマに関連した様々な土産品を販売しています。SCP-CN-001自体は人間形態を主とした施設であるため、その他のタイプの訪問者には注意を払うか、来訪時に人間型に変えるべきです。カバラ共震器方陣の展開を通じて、SCP-CN-001及びそれに通じる何本かの主要幹線道路は各種生物に対する童謡砂漠の不利条件を相殺するために複数の翟烏力フィールドで覆われています。特筆すべきこととして、カバラ共震器自体もAdministrator-CNにより開発と制作がなされたものです。

補遺: 193年6月20日以来、Administrator-CNの行方は不明のままです。

周辺地理: SCP-CN-001は童謡砂漠の中央に位置し、周囲の砂は主に海螺砂と褐痕砂で構成されています。海螺砂の淡蒼球反応のため、同地のPhL値は一年を通じて1,000以上です、これにより一般の電気的または化学的な光学素子は損耗しやすく、また、光学機器による記録も歪みが生じる比率が極めて高いです。その一方で、褐痕砂の骨蝕場も大部分の有機生物にとって長期の居住は困難です。この全てはカバラ共震器の出現以降になってある程度改善しました。

カバラ共震器が現れる前は、機械族が支配する機械と歯車の城、肉編骨族の神殿、非魚族の天の水柱及び各小部族の居住地が童謡砂漠の周辺地帯にまばらに点在していました。当時のAdministrator-CNは長い間各居住地を奔走し、SCP-CNオブジェクトの制作に利用できる材料を購入あるいは交換しました。カバラ共震器の大量投入と実用の後、周辺部族の活動空間と交流は日毎に頻繁になり、そして元々死の地と呼ばれていた童謡砂漠は繁栄し始めました。

現在はSCP-CN-001を中心として、童謡砂漠は次第に一つの巨大な経済体系に統合されつつあります、しかし砂漠内の貨幣政策に対して、各部族の意見は一致していません。









特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。