濫書癖
評価: +3+x

昔々、あるところにおじいさんと一人の女性が住んでいて、彼らは蛇のGorynychを飼っていました。ある日、蛇のGorynychは狩りのために森へ出かけました…


"…古い半壊した城が目の前に現れました。この遺跡の中で夜を越せばいい。私は、夜に間に合うようにペースを速めました…"


"…私は、明かりで道を照らしました。トンネルの壁には、何世紀もの間暗闇に閉ざされていた、神秘的で、不吉な文字が刻まれていました。私はこれらの文を読み、内容の恐ろしさに、恐怖で震え上がりました…"


"財団に所属している男は歩みを進め、
6.8秒後に収容室へつきました…"


"…ジャガイモと、塩を入れて火にかける。このすばらしいシチューのレシピは、私が偉大な旅人であるMiklukho von Livingstonとガンジス川の上空を探索し、ライオン、ゾウ、土人、ジャバヲックを狩っていた当時、現地のシャーマンによって教わったものです…"


"メガボガガ!地獄のような笑い声をクレフ博士が上げました。私の斬魄刀は君の物より鋭いぞ!そういうと彼はSCP-572をチタン製のケースから取り出しました!これを見るがいい!アベルは彼に答えました。それは、アルカードと物質化された巨大な…"


"…は人工知能に邪魔されることはないだろうし、彼女は共食いの連鎖から抜け出し、私たちはそれを把握できるだろう」とショックストーム隊のパイロット、Ivanych Trideokinは、ミッションのために飛行しながらつぶやいた…"


"…ブレークイン!ブレークイン!ブレークイン!エージェントStrelnikovは2丁のカラシニコフからチェチェン人のゾンビに向かって弾を浴びせかけながら叫んだ…"


"…そして私はここで跳ね返った。目が狂っていて、毛が逆立った…"


"…まぁ、やつらは私と踊ることになるだろう。目に物見せてやるからな!Evgeny Vaganovichは彼の靴からバナナの皮を引っぺがしながら怒っていた。俺がこんなミドルネームを持ってるから俺のことを冗談の種にするのか?いいだろう、お前にカニの冬眠方法を教えてやるからな!…"


" あぁ、このクソッタレ!Zaichikovは写輪眼を目覚めさせた。俺は今から、お前を、あぁクゾ、ここにいるこいつみたいにしてやるからな。お前の母親に乱暴して…そして、エヴァみたいに…あと、なんだ?

- なんだとクソ野郎、ゾウのケツがエヴァンゲリオンのなんだって?ハムスターは彼に答えた。お前は俺と一緒にもう一回今からナルトのエピソードを見直す必要があるようだな。お前がペイン1に正面からパンチをかましたところでそれが何だ…"


"…早急にどうにかする必要があった。Dクラスの補充はまだ行われておらず、SCP-682はすでにすべてを食べつくし、利用可能なすべての人員の補充を要求している。まもなく、飢えたトカゲは怒り狂い、あたりをたたき始めた。何をすべきか?突然、Ochakovsky博士は、ひらめいた。

- こんにちは、倫理委員会ですか?別の職員の一団をこちらへ送ってください。私たちは、少なくともいくつかの用途でそれを必要としています…"


"…少年研究員、「33の交差する足をもつZaderchenko」氏2は彼の事務所に座り、報告書を書いていた。彼の頭の中で考えられることは一つだけだった。

"狩りをして、食べる。"


"Lemiは枕の下に、
甘いチーズケーキを隠してる"

"Malburg博士はおなかをすかせ、
冷たい鉄を飲み込んだ"


"Gavrilaは財団のエージェント
Gavrilaの物は…"


"あぁ、Bright博士、オランウータンの体はとってもセクシーだわ。Palmer博士はそういうと、ゆっくりと飛び立った…"


"コノ時間ハ楽シイ時間コノ時間ハ楽シイ時間コノ時間ハ楽シイ時間コノ時間ハ楽シイ時間コノ時間ハ…"


"…光の勇者たちは、心を奪われた。彼らは、最大の戦士と、その戦闘の雄たけびを聞いたからである:

"Vasyyyyya Pupkiiiiiiin!!!!3"


"…鶏のPochmarkedと蛇のGorinychは、魔法のバッグのおかげでおじいさんと女性に戻ることができました。そして彼らは密造酒を呑みながら幸せに暮らしましたとさ。ここで御伽噺はおしまいです。めでたしめでたし。"


ウィルキン教授は、それを読み終え、書類の山から離れて彼の研究室の隅のビーバーを見ました。その動物は、戸惑ったように足から足へと移動し、ヤマナラシの小枝をつかみました。

- それで、これはどのような寓話かね、Bobrikov?これについてなにか仮説はあるか?

- 「私たちは、ミーム現象の一部を取り扱ってる可能性がある。」ためらいがちにビーバーの科学者が答えた。「そうでなくては、最近サイト7の職員が突然、直属の職務の従事せずに、文芸活動にのめりこみ始めたという事実を説明できない。我々が知っているのは、この異常は1週間前に始まったということだ…」

- あぁ、そのことはわかっているよ。この感染の原因を突き止めてはくれないか!実験やら、アーカイブ作業や、会計が滞って、から回っている。誰も自分の職務をしようとしない。誰もがキャビネットやら机に座り込んでいる。私はこれらの物語のうちいくつかは非常に良いものであると認めなければならないが、ほとんどはナンセンスで、10~16歳の少年が書いているようなものだ…

- 「わかったわかった。」Vilkina Bobrikovは落ち着いていった。「私がコノ問題に対処しよう。まず第一に、私は最近、記録のために私たちのところに来たこれらの成果物のミーム性をチェックしてみよう。底から見えることもあるだろう…。」

教授は何も言わなかったが、肯定的にうなずいた。ビーバーは寄木細工を横切って、足と尾をつかって、ドアへ向かった。オフィスを離れると彼は不愉快そうに不平を言った。「いつも私の上を通るのはやめてくれ!」しかし、Vilkinはそれが聞こえないふりをした。

教授は、しばらくの間、腕を組んで座っていた。その後、彼は机の引き出しから数枚の紙を取り出し、ペンをノックした。

- 物語を書けば、私はうまく行くだろう

Vilkinは耳の後ろにペンを引っ掛けて、勤勉に物語を書き始めた。

"それはすばらしい冒険の幕開けとなるだろう…"

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。