████████████教授の応用奇跡論の講義の書き起こし
評価: +3+x

「今晩は。まあ掛けて下さいな。食べ物が欲しいなら部屋の後ろの方にワイン、水、パン、塩がありますぞ。コーヒーにドーナッツ何でも御座れ、うんとお食べ。んにゃ、ワインは程々にな。ワシは、PHYSICSの工作員でアルコールに節操あるモンを見た事があまり無いもんでな。」

「キミ達がおやつをつまんで席に着くまでの間、ちと儀式についての話しをしようかの。」

「東欧において、パンと塩というのは賓客を持て成す時の伝統じゃ。驚くことあるまいて、結局の所は、パンは生命の糧と考えられるじゃろうし、その昔、塩というものは値が張るわりには必要なモンだったからのぅ。ローフからパンを千切ってな、塩にちょんと付けて、そして食べるちゅうのが、客人の伝統だったんじゃ。じゃあ諸君、この習慣が、普段出くわす何かに良う似とると思わんかの?あん?ほれ、そこのプロテスタント、見て一発で分かったわ。そうじゃ、聖餐式でのインティンクションじゃな。あれじゃて、パンをローフから千切って、共有する聖餐杯につけるのう。要素要素は同じじゃ。この部屋におるカソリックは混乱しとるモンもおるな。聖餐式が違った作法で行われている環境で育ったのじゃろうて。どっちにしろな、この儀式は歓迎のシンボルというだけじゃのうて、親睦のシンボルでもあるのじゃ。『パンを千切る』ちゅう行為はお互いの親睦の表れだと考えられるというわけなんじゃな。だからの、デートじゃって、始まりは一緒にご飯を囲む事から始まるじゃろう。」

「そいで、水。サラーフッディーンがヒッティーンでクルセイダーを捕らえた時、ルノー・ド・シャティヨンいう男が全員から憎まれておった。シャティヨンはな、サラーフッディーンの言い分じゃが、残忍で信用できない男での、誓いを破って、アッラーの信者へのトンデモない背信行為をしたんじゃ。サラーフッディーンが、クルセイダーの貴族をテントに迎えた時な、クルセイダーの王に水を与えたのじゃ。王の名は、ギー・ド・リュジニャン。王は勿論、友のルノー・ド・シャティヨンに水をその場で渡したんじゃが……サラーフッディーンは、許可なしで憎む仇に水をやるとは何事だ、けしからんと言った。ああいう乾燥地帯で水を客にやるっちゅうのは、やって来たモンに危害は与えん、と約束すると考えられていたんじゃの。サラーフッディーンは、ルノーを殺してやろうという魂胆じゃったんじゃが、そんな事するのは神聖な誓いを打ち破ると捉えられかねない行動になったんじゃ。」

「今時、ドーナッツとコーヒを与えるというのは、セミナーのおかげで朝飯を抜いて来なならんかった客へ対する礼儀なんじゃ。それで、キミ達は出て行く必要が無いちゅうことを表す為に、食べ物を飲み食いするのじゃな。だから食い物がいるんじゃ。普段の礼儀と、神聖な儀式、その境界線を見いだす事はあまり六つかしい話しじゃかろうてな。よし……我が曲がりくねった長い全ての道に、そして席に着く諸君全員に私はこう言おう、ようこそと。」


「自己紹介といこうかの。ワシの名前は████████████。教授と呼ばれておるよ。国際統一奇跡論研究センター(International Center for the Study of Unified Thaumatology) ,ICSUT:マサチューセッツキャンパスの名誉教授をしとるよ。専門は構造知性じゃ。このネコはワシの仲間、ミッドナイト。新しいPHYSICS工作員に統一奇跡論の基礎原則を知ってもらうという目的で講義をしておる。この講義を修了したら、外なる知性を召喚できるようになるなんて思わんといてくれよ。じゃが、この短い講義が終わった暁には、キミ達が、Type Blueとは何たるか、キミ達は如何にするべきなのかちゅう事を理解してくれているよう願っておる。」

「じゃ、最初の原則から始めるとしよう。奇跡論とは実用科学として魔法原則を研究する事である。様々な点に於いて、物理と似ておるが、生まれは遥か別の原則からであるのじゃ。例えば、近代物理学の祖はニュートンの三大法則だと言える。奇跡論は全く別の基礎法則から、所謂、伝染の法、相似の法という奴じゃ。要約出来るとしたらのぅ、『部分は全体に影響を及ぼす』、それと『相似なるものは相似なるものを生ず』か。」

「キミ達はもうこの話じゃ、何処で問題に陥ってしまうのか分かったかね?物理学はこの二つの原則が論拠薄弱であると教えてくれるじゃろう。例えば、このローフから千切ったパンの端っこを焼いた所で、残りのローフがコンガリ焼き上がることは無い。また、サイの角に男のインポテンツを治す力も無い。いくらアノ付いているモンがペニスに似とると言ってもな。よし、じゃあ奇跡の第三の原則について触れよう。当初はこう言われていた『魔法は才ある術者を必要とする』。ある特殊な人だけが魔法を起こせる。何故?どのうようにして?が確立する事は無かったんじゃ。実用奇跡論は何百年もずっとこのまんまじゃったんじゃが……20世紀初頭の事である。」

「キミ達はその当時の視点で奇跡論……魔法を見てみようじゃないか……魔法は危機にあった。科学、物理学の進歩は、かつての彼らが頼っていたグレイゾーンを締め出した。術者は有効性を失いつつあった。現実をより変わらぬ状態にする高度に発達した科学、人の膨張し変動する営みの中、マナ流の変わる中、理論は育まれたのじゃ。術者は自ら遠くへ、世を疎み、心を科学的発見に移ろい行かせないようにするために、近代社会から意図的に孤立させたのじゃ……ハイゼンベルクという名の男性が1927年に衝撃的な提案をするまでのう。」

