コーヒーでも飲んでろ
評価: 0+x

ジェラルド博士がブライト博士のオフィスの外で20分彼を待っていたとき、ジェラルド博士の背に一筋の冷や汗が伝った。彼がドアの上のネームプレートをじっと見つめている間、玄関は刻一刻と暗くなり、明かりは無限の闇へと徐々に薄暗くなっていく。彼は死につつあった。終わりだ。地球上での30年間の総括。死ぬのはひとつのバカな——

「入れ」

ジェラルドにはどうしようもなかった。彼は小さく叫び、すり減った神経のために突然の物音にビクリとする。彼が足早にオフィスに入ると、ドアは彼のうしろでカチッという静かな音を立てて閉まった。
ジャック・ブライトは両手を後ろで握り、壁に向かって立っていた。彼は振り向かずに話し始めた。

「ジェラルド博士、どうしてここにいるかわかるかな」
「ええ、はい、承知しております」
「かしこまらなくていい。私はかしこまったきみが嫌いだ」
「すみません、博士」
「さて、なにがあったか話してくれないか」
「……はい……」


アルト・クレフ博士はご機嫌だった。太陽は輝き、173はまだ脱走しておらず、そして通りの物売りはアイスクリームを半額で売っていた。病院の廊下を歩きながら、彼は連れの方をチラッと見た。

「きみはなにを食べてるんだ?」
「ブツブツ……ストレルニコフさん。申しわけありませんでした。この……」
「我々が590をここへ持ってきたらそれで済むんだ。これは彼が入院中にどうしているかチェックするための単なるお見舞いだ」
「はい、わかっています」
「そうか。 さて、ハッピーな顔をしろよ!今日はすばらしい日だからな!」

ジェラルドが湛えた笑顔は、ベッドの中にいるロシア人の男の姿を見ると崩れた。体を覆うチューブのせいで、彼は普段より小さく見えた。巨人はただの弱った患者に成り果てていた。クレフはおおまたで歩き、友人の顔を見下ろした。

「よお、でかぶつ。調子はどうだ?」

彼は後ろのジェラルドを一瞥し、その打ちひしがれた表情に気付いた。

「おい、気にしてんな。こいつはこれより悪くても生き残ったんだ」

ジェラルドはほっとため息をついた。

「ええ、その通りですが、僕が言いたいのはチェチェン共和国と比べてどれほど——」

彼の顔が凍りついた。チューブの軋む音が突然静かな部屋に銃声のように響いた。クレフの顔が歪んだ。

「くそった——」

クレフの喉を覆うにまで及んでいたその手はやつれていたが筋肉質で、点滴を毟り取ったときに針によって受けた裂け目からドバドバと流血していた。

「撃鉄を上げろ!戦闘だ!ぶっ殺してやる!![ロシア語、罵声]」
「ああ、なん——」

ジェラルドの残りの言葉はストレルニコフがクレフの首をポキッと折る鋭い音によってかき消された。


「そして、それで、僕は走りました」
「なるほどね。追って通知があるまで、きみは〝おやすみ〟だと考えていいよ」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。