要注意団体-CN

要 注 意 団 体 - C N


ファイル概要:以下の情報は、中国本土の潜在的な要注意団体のリストです。他の要注意団体と比較し、これらの組織はよりローカライズされており、そのほとんどが中国語以外の言語では連絡を取り合いません。したがって、これらは財団中国支部に限定して割り当てられています。


"銀河連邦"

概要: 宗教と空想科学の要素を融合させた伝播性の組織です。独自の公開ウェブサイト(www.████████████.███)を有しており、あらゆる人間がインターネットを通じて銀河連邦に関する情報を入手することが可能です。銀河連邦は大衆の間でカルトに類似した評価を受けており、実際、銀河連邦は一般的なカルトと同様の方法で布教活動を行います。

現在、銀河連邦の信者間にはハニカム構造的な意識の繋がりが構築されていると考えられており、彼らは無意識の内に欺瞞的なミーム効果を有したアノマリーを作成することがあります。

銀河連邦は財団や当局の法執行に対抗できる手段を欠いており、自分達の超常的な特性を有効利用することもできませんが、彼らが手に入れたオブジェクトが時々制御不能に陥り、厄介な問題を引き起こすことがあります。

組織の運営理念は、宇宙航行等の空想科学と仏教の強制的な融合を図るというものであり、一見すると"ばかげた"教義であるように見えます。しかし、この不合理的な組み合わせの教義を根本として、彼らは依然新たなアノマリーを生成し続けています。

財団中国支部が銀河連邦に送り込んだエージェントによると、組織内部では複数の派閥が発生しており、激しい対立が引き起こされています。これらの派閥対立は銀河連邦の脅威を一向に減少させないばかりか、財団の日々の業務にまで負担を生じさせるため、かえって財団が銀河連邦の核心に迫り難くしています。

銀河連邦のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

クイヤン派

概要: 現在知られている情報によると、クイヤン派(岿陽派)は複雑な歴史的背景を持ち、超常的な事象に関する知識に精通しています。一般に、クイヤン派の組織は小規模であり、█名の固定メンバーで構成されていると考えられています。

クイヤン派は自身のことを道教の宗派の一つであると主張しています。メンバーは多くの場合、中国の道教信者を彷彿とさせる姿をとっていますが、組織の宗教的アイデンティティは明らかにされておらず、代わりに風水や錬丹術、古代中国文化に対する深い知識と茶道の文化を特徴として取り入れています。SCPオブジェクトの中では特殊な場所、建造物、書籍、錬丹術に関連するアイテムと主に関連しています。一部のデータでは、いくつかの重大な歴史的事件(中国史に限らず)において、クイヤン派が積極的に関与していることが示唆されています。

クイヤン派から得られる情報は信頼性があり、非常に高い価値を有していると一般的に認識されています。しかし、彼らが古めかしく難解な駢体文を用いて情報を書き残すという点を考慮すると、財団職員はクイヤン派のメンバー及び情報にコンタクトした場合、速やかに財団の専門グループへとレポートを提出した後で解析しなければなりません。これらの駢体文に独断で解釈を追記することは禁止されます。また、クイヤン派のメンバーは「神隠し」や姿をくらますことに長けているため、準備が整っていない状況下においてメンバーを確保する試みは推奨されません。

クイヤン派はかつて、怒江山の人里離れた渓谷に本拠地を置いていたと推測されています。いました。

クイヤン派のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

聖クリスティーナ学院(St. Christina College)

St_Christina_College.jpg

概要: 聖クリスティーナ学院、略称C.C.は、超自然的な異常物品を無数に収蔵している中等教育機関です。当組織はかつて、香港教育局が発行する中等教育学校のプロフィールに登録されており、ごく標準的な入学手続きとその他の方法を通じて学生を募集していると説明されていました。プロフィールの概要によれば、聖クリスティーナ学院は香港九龍城において1952年に設立され、1991年に香港の沙田区にある新キャンパスへと移転したとされています。しかし、財団は未だにC.C.の校舎が存在する証拠を入手できていません。現有の情報に基づいて推測すると、校舎は異常空間上に配置されているものと考えられています。

C.C.は「社会に通用する優れた人材を養成するため、最先端の資源を用いる」ことを理念としています。そのため、彼らは未知の方法を用いて異常物品を収集し、学内でのカリキュラムや課外活動で使用します。幾つかのデータからは、組織のあらゆる教育内容は既知の中等教育のカリキュラムから大幅に乖離しており、異常なアイテムの生成や、アイテムの使用方法を教示するといった内容であることが示されています。C.C.が関わるSCPオブジェクトの大半は教材として送られたものや、C.C.の在校生が制作したSCP-CN-050SCP-CN-009などの作品で占められています。

