要注意団体-CN

以下の情報は、中国本土の潜在的な要注意団体のリストです。他の要注意団体 と比較し、これらの組織はよりローカライズされており、そのほとんどが中国語以外の言語では連絡を取り合いません。したがって、これらは財団中国支部に限定して割り当てられています。


"銀河連邦"

宗教と空想科学の特性を融合させた、一般的な公共組織、及び一般的な宗教組織に類似した形式で運営される“カルト”です。独自の公開ウェブサイト(www.████████████.███)を有しており、同様に一般人に対して一部宣教師が布教を行っています。当該サイトには一般人によってインターネットを介して組織に関する情報を得ることも可能です。

現在、組織の信者は、無意識のうちに欺瞞ミーム効果を有したSCPオブジェクトを作成することがあります。そして、これらのSCPオブジェクトに関する知識は乏しく、無意識的に能力を行使することもあります。

組織の見かけ上の欠陥として、効果的に異常特性を持つ物品を使用することができず、時に制御不能となるなどして財団または地方自治体の法執行機関が対応するに余る問題を引き起こします。

組織の運営理念は、宇宙飛行士と仏教の融合を図る、という特徴付けがなされており、一見すると"ばかげた"教義に基いています。しかし、この不合理的な組み合わせの教義を根本として、依然新たなSCPオブジェクトを生成し続けています。

財団中国支部が当該組織にエージェントを送り込み、そこから提供された情報からは、組織内部で激しい競争を発生させるなどして競合する複数の派閥が発生しているものとして指摘されます。これらの複数の派閥の発生は組織の脅威を減らす事ができないだけではなく、これは財団の日々の業務に負担が発生するため、かえって財団が当該組織の核心に接触しづらくなります。

銀河連邦タグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。


クイヤン派

現在知られている情報として、組織は複雑な歴史的背景と超常的事象に関する非常に深い知識を有していることが推測されます。一般に、組織は小規模であり█名の固定メンバーで構成されていると考えられています。

組織は道教の流派の一種であると主張しています。メンバーは多くの場合中国の道教信者をイメージできる様相ですが、組織の宗教的アイデンティティは明らかにされておらず、深い風水、錬金術、古代中国の文化的な知識と茶道の文化を特徴として取り入れています。SCPオブジェクトとしては場所、建造物、書籍、錬金術に関連するアイテムの機能として主に関連しています。一部のデータでは、組織は恐らく重大な歴史的事件(中国の歴史以外の史実にも)に積極的に関連していることが示されています。

その組織から得られる情報は非常に高い価値を持っていますが、情報取得時にとても古いメッセージを残します。財団職員はメンバー及びメッセージに接触後には速やかに財団の分析担当者へ報告書を提出しなければなりません。これらのメッセージを独断で解析することは禁止されます。また、組織メンバーは「神隠し」と呼ばれる移動方法を用いるため、メンバーの確保の際に準備が不充分である場合は行動は推奨されません。

現在、当該組織の本部は怒江山に位置すると推測されています。位置しています。

クイヤン派タグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。


聖クリスティーナ学院(St.Christina College)

聖クリスティーナ学院、通称C.C.は、超自然的な異常物品を回収している大規模な中等教育機関です。当組織は、香港に存在する中等教育学校のプロフィールで教育省に登録され、ごく標準的な入学手続きとその他の方法を通じて学生の入学を募集していると説明されています。コンテンツの一部の概要には、聖クリスティーナ学院は香港九龍城で1952年に設立され、1991年に香港の沙田区に新校舎を構えて移転しました。しかし、財団の調査の結果、組織の施設が存在するという情報や証拠は未だ発見されていません。現在入手可能な情報に基づいて推測するに、校舎は異常空間上に配置されているものであるとされます。