「量子の挙動について述べるハイゼンベルクの不確定性原理、ある時間の量子の位置をより確かに知れば知る程、今の量子の位置がより分からなくなるというものじゃ。奇跡論者はこの理論そのものにビビッと来たわけじゃ無うて、それに関連する理念:観測は世界を変える、このことに打たれたのじゃ。その時、第三原理は変わった。『魔法は才ある術者を必要とする』から『観測は現実を変える』へと。うむ、単純に言うとな……ある種の心の持ちようが世界の働き方を変えるのじゃ。」

「ちなみに、Type Green現実歪曲者は、その分野に於ける尋常ならざる才がある物なのでは、と現在考えられておってな、従って別名『外なる観測者』と呼ぶモンもおる。実際、Type Green現実歪曲者とType Blue妖術者を一個のカテゴリーへと再分類しようという運動もあるのじゃ。実際名前が変わったらなんて呼ぶんじゃろうな?Type Teal(コガモ)?Type Aqua?まあ待ってみるとしよう。」

「時が来た、量子力学の新理論が起こったのじゃ。魔法コミュニティは遂に知った、この世には思うよりも多くグレイゾーンがあったのだ。ほぼ一夜にして、魔法使いは世界を隠れ移る孤独な隠者から、熱心に真理を求める若き科学者へと変貌を遂げたのじゃよ。分野の名前も、迷信的な『魔法』という呼び名から、より科学的な『奇跡論』という名に変わったんじゃ。」

「……第七次オカルト大戦の突発……我々はこの新しい科学の”結果”に直面した。丁度、核の時代の”結果”に直面したときの様にな。やがて世界オカルト連合が形成に至るのじゃ。まあ、この講義はまた別の時にしようじゃないか。」


「ふぅ。じゃあワシのような老いたウィザードは奇跡論について何をキミ達に伝えられるのであろうか?」

「一つ……これら三つの基本原則を覚えよ:相似なるものは相似なるものを生ず。部分は全体に影響を及ぼす。観測は現実を変える。これら三大原則に近代奇跡論は焦点を当てておる:EVE量子──生エネルギーの根幹──の分離は、観察がどのようにして世界を変えるのか教えてくれた。VERITASの画像処理システムの影の指針じゃ。100年前には想像できなかった新技術に至ったのじゃ。」

「例えばキミ達は皆、体の上に直接、コロイド銀の入れ墨のパターンを入念に彫ったじゃろう。こりゃあ、奇跡論的攻撃に対する防禦に不可欠なモンなんじゃよ。我々は皆、生きている限り何かしらの物が欠けていく、皮膚細胞から毛髪までな。キミ達がもし防禦されてなかったらの、髪の毛一本とてキミを傷つけるのに使えてしまうのじゃ。防禦陣はキミ達の生体組織と非生体組織の量子つながりを断ち、ヴードゥー人形を用いて敵からキミ達を守るのに役立つのじゃよ。一方で我々はこの原理をアドバンテージとして使う事も出来る。ターゲットから髪なりDNAを採ってこれたら、GOC奇跡術師は我々の”技術”では到底追跡できない所まで追跡する事が出来るのじゃ。フィールドで何を優先すべきか、という考えの足しにでもしてくれ。」

「よし、ちと面白い事をしよう。これはアポート(取寄せ)の円じゃ。これは基本の巨大神秘量子転送陣である。体を構成する粒子が何処か遠くへ移動する事は、極微(ごくみ)の可能性であり得るという事は確証されている。何処か有るべき場所へ移動するという事よりもな。途方もないないエネルギーが要求されるしのぅ……宇宙に有り得べからざる状態を引き起こすプロセスを要求するならば、宇宙は他の多くの有り得べからざる事を引き起こすモンなのじゃ。ワシらはこれをバックラッシュ(跳ね返り)と呼んでおる。じゃから、ワシらはアポーテーションを出来る限り使わんのじゃな。行使する時はいつも、何か卦体な事が付き纏う。ワシらの勤めは卦体な事を治める事であって、起こす事じゃないんじゃ。」

「うむ、明らかにダグラス・アダムスの悪い物語に良く似ておるのう。して、彼が量子物理学から着想を得ていたという事は知っていたかの?思考の糧としてな。」

「さて考えるにあたって、も一つ実装置があるんじゃ。ミッドナイトよろしく。このミッドナイトは謂わば『使い魔』、今日(こんにち)構造知性として良く知られているモノである。彼女を、ネコの形を与えた純粋知性の欠け端と思っとくれ。この知性は一体何処からやって来たのか?あーん。こりゃ不思議じゃ、と思わんかの?この答えを、ワシらは今も探り続けておる。」

「奇跡論は新しい科学じゃ。長きにわたって研究されてきたとはいえども所詮、迷信として、神話学としてじゃった。真に研究されたのはたったの50年。まだまだ知らなければならない事が有るんじゃ。」

「いずれにせよ、ワシは奇跡論に関する誤った考えが破られる事を望んでおる。そしてキミ達の様な専門家ではないモンにも奇跡論は利益になるのじゃと説明できたのだと願っておる。そして、ワシは今でも問い続けておるのじゃ。」

奇跡論セミナーシリーズ
« 始まり | GOCハブに戻る | アスペクト放射 »

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。