C.C.の創設者は"校長"と呼称される不明な人物であり、回収されている通信文書などから考えるに、組織内での教員及び学生は全て、彼に対して熱狂的な崇拝を行っているものとされます。

既知の情報によると、C.C.を卒業した学生の多くが、財団を含む世界各地の超常的事象に携わる組織に加入しています。財団はC.C.を卒業した職員に対し細心の注意を払い、必要な監視措置を秘密裏に講じなければなりません。

CCのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

中華異学会

1605yk3.jpg

概要: 中華異学会、あるいは中華異常事物現象学会は、財団が中国国内で活動するまで存在していた国内最大の超自然的現象研究機関でした。中華異学会から回収された文書によれば、学会の歴史は晋から唐代の間まで遡ります。当時、異学会は統治者に率いられた高位の学者らによって構成されており、異なる統治者に渡って継承され続けたとされます。しかし、秦や漢王朝時代の古墳から回収された文献では、始皇帝の統治中には既に類似した組織が存在しており、漢王朝による"儒教の支配"のため、取り締まりの対象にされていたことが示されています。

異学会は、中国のSCPオブジェクトに関して非常に詳細に記された"竹簡1"という、[データ削除済]に類似した文書を有していました。異学会所属の学者は通常、"竹簡"に記述されている内容に基いて、発見したアノマリーを収容します。学会はアノマリーを収容する以外に、研究に対するアノマリーの応用も試みました。中国の歴史上における幾つかの重要な事件や、中国国内で伝えられる民間伝承の一部などにおいても、中華異学会は直接ないし間接的に関係しています。

清代、満州族の統治者が異学会の活動理念に対し、消極的あるいは否定的な態度を取っていたこと、また"竹簡"で発見されるアノマリーの数が急激に減少したことが異学会の研究に多大な悪影響を及ぼし、組織は急速な衰退を強いられました。財団が中国国内に支部を設立し、中華異学会に正式に接触した時、異学会には効力を失った”竹簡”と少数のメンバー、大量の関連文献だけが残されていました。その後、残存メンバーの多くは財団により吸収され、関連文献は研究目的としてアーカイブ化されました。"竹簡"は[データ削除済]。

その歴史的性質のため、中華異学会の残した文書は主に中国の古典的な文章語によって記録されています。これらの文献は解読のため、学会の元メンバーに提出しなければなりません。

異学会のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

"05議会"

概要: 05という組織/個人についての情報はほとんど知られていませんが、彼らは財団に対して並々ならぬ敵意を持っており、異常な事件を頻繁に引き起こしていることが明らかとなっています。

この組織は、財団データベース内に直接侵入し、その内容を改竄する能力を有しているものと思われます。事実、"05議会"の名称は、当該組織が関与したあらゆるオブジェクトの報告書内に残されたメッセージを元に名付けられました。05のメッセージには「05-(アルファベット1文字)」という署名がなされており、その書式はO5レベルの権限を保持する職員の命令を模倣したものとなっています。

他のメンバーはO5により近づくために、ミステリアスさを堅持するよう求めました。しかし最終的には(私が粘ったおかげでもありますが)、我々の存在があらゆる物語に必須なものであることを共通認識とすることで、我々の考えは一致しました。現時点で我々は、少なくとも君たちの陰影/パラレルコピー/幻想/理念の原点であると言えますが、やがては君たちのターミネーター/帰着点/墓掘り人/永遠の敵となる日が来るかもしれません。
物語は合理的かつ鮮やかでなければならないのです。次のプロットにご期待ください。
- 05-T、この"T"は"Truth真実"の意。

05のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

OBメディア

OB_LOGO.png

概要: OBメディアは異常な性質を持つメディアまたは通信販売会社です。財団がOBメディアの関係者に直接遭遇した記録はないものの、現在収容しているOBメディア関連のオブジェクトから推測するに、この組織は新規顧客の開拓や収益拡大のためにアノマリーを利用しています。しかし、企業自体はアノマリーを生産するような巨大組織ではないと見られています。

OBメディアは多元宇宙に跨って活動する「次元超越性」を有しており、複数の意思決定者/取締役が存在していると見られます。意思決定者の姿勢は組織の方針と一致しておらず、かつては組織自身の呼称すらもバラバラでした。財団が当該組織について説明する際は便宜的に「OBメディア」表記で統一しています。

財団が把握している情報から判断すると、OBメディアの意思決定者達は異なる次元から来た異常実体によって組織されていると考えられます。組織の実態解明には更なる研究が必要です。

OBメディア関連の既知のオブジェクトは多かれ少なかれ、人類に対して悪意があるものとなっています。これが物品のPRを目的として、作為的なミスにより引き起こされたのか、それとも他の目的があるのかどうかについては、未だ明らかになっていません。しかし、OBメディア関連のオブジェクトには風刺や娯楽的な意図が見られるのは確かです。

OBメディアのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