C.C.は、彼らが未知の方法を用いて異常物品を収集、それらを学内でのカリキュラムや課外活動で使用し、「社会で最も傑出した柱を育成するため、最も先進的な資源を使う」事を理念として置いています。幾つかのデータから、組織の教育内容は、全て既知の中等教育のカリキュラムとは大幅に乖離しており、異常なアイテムの生成や、アイテムに関連する使用方法を教示するといった内容となっています。C.C.の関係するSCPオブジェクトの大半は、これらの教育に必要な教材として送られたものとなっており、またこれらの組織の学生の生成した作品らにSCP-CN-050などがあります。

C.C.の創設者の1人は"校長"を名乗る未確認の人物であり、現在回収されている通信文書などから知る限り、組織内での教員及び学生は全て、彼に対して熱狂的な崇拝を行っているものとされます。

既知の情報からは、C.C.の卒業生は財団を含む超常的事象に携わる様々な機関へ目指します。財団はこれらの人物に対し細心の注意を払うべきであり、C.C.卒業後に財団に雇用された職員は、常時監視状態に置かれます。

CCタグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。


中華異学会

中華異学会、あるいは中華異常事物現象学会は、財団が中国国内で活動するまで存在していた国内最大の超自然的現象研究機関でした。中華異学会から回収された文書には、学会の歴史は唐時代にまで遡り、当時は時の統治者や高位の学者などを率いて構成され、そして別の統治者間に学会は継承されていったとされています。しかし、秦と漢王朝時代のものである文献を修復し参照したところ、始皇帝の統治中に同様の組織が存在しており、漢王朝による"儒教の支配"のためにそれらは取り締まられていたことを示しています。

異学会は、中国のSCPオブジェクトに関して非常に詳細に記された"竹簡1"という、[データ削除済]に類似した文書を有していました。異学会所属の学者は、発見された異常オブジェクトの収容を執り行うため"竹簡"記述されている異常オブジェクト管理手順に基いて取り扱います。それ以外にも、学会は研究用途のために収容し、実験を試みます。中国の歴史上における幾つかの重要な事件や、中国国内で伝えられる民間伝承の一部などにも中華異学会が直接ないし間接的に関係しています。

清の時代における満州統治者は異学会の活動理念に対して消極的あるいは否定的な態度を取っていたために、"竹簡"に記録されていた異常オブジェクトの数も大幅に減少し、それに相まって異学会は急速に衰退しました。財団はその頃、中国国内に支部を設立し、中華異学会に正式に接触するまでの間、残った多くの"竹簡"とその関連文献の多くは学会の少数のメンバーが保有していました。後に残った異学会のメンバーの多くは財団により吸収され、"竹簡"や関連文献は[データ削除済]研究目的のために保管されました。

その歴史的性質のため、中華異学会の残した文書は主に古典的な中国語体系の記述として記録されています。これらの文書の内容を文語体を中心として再記述する上で、解読のために学会の元メンバーに提出されるべきです。

異学会タグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。


"05議会"

この組織を構成している個人については殆どが不明であり、財団に対して強い敵対性を有し、その高い割合でSCPインシデントを発生させる可能性が非常に高い事が認められています。その敵意は主として財団に対して向けられています。

この組織は、財団データベース内に直接侵入し、その内容を改竄する能力を有しているものと思われます。実際に、"05議会"の名称は、「05-アルファベット」として発言されるメッセージを関連する全てのSCP報告書内に残し、そのスタイルはO5レベルの権限保持職員の指示を模倣したものとなっています。

他の者は謎である事を維持することを求めますが、それではO5のようになってしまいます。最終的に我々は、我々の存在が全ての物語において必要であるのだということを思い知らせます(私の主張において)。少なくとも我々はあなたの影/パラレルコピー/錯覚/概念/原点であり、あなたのターミネーター/ディスティネーション/グレーブジーカー/永遠の敵とも言えるでしょう。
物語は合理的かつ鮮明でなければならないということです。次のお話を待っておいてください。
- 05-T、この"T"は"真実"の意。

05タグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。