ゲーマーズ・アゲインスト・ウィード調査資料
評価: +3+x

要注意団体名称: ゲーマーズ・アゲインスト・ウィード (Gamers Against Weed)

要注意団体番号: 5869

別名: GAW、“愉快な雰囲気作りメリーメーカー(Merrymakers)”、“道化師ジェスター(Jesters)”1、“大麻吸いリーファー(Reefer)”2

脅威レベル:

団体説明: ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードは、自分たちの娯楽および/または風刺的な目的のために異常存在アノマリーを製造している、異常な人物たちの緩く組織化されたネットワークです。当該団体の設立時期は不明ながら、収集された文書やチャットログを基に、2008年から2010年の間の何処かでジュード・クライヨット、JJ3、エスター4の三者によって“Are We Cool Yet?”の分派として結成されたと思われ、2013年には追加メンバーを加えてオンライングループに発展しました。しかしながら、異常な芸術作品の創造はほぼ放棄しているようです。当該団体はほぼ完全にインターネット上で組織されており、およそ40名の構成員を抱えています。GAWの生産したアノマリーのいくつかは秘密の護持に対する深刻な脅威となり得ますが、人命への脅威は最小限となっています。

当該組織は、主に西半球の15~30歳の、様々な異常性を所有している放浪者、もしくは少数派の人間によって構成されています。組織は財団の活動に気づいていますが、財団の所在をつきとめ、直接標的にするような能力は欠いています。

全ての構成員の捕縛は非致死的に行われるべきです。標準的な要注意人物インタビュー・プロトコルに従い、構成員は必要に応じて記憶処理を施してから解放します。

構成員: 以下は、収集された文書とチャットログを基に作られた、既知のメンバーのリストです。これが包括的なメンバーリストと言えるかは不明です。本名/フルネームと経歴は殆ど判明していません。所在地もまた大半が不明であり、一部のメンバーは財団の存在/知識の警告を受けた時点で、自身の居場所を別な地点と切り替えることが可能です。

