不整合時空間のための地域マッピング手法の開発のための認可計画
評価: +2+x

不整合時空間のための地域マッピング手法の開発のための認可計画

問題

不整合時空間下での作業はしばしば避けられないものとなります。しかしながら、そのような空間での作業は遭難する可能性のため危険なものとなっています。通常の空間での遭難は実に些細な問題ですが、不整合時空間からの脱出は劇的に困難な物となります。

この問題のために研究班と資産が回復不能になる例は数多くありますが、その中で最も注目すべきはインシデントMaroon-8423aです。外次元宇宙空間の定期調査中であった調査チーム"タマラオ"のメンバーは予想外の時空変化時にベースキャンプからわずか数メートルの場所で孤立し消失しました。1外時間においてはわずか18秒の出来事でしたが、正常時空間への復帰時には研究チームのほとんどが餓死していました。適切な時空間マッピングツールを使用することでこの悲劇を完全に回避できたかもしれません。

解決策

不整合時空をマッピングしナビゲーションするための可搬デバイスの開発を提案します。このデバイスは主要機能の為に既製品の時空間計測装置と併用して6次グルーネヴァルト-メイヤー[1]系解法を利用します。追加容量の提供のために部分空間通信機を介した固定大型汎用計算機と併せて使用することもできます。

時空測定装置は8軸差動クロノメーターとヘルプストの次元計器で構成されます。この構成は目的のために非自明歪曲時空を十分正確にマッピングすることができることが示されています。[2]

部分空間通信機コンポーネントは市販のコンポーネントを使用して構築できる可能性がありますが、スペースの制約のためにアンテナ部品はおそらく特注になるでしょう。

CPUと関連するハードウェアはモトローラ68883数学補助プロセッサの特殊機能を利用して許容可能な時間スケール内でグルーネヴァルト-メイヤー系の解を求めることができます。

事業例

このデバイスは関連するリスクの多くを効果的に緩和する能力によって不整合時空間における将来の業務にとって重要な資産となります。これによって他の研究をより安価に、安全に、効果的に実施し、コストを削減し、より高い生産性を実現します。

さらにこの種のデバイスには正常性維持機関と他のパラテックユーザー、ならびに民間部門および政府部門で大きな未開拓の市場があります。

市場調査によればSCP財団は不整合時空間内での頻繁な業務の為この装置の主な顧客となりえます。世界オカルト連合もこの装置の主要な顧客になるでしょう。

このデバイスは1ユニット当たり15万ドル以上になる可能性があります。

また民間部門や政府部門では高精度の地表面観測装置としての用途があります。高レベルな不整合時空間マッピング技術はより身近な環境にも同様に利用でき、従来のGPSの精度を低下させる頻繁な小さな時空歪曲の相殺が可能です。

多様な潜在的顧客の個別の需要を狙うため、異なるレベルの機能を有する追加のモデルを設計することも可能です。

部分空間通信機を介した固定大型汎用計算機へのデバイス接続による追加の容量を年間1万ドル程度のサブスクリプション・サービスとして提供できます。このサービスにより、当社は顧客からの情報を収集しターゲティングされた広告やその他のマーケティング業務に使用することができます。

資金の使用

このデバイスの設計および製造のため、3,000万ドルを必要とします。資金は以下のように使用されます:
(すべての価格は米ドルです。)

  • 製品設計のため 200万ドル。
    • 十名の専任工学スタッフが12ヶ月間 80万ドル。
    • プロトタイプ構築 60万ドル。
    • 試験と検証 60万米ドル;さらに実地試験のために不整合時空間の地域を利用する必要があります。
  • 増強されたキャパシティ・サービスを支援することができる固定大型汎用計算機サーバの設計と構築 1100万ドル。
  • 工場のスペースと設備を購入することを含む、製造設備 推定50万ドル。
  • 200ユニットの初期稼動 推定1600万ドル、一装置あたり8万ドル 内訳は以下の通り:
    • 作動クロノメーター 1.2万ドル。
    • 次元計器 1.4万ドル。
    • モトローラ68020、補助プロセッサとして68883、RAMは2MB 3.5万ドル。
    • 部分空間通信機 3000ドル。
    • 電源装置および関連するハードウェア 6000ドル。
    • 筐体、ディスプレイハードウェア、PCB製造、およびアセンブリ 2000ドル。
    • 品質保証試験 8000ドル。

既知の問題

時空間マッピングにおける今までの試みの主要な問題の1つは、急速に変化する時空間が計算を中断させるのを防ぐのに十分であり素早く必要な解を計算することが不可能であったことでした。これは未だに難しい問題ですが、68883加速チップを使用した計算の高速化は軽減に有効です。

部分空間通信機を利用してサブスクリプション・サービスを提供する従来の試みは、帯域幅の利用可能性が限られているために失敗しました。しかしこの装置は主に不整合時空間に対し使用されるため、現場の不整合性を効率よく利用できます。結果として、この装置は高速なセッション処理を可能にします。

参考文献
1. グラバー,C (1985/2/10) グルーネヴァルト-メイヤー方程式の時空マッピングへの応用 応用超数学ジャーナル, 12, 101-108
2. フェローズ,D,A.&ゴリス,J.D (1988/10/10) 差分クロノメーターのデータを使用した時空マッピングの改良 異常数学評論, 68(3), 15-22
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。