ギアーズはまったくロボットではない
評価: 0+x

以下はO5の(アダルト?)taleです

「いいや僕が言いたいのは、あのロボットを上級管理者にする方法はないってことだ。」

「じゃあ君はあのイヌコロが好ましいって言うのか?」

「それは違う!僕が考えているのは、あの男は我々が知るようにロボットだったということだ、そうだろう?」

「あの男は友人や金銭的問題を持たないスターリン主義の時計のように歩いて話す!彼は色盲の司書の死体のように感情が無く、私の電卓より陳腐だ!もし彼が男というよりもロボットのようでないとしたら、それは本当に異常なことだ。」

「僕はこれについての決着のつけかたを知っていると思う、」

「どうやるんだ?」

「彼のムスコを見よう。」

「君はナニを言ってるんだ?」

「いや、いやそのことを考えるな!もし彼がロボットなら、どうして彼がムスコを持っている?ありえないだろう?」

「まあ…まあそうだな。しかし彼は全くロボットだ。だから私たちは彼の…ロボットの…パーツを見る。」

「ファックユー。僕は助けになる人物を知ってるんだ。カレン!アイスバーグにつないでくれ。」

ビーッ

「ハロー?そうだ、こちらはO-6。君は彼のムスコを見たことがあるか?誰かはわかっているだろう。ああそうか!よし!君は、アー、それの描写が出来るか?これは命令だ。ああ、続けてくれ。」

「彼はなんて言ってる?」

「シー!何?いや君は医者じゃない、僕は3人に向けて話してるんだ。続け-ああ彼もここにいるとも、急いでくれ。待て。何?彼らのうち3人?興奮している?」

「どうなってんだ」

「うん…アー、ありがとう博士。僕はこれまで考えてもみなかった、ギアーズが-何?!アルト?もっちろんだ。僕はギアーズについて尋ねたんだ、博士。わかってるだろう、君の直接の指導者だぞ?君が1つのオフィスを共有している男だぞ?この国の反対側のサイトに配置されたアルト・クソッタレ・クレフじゃない。ハーいや、いいんだ。じゃあ彼のムスコは?グレート。君の時間をどうも。」

カチッ

「ムスコのニュースは?」

「ノー。」

「彼ははっきりとロボットなんだな。」

「いいや僕が言いたいのは、あのロボットを-」

終わり

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。