  • ジュード・クライヨット (PoI-6870): 別名、bluntfiend絵具塗りローラーパパ・スモーク。29歳。GAW創設者3名のうちの1人であり、AWCY?の元メンバー。カトリック教徒。クライヨットが創った既知のアノマリーはSCP-1168SCP-3015(共作)、SCP-2293であり、おそらくSCP-3420も該当する。JJ、エスター、アーマンドとの直接交流あり。電気を制御する異常能力を有しており、その規模は不明。記憶処理と致死的聴覚認識災害に耐性あり — 標準的インタビュー・プロトコルはクライヨットがインタビュー地点の性質を把握していない状態で行わなければならない。財団に可能な限り、混乱を最大限に引き出し、記憶処理能力の限界を偽装するために、解放は別な地点で行わなければならない。
  • JJ (PoI-6877): 別名、jockjamsvol6。28歳。GAW創設者3名のうちの1人。ユダヤ教徒。JJが創った既知のアノマリーはSCP-3015であり、おそらくpolaricecrapsと共にミスター・イッヌを手掛けてもいる。ジュード、エスター、アーマンドとの直接交流あり。現在の異常能力は不明だが、確率操作に関連していると思われる。誕生以来、サイト-216(財団の制御下に入る以前はセーフハウスだった)で一人きりで育ったと主張している — ニューイングランドでは、JJに関係があると思われる人物の出生記録や家族歴が発見されていない。蛇の手と何らかの形で提携しており、放浪者の図書館の常連客である。インタビューのために捕獲する試みは一様に失敗し、資源の無駄に終わっている。
  • エスター (PoI-6878): 別名、lesbian_gengar。28歳。正統派ユダヤ教徒。エスターが貢献した可能性のあるアノマリーはSCP-2476SCP-2658。JJ、ジュードとの直接交流あり。認識災害を作りだす能力を有しており、一般的にはGAWの所在地に対する財団のガサ入れを妨害する手段として使用している。SCP-5218はエスターが作成した認識災害の一例だと考えられている。
  • ミスター・不吉 (PoI-6879): 故人。GAWの創設後に加わった最初のメンバー。“ミスターズ・アゲインスト・ウィード”のコンセプトの提唱者である。更なる情報はSCP-3012を参照。
  • polaricecraps (PoI-6880): 17歳。イギリス人だが、アメリカ在住。現在の異常能力は不明だが、クライヨットと同様の形で機能する可能性が疑われている。JJと共にミスター・イッヌを作成したと考えられており、SCP-2826の製作中心人物であり、GAWが保有しているであろう他のSCPにも貢献している。現在の例としてはSCP-2586とSCP-2658。アメリカ北西部に住んでいるという言及、ユーザーネーム、SCP-2658の記録から得られた情報に基づいて、polaricecrapsはワシントン州に住んでいると仮定されている。
  • ダーリア (PoI-6881): 別名、hetcopogg。20代前半。プロテスタント教徒。GAWの中では数少ない非異常メンバーだと考えられている。アメリカの大学に通っているが、場所は不明。gaycopmp4と交際している。ビデオゲームのライブストリーミングを行っている — 分野は不明。インタビュー優先度は最低レベルと見做されている。
  • gaycopmp4 (PoI-6882): 20代前半。SCP-3024SCP-2726の製作中心人物。現在の異常能力はおそらくハッキングとコンピュータサイエンスに関連している。アメリカの大学に通っているが、場所は不明。SCP-2293拡散の原点だったが、調査にも拘らず所在地は曖昧である。ダーリアと交際している。
  • bones (PoI-6883): 収集されたログを基に、bonesの正体はSCP-2721-LORD、通称イーライである可能性が高いと考えられるが、現時点では証明が不可能である。チャットのモデレーターとして活動。ごく稀に様々なメンバーに贈り物をしていると主張しているが、仮に対象がSCP-2171-LORDである場合、どのようにして贈り物を可能としているかは不明。JJによってチャットに招待された。
  • アーマンド (PoI-6884): 別名、harmpit。20代前半。SCP-5218の説明に基づいて、異常能力の持ち主だと考えられているが、現時点ではその性質は不明である。ゲイであることを理由に親元から勘当され、しばらくしてGAWに参入。チャットにおけるアーマンドの頻繁な誤字は、おそらく異常能力を絶えず使用しているためと思われる。固有の異常能力を帯びてはいないが、“手動で”それらを使用できると主張している。
  • kkrule (PoI-6888): 15歳。現在の異常能力は不明。ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードの最年少メンバー。kkruleが創った唯一既知のアノマリーはSCP-2433である。ストレート・エッジであると公言しており、他のメンバーより頻繁にビデオゲームをプレイすることが知られている。“地下ビデオゲームトーナメント”での競争によって生計を立てている — アメリカ全域のeSportsトーナメントの監視が進行中だが、優先度は低いと考えられる。
  • TrainerDP (PoI-6889): 年齢不詳。現在の異常能力は不明だが、1体のミスター・アゲインスト・ウィードに貢献したと主張している。チャットでは滅多に発言しない。タイピング様式の根本的な違いから、このユーザーネームは複数の人物が使用している可能性がある。
  • talman_corvett (PoI-6891): 23歳。スウェーデン人。ヒンドゥー教徒。SCP-1446と類似する形で自律活動するグラフィティ・アートを作りだす能力を有する。 AWCY?との接点を持つ可能性は不明だが、talman_corvettは肉体的暴力や自惚れた芸術への嫌悪感を見せているため、接点は最初から無いか、疎遠になったと思われる。非異常性のジョーク系電子書籍をAmazonで出版したと主張しているが、財団がチャットログを入手した時点で、問題の書籍はAmazonによって削除されていた。TrainerDPのことを知っていると主張するが、それ以上の事は不明。
  • opossum (PoI-6892): 19歳。動物飼育係として働いていると主張している。現在の異常能力は不明だが、動物との繋がりを持つことが言及されている。opossumが創った唯一既知のアノマリーはSCP-████だが、これはGAWとは無関係に行われた行動であり、事案████-Aの直後にチャットで話題に上っている。“ケモナー”コミュニティの一員。tiedyeduckおよびDonDeLilloと共に活動しており、おそらく互いに直接交流がある。
  • tiedyeduck (PoI-6893): 22歳。現在の異常能力は不明。様々な政治団体と共に行動しては、それらを掻き乱して解散に陥れている。未知の理由からopossumを全般的に毛嫌いしている。opossumおよびDonDeLilloと共に活動しており、おそらく互いに直接交流がある。
  • DonDeLillo (PoI-6894): 19歳。GAWの中では数少ない非異常メンバーだと考えられている。opossumおよびtiedyeduckと共に活動しており、おそらく互いに直接交流がある。kkruleを激しく毛嫌いしている。
  • FreakyGhostBed (PoI-6900): 18歳。現在の異常能力は非実体ヒト型存在と関連するが、それ以上の事は明らかになっていない。自分は幽霊であり、兄弟が運用しているコンピュータに住み着いていると主張する。FreakyGhostBedとの頻繁な交流は、ユーザーのコンピュータが“憑り付かれる”結果を招くため、正確な所在地の特定は困難である。
  • _FuddruckeR_ (PoI-6906): 30歳。現在の異常能力は銃器に関連する。チャットではROM専。orbhorseおよびCommunismAnarchismNihilismと共に活動している。アメリカ南部でorbhorseと同居している。
  • orbhorse (PoI-6907): 26歳。仏教徒。ウマ科生物に憑依して操る能力を有する。チャットではROM専。_FuddruckeR_およびCommunismAnarchismNihilismと共に活動している。アメリカ南部で_FuddruckeR_と同居している。
  • CommunismAnarchismNihilism (PoI-6908): 22歳。イギリス人。_FuddruckeR_およびorbhorseと共に活動している。共産主義、左翼主義、泡沫宗教団体に関連する非異常および異常な“ファン雑誌”の執筆と出版を手掛けていることが言及されている。このことからSCP-2573との関連性が考慮されており、今後調査される可能性あり。
  • PCSatisfatorio (PoI-6920): 21歳。ブラジル人。現在の異常能力は何らかの形で音楽に関連する。goodpostskittyとの直接交流があると思われ、彼女と同じバンドに所属していると主張すると共に、チャットでも一緒に参加する。アメリカツアー中に元AWCY?所属のミュージシャンたちと出会い、親密な関係を築きつつある。
  • goodpostskitty (PoI-6921): 19歳。ブラジル人。オンライン上のペルソナを肉体から分離させていると主張しており、コンピュータ内部での意思疎通に関する言及を残している — 現時点ではこれが何を意味しているかは不明。メッセージを重複させて話す癖あり — これが異常能力と関連するか否かは不明。PCSatisfatorioとの直接交流があると思われ、彼と同じバンドに所属していると主張すると共に、チャットでも一緒に参加する。
  • fallout_meta.txt (PoI-6926): 20代後半。アメリカ南部の右翼系要注意団体から逃亡していると主張。異常能力は歴史に対する魅力を中心に展開されており、魅了能力を持つ歴史的物品を用いて、とある歴史再現団体を解散させたと主張している。どのように異常能力を得たかについては、矛盾する複数の話を語っている。アメリカ南部にいると推定される。
  • FunkoPopFan1 (PoI-6927): 20代後半。日本人。現在の異常能力はメディアに基盤を置くものと推定されるが、専らコレクターズアイテムの偽造品や、ファンコ社の“POP!”フィギュアの異常な作成に従事している。チャットではROM専。
  • Three6serpent (PoI-6945): 年齢不詳。現在の異常能力は不明。GAWの既知の最も新しいメンバーであり、チャットに残しているメッセージは2017年2月3日の“やぁ! :3”のみ。

