Game Day Part 3: 同期生
評価: +2+x

マーフィーは暗い廊下を躓きながらも、床に散らばった瓦礫を避けながら通っていた。彼の背後からは、未だ不明瞭な声が聞こえていたが、彼は同僚の多くを探さなければならなかった。ホールの終わりに達すると、彼は階段を下り始め、時々後ろを振り返っては自身が追跡されてはいないか確認をした。

クソッタレ。奴らはここにいないはずだっただろ。サイト-77は安全なものの1つだったし、あの反乱勢力はアメリカでより活発な活動をしているはずだったんだ。ちくしょう。だが今はそんなことは考えるな、3階に行くことだけを考えるんだ。皆そこで避難するための時間を稼いでいるはずだ。お前もそれに合流するんだろうマーフィー、さぁ落ち着くんだ…

彼が2階の踊り場に達すると、不思議なことが起こった。PAシステムがバチバチと音を立て、声を上げ始めたのだ。それが奇妙な理由は二つあった。一つはすでに電力は完全に断たれ、非常用電源への切り替えも望み薄だったこと。二つ目は、マーフィーにとってPAから聞こえたその声は、サイトでは聴いたことの無いものだったからだ。

こんにちは、財団職員の皆さん。どうか警戒をしないで下さい。間もなく皆さんの安全は確保されます、その間どうか音楽をお楽しみ下さい。

レットツェペリンの素敵な演奏が始まった。

彼は荒廃した階段の吹き抜けのそばに立ちながら、混乱していた。声を見上げ、歌い始めるのを聴きなさい。どうかよろしく、新しい役割はあなたに心地よいものとなることでしょう。ねぇ私たちのことを覚えていますか?

マーフィーは耳を塞いだ。ここには何かがいる、そしてそいつはスキップだ。彼はこれまで幸運にも危険な出来事に巻き込まれたことはなかった、だがその運もここで尽きてしまったようだ。恐らくそれはどこかから彼の後ろにいて、或いは彼を追いかけてきていたのだ。クソ、くそ、このまま、ただ走り続けるんだ……

マーフィーがバンドメンバーに出会ったのはその瞬間だった、角を曲がった所で激しくぶつかったのだ。床に倒れると、彼は素早く反対側の壁に移動し、それをじっと見つめた。そのバンドメンバーは女性のようだった。青とオレンジのタッセルが飾られた白いユニフォームを身に着けている。ドラムを肩に担ぎ、彼女はそれを打ち始めた。

バン バン バン バンバンバン

マーフィーは飛び起き、そのまま2階の廊下を逃げ出すように駆け抜けた。彼は通過したどの廊下でも、他のバンドメンバーを見かけた。全ての楽器を。スネアドラムを、サクソフォンを、クラリネットを… 彼には音楽が聞こえていた。子供たちが歌っているのを。

彼は今思い出していた。

しかしそれは違う。

これは彼の思い出ではない。記録でもない、なんでもなかった、彼はここから抜け出さなければならなかった。マーフィーの足はもつれ。床に激しくぶつかった。彼はどこにも行くことができなった。

私たちを拒否していますね、この音楽を。あなたは思い出しているのに、何ができるかもしれないのに信じようとしていない。子供たちのスズメのような素敵なさえずりを、コーラスから離れ、閉ざそうとしていますね。

マーフィーは食いしばり目を閉じた。”一体お前は俺に何を望んでいやがるんだ?”

私たちは音楽をもたらしたいのですよ?

”いいや!お前らのクソッタレな音楽なんざ要らねえ、先に行かせろ!”

作曲を拒むのですか?

”何だって?あぁそうだ、拒否する!”

それが無くては節付けは汚く…

”俺のことは気にしないでくれ!頼む、俺を行かせてくれ!”

おやすみ。

マーフィーを縛っていた力は突然去り、彼は前方に倒れこみ、破片と混乱の間に転落した。それは彼を放っていた。なぜそれがそうしたのか、あるいはそれが次に何をするのかは、また別の問題だった、なぜなら今マーフィーは自由になりすでに発っていたからだ。


Insurgents After Action Report

2階の清掃中、私たちはスタッフたちがテストチャンバー内に集まり、マーチングバンドのように演奏しているのを発見し、それがめまぐるしい違反であることは明らかでした。私たちは安全を確保するために何人かの男性にイヤーマフを取りに行かせました。彼らは何かを歌っていて、それは70年代の歌だったように思います。私はそれがどんな曲だったのかは覚えていませんが、いつかあなたにお伝えすることができるかもしれません。

またシェーンは私に、「避難地点」に向かおうとしていた男性を1人捕えたと報告してきました。私たちは彼を攫って袋に入れ、そこへ運び入れています。彼を強制試験に加えるのもいいかもしれませんね、彼が抗議しても、私たちは彼を実験台にすればいいだけですから。

~Wehrner

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。