リンカーン・コンチネンタルで地獄へ
評価: 0+x

マックティリス、ソロウスキー、ホートン、ペレスは躓きながらも着地した。墓石の穴へと飛び込み、重力が90度変動する様は決して楽しい物ではなかったが、全体的に見て、今日の仕事の最低値を鑑みれば'不快'程度はなんて事ない。彼らはモンテネグロ議会の議場の中に立っている…モンテネグロの首都に一体何が、とケイトは考えた。彼らを囲むスーツとタイを身につけた男女は、怯えて口を開いているように見える。袖にパッチが付いた1人の男性が、LMTF352-ラメドが出てきた場所から約20フィート離れた場所で死んでいる、銃で自殺したようだ。一般的な殺人と自殺、犠牲者の方が5000マイル離れたペット霊園の穴に落ちた事を除けばだが。

ケイトは身をかがめてブリーフケースを開き、シグナルジャマーのスイッチを入れてイヤーピースを入れると、緊急財団無線接続を起動させた。彼女は国際上の境界線に居て、この建物の他の誰も外界への接触を行わなかった。彼女はマイクに穏やかに話しかけ、群衆は混乱の中、彼女と3人の同胞を見つめた、"インターナショナル、こちらLMTF352-ラメド、マックティリス指導官です。わたしはモンテネグロの首都にて、空間異常の予備収容を行っております。群衆制御を実施し、部隊の到着を待っています。応答願います。"しゃがれた声が、ジャマーから辛うじて発せられ、応答が返される。"こちらサイト-19。了解した。"彼女はケースから偽のバッチを掴むと、高く立ち上がった。ショータイムだ。

"どうも、皆様、わたしはインターポール捜査官のケイト・マックティリスです。"彼女はバッチを光らせた。"わたし達は緊急応対班です。あなた達に危険はありません、わたし達の突入の仕方ですが、1998年の欧州委員会によって認可されています。皆様がちょうど、非常に動揺を催す何かを目撃したと理解しています。わたし達はその事実を見つけ出し、正義の実行を確かとする為にここにいます、なので皆様方につきましては落ち着いて、この建物に残って頂きたいのです。"速攻で、威厳に満ちた嘘偽り、ケイトは考えた。これは特殊部隊の運営において報道局長が使用する方法だ。いつもとは違い、群衆は信じていないよう、に思える。彼らの多くは彼女を見たが、変わらず混乱し、恐怖している。彼女は間違いを認識したかのように、ため息を付いて腕を脇に下ろした。

"ああ、分かりました。わたしが今言った事を理解していない人の為に、英語が分かる人が欲しいのですが。"大学生ぐらいの年齢で、かなりひどいクリップ式のタイを身につけた、メガネの若い男性が、素直に前へと出た。ケイトは彼に頷き、会釈した。"あの、ボクはルドビク・ミアニ、立法府アシスタントです。"彼は汗まみれの手を彼女に振った。"はい、ありがとう。ルドビク、私が言った事を皆に伝えてくれるかしら。"彼は頷き、集会した議会の方を向いた。彼女は再び昔の上司を思い起こした。時折の事だが、ケイト、君は現地の情報源とは信頼を結ばなければならない、例えその彼らの思想がかけ離れていたとしてもね。彼女はその少年から離れ、部隊へと戻った。

ペレスは手を叩く。"良いショーだった、ケイト、俺とここの他6人は今のスピーチを良く理解できたようだ。"

彼女は彼に目をやり、睨みつけたら彼のマヌケな笑顔が燃えてしまえば良いのに願った。"黙りなさい、オーレン。テトス、戻って死体の写真を撮ってもらえる。部隊車両からSCP-2072墓石の未編集リストと予備の携行武器を持ってきて、足りないと思うの。"

"フィールドエージェントの仕事も、様になってるな。アンタが実際に人を撃つような事になっても、黙らなさそうだ。"

彼女は感情以上にしかめっ面になっていない事を願った。彼女は記憶から追い払った。"口答えしないでくれる。3人が死亡して、わたしがここを担当しているのよ、マヌケ共。"袖下から外へとアンカータトゥーが見える、テトス・ソロウスキーは床の穴を通じて戻っていった。インターナショナルと収容計画を考える為に、ケイトはイヤーピースに指を戻した。