要注意団体間交流: ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードと接触している特記すべき要注意団体の数はごく限られています。既知の交流は以下の通りです。

  • Are We Cool Yet?: 一部GAWメンバーは、過去にAWCY?に所属していたか、或いはAWCY?メンバーである/だった人物との面識がある。両団体の間には敵意と憎悪が存在するものの、GAWの創設以来、公式な交流や紛争はない。
  • ワンダーテインメント博士: “ミスターズ・アゲインスト・ウィード”のコンセプトは、“リトル・ミスターズ”製品群のパロディである。詳細はSCP-3012を参照。ワンダーテインメントはGAWのことを聞いたことが無い、または認知していないようである。
  • ザ・ファクトリー: 詳細はSCP-2658を参照。
  • 第五教会: 曖昧ながら、CommunismAnarchismNihilismとの繋がりが存在する可能性あり。
  • 蛇の手: JJは構成員であり、放浪者の図書館で過ごしている。エスターは当該団体の事を知っており、polaricecrapsと共に図書館を訪れたことがあると思われる。この点を除き、蛇の手はGAWに協力したことも、その活動を全面的に認めたことも無い。
  • 異常事件課: UIUファイル: 2016-004を参照。一部のGAWメンバーの仮説的な所在地は、異常事件課の近隣施設とエリア的に重複している。GAWが異常事件課の存在を知っているかは不明。

最終更新日時: 2017年2月15日

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。