実験3: 探査ログ500-1-2, 0004
評価: +11+x

探査ログ500-1-2, 0004

機動部隊せ-1-2("責任倫理"-2)から回収された音声記録

記録開始: 20██/██/██ (01:15:04)

記録場所: ██県███市

アルファ-2: あー、こちら機動部隊せ-1の部隊長だ。当該オブジェクト内に入った。記録を開始する。それにしても暗いな、全員タクティカルライトを付けろ。

ブラボー-2: 了解……あれ、何で今まで付けてなかったんでしたっけ。まぁいいか……。

アルファ-2: 各自、小銃と拳銃の点検を開始。

[複数の金属音]

アルファ-2: よし。これより、このトンネルの出口へ向かう。

チャーリー-2: トンネルを出てすぐに引き返すんですよね?

アルファ-2: そうだ。ただ、引き返す前に、トンネルの出口にいる職員から改めて話があるそうだ。

チャーリー-2: なんの話ですかね。わざわざ情報を小出しにする意味がわからないんですが。

アルファ-2: あぁ、気にくわんな。

ブラボー-2: 部隊長。ええと、構成はどうします?

アルファ-2: チャーリーをトップに楔形陣形で移動する。

ブラボー-2: 了解、しんがりに自分が付きます。

[93秒間、部隊の歩く音だけを記録]

チャーリー-2: 汚いし臭いですね。

デルタ-2: ったく、これわざわざ機動部隊引っぱりだしてやる任務かよ。

ブラボー-2: ていうか何で俺たちは銃を携帯させられてるんだ? この任務にそんなに危険要素があるのか? 事前情報もあまりに少なすぎる。

アルファ-2: おい、もう少し静かにしろ。一応ここはオブジェクトの内部だ。

ブラボー-2: 了解です。すいません。

アルファ-2: 周辺警戒を怠るな。何か異常があれば報告しろ。

チャーリー-2: 了解しました。

[120秒間、会話なし]

ブラボー-2: 今のところ、少し長い普通のトンネルだな。

デルタ-2: 俺らにはありがたいことに、な。

アルファ-2: 本部、こちら機動部隊せ-1。今の所、目立った異常は見られない。オーバー。

本部: こちら本部。ええと、 機動部隊せ-1? あぁ、同じ周波数を使ってるのか。

アルファ-2: 本部。こちら、せ-1。何だ? どうかしたのか?

本部: いや、何でも無い。せ-1、こちら本部。了解した。調査を続行してくれ、アウト。

[アルファ-2の舌打ちと思われる音]

アルファ-2: しっかりしてくれ。

チャーリー-2: 待って下さい。向こうから誰か来ます。複数名の足音がします。

ブラボー-2: え? ここはもう封鎖してあるはずだろ……?

アルファ-2: 総員、出来るだけ離れて散開しろ。

ブラボー-2: 了解。

デルタ-2: ビビるな……ヒューマノイドか?

アルファ-2: 銃を構えろ。発砲準備。おい、カウンターサインを叫べ。

チャーリー-2: シエラ・チャーリー!

[かすかに向こうから、"パパ・フォックストロット"と叫ぶのが聞こえる]

デルタ-2: サイン合致を確認。くそ、なんだ味方か。どうやら同じく機動部隊みたいだな。

ブラボー-2: 向こうはなんでライトを付けてない……?

アルファ-2: よし、全員攻撃体勢を解け。こちらは機動部隊せ-1! そっちは何の—

[断続的な銃声。音声からは、この攻撃が一方的に行われていることがわかる。その後、01:24:32に音声記録装置の記録が終了される。]


機動部隊せ-1("責任倫理")の音声記録

補遺: 20██/██/██ (01:25:47)時点より複写

アルファ: 本部。こちら、機動部隊せ-1。我々の複製の処分を完了した。どうやら複数人が通っても複製されるみたいだな。オーバー。

本部: あー、せ-1。こちら本部、了解した。君たちはそのまま帰還してくれ。死体やその他の後片付けは我々に任せてくれ。

アルファ: すまないな。

本部: いやいや、こちらこそ。この性質のことを隠していてすまなかったな。

アルファ: いや、問題ない。ただ、トンネルの出口でその話をされた時は、流石に驚いたがな。

本部: それも君たちの安全のためだ。とにかく、ご苦労様。

アルファ: あぁ。では通信を終了する。せ-1、アウト。

デルタ: うわー、こいつ俺にそっくりだ。ここにある傷は今ついたやつかな?

アルファ: おい、死体に触れるな。とっとと帰還するぞ。

チャーリー: 了解です。

ブラボー: 本部の奴ら、無傷の銃器や装備は持ち帰るつもりだな。

アルファ: あー、こちら機動部隊せ-1の部隊長だ。SCP-500-JPが、複数の人物を複製できるかの調査……実験3の音声記録を終了する。

[記録終了]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。