- | - | -

"48人、程かしら。"応答までの数秒の静電気の音。これは後で倫理委員会が手を揉む事となる決断だ。サイト-19の部屋に居る3人の人間は48という数を、その多くの命の価値について考えを巡らせていた。ケイトはインターナショナルについて知っている。48には秘匿の維持と比較して何もなかった。

このアインシュタイン-ローゼン・ブリッチは安定し、異常な放射線は示さず、現実レベルも安全を保っている。2072の他の墓石は空白だった、棺も空になってる、ソロウスキーは彼女にそう知らせた。これは無力化だ、全ての魔法があの場所から消えたのだ。そして唯一の問題は、48人のモンテネグロ人が首相を射殺し、自殺した男を目撃し、更にその後に4人の非常に準備不足なアメリカ人が地面の墓の形をした穴から飛び出た所を目にしてしまった事だ。その建物は消えなければならない、インターナショナルが返答した。

しゃがれ声は止まらなかった。"君に決めて欲しい、指導官。君がその対応を命じれば、我々は747を旋回させる。"

こいつら逃げやがった。ケイトは拳を握りしめた。そうお願いします。彼らは自動操縦の747をこの議会へと派遣させ、世界で最も簡単なカバーストーリーの準備の為に、建物と目撃者を仕留める準備をした。人というのは常に恐怖を信じる。

しかし彼女は"やれ。"と言わなければならない。彼女はより大きな利益の為に、48人の無実の人間を殺害しなければならない。彼女は息を吸い込み、瞳を閉じ、踵で後ろに揺れた。

- | - | -

8年前

その地区は季節外れに寒い朝だった。FBIの報道官であるケイト・マックティリスは、腕にいる彼女の恋人と共に、目に涙を携えながら、夜明け前に目を覚ました。彼女は前の晩、アンに美味しいディナーを作り、彼女の口の中の上質な赤ワインを味わった。"あなたを抱きたい"、全てにおいて、そして仕事の前に人生を賭けた、そうお願いする為の最初で最後のチャンスだった。

しかし彼女はやり損ねてしまった。彼女は正しくやらなければならなかった。彼女はアンの頭に口付けし、それを最後に二人のベッドを去った。外へ出ると彼女は泣き出し、軽装甲のようなブレザーを着込んだ。

数時間後、彼女はアーリントン郊外のワシントン・ポストのシニア環境レポーターを追い払っていた。長年彼女は彼と告発者を演じてきた、人々に知られないようにUIUの存在をメディアから遠ざけるために彼に適切な嘘を重ねていたのだ。しかし、彼女は彼に言いすぎてしまった。彼は見つけ出す寸前までになってしまい、彼を始末する必要があった。ケイトの失敗である、だから彼女は自ら手を下さなければならなかった。彼女はよく事務局で仕事していた、だから彼らは彼女に、人里離れた場所の組合組織での仕事を提供した。彼女がするべき事はグレッグ・イオノスの殺害で、UIUは彼女の死を装い、よりにもよって、フロリダ州へと追い払った。彼らは車から降りて、倉庫の首にカメラを構えたグレッグの前まで進んだ。彼は自身のキャリアを積む為に、撮影していると思っているのだろう。

ケイトは息を吸い込み、瞳を閉じ、踵で後ろに揺れた。腰に銃が身につけている事を感じた。彼女は息を吐き出した。

彼女は男を中へと歩かせた。

- | - | -

彼女は息を吐き出した。

ケイトはホートンとあの少年、ルドビクに近寄り、彼の質問を訳した。"戻るわよ、ホートン。ルドビク、わたし達は3分で戻るわ。全員ここに居るようにお願いね。"彼女はソロウスキーが持ってきた銃を彼に手渡した。思想がかけ離れていたとしてもね、ケイト。

彼女は仲間を穴の中に戻し、自身の耳に手を当てた。"これはあなたが下した命令と思ってくださいね。"

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。