PHYSICS部門フィールドマニュアル1:工作員マニュアル
評価: +3+x

われわれは無限に広がる暗黒の海のただなか、無知という名の平穏な島に住んでおり、遥かな航海に乗り出すべくいわれも無かった。
- H.P.ラヴクラフト/大滝啓裕訳
- 『クトゥルーの呼び声』

"言われなんて糞どうでもいい。何が水平線なのか突き止めようぜ。"
- エージェント"マドリンガル"
- 排撃班"気高き幻影"


人類史の大半に於いて、我らが種は外より来たる力、恐らくは我々より強大な力に弄ばれてきた。魔法的、宗教的、地球外、別次元、これらの超脅威は、我らが種の祖たる猿が樹から降りたその日から、進化論に帰すならば水より出たその日から、我らが頭上に吊り下げられたダモクレスの剣であった。

最早、その通りに非ず。今や、我らが種は運命を取り戻した。今や、我らはこの有るべからず物との闘いの中にいる。非現実に立ち向かう現実。そして君は、連合の新人たる君は、この戦争に欠かせぬ勤めを果たす英雄だ。

このマニュアルは超脅威の包括的なガイドにはなり得ない。読んだ所で、これが物理の神を打ち破る方法を教えてくれる訳では無い。代わりに、PHYSICS工員が1940年後期から学んで来た、広く超脅威シナリオに対応するための基本的原則を凝縮してある。君自身の技を磨くための基盤と見なして欲しい。記載内容は広範囲及び、それらは明白で、また大抵は不透明である、それでもなお不可欠なのだ。


五戒

1) お前は消耗品だ。

今日、世界には60億以上の人がいて、君はその内の一人だ。冷酷かもしれないが、どちらかの二者択一を与えられれば人間性は必ず勝つだろう。何よりも前に、君はこの事実を認めなければならない。自分自身のためだけでは無い、友人に家族に、君の愛する者のためにも。究極的に犠牲を払わない時、直ぐに、決心を示せ、躊躇うな、そうしなければならないのだ。咄嗟の遅れは大災害になり得る。

2) お前は使い捨てでは無い。

連合の蓄えは無限では無い。我々の仲間は十分に足らず、そして脅威は十分に厳しい。それ故に、我々は愚かな事故のために工作員を失う余裕は無い。君の命は育まれるべき、そして欠かす事の出来ない大切な資産だ。君を代償にするを得ない日には、我々には君を失う前に、最大限の効果を上げられるようにする必要が有る。

3) 知は力。

我々が立ち向かう脅威は多いが、それぞれは唯一無二の脅威だ。脅威と効果的に闘うために、我々は何と向かい合うのか知らなければならない。情報は、いなかる弾よりも刃よりも、我々の武器であり、そして最大限に必要とする。君の僚友、上司に秘密を隠すな。何かを知ったなら、誰かに速やかに伝えろ。君が斃れるならば、死に行く前に、誰かにどうして死んだのか確実に伝えられるようにしろ。

4) 問うな、受け入れろ。

君が決して知らないものが有る。人の心が理解できないもの、そして君には決して解けないものが有る。知らない事を気に病むならば、狂気に憑かれ焦点を失う。出来る限り”今”と”此処”に集中しろ。

5) お前は人にすぎない。

君は間違う。君は疲れ、衰える。愚かな瞬間も有れば、予想だにしない輝きを放つ瞬間もある。失敗で絶望に陥るな、成功で傲慢に腐るな。どちらに嵌ろうとも災難を招く。

黄金律

決して独りでやるな。

PHYSICS部門フィールドマニュア
« 始まり | GOCハブに戻る | 装備と器材 »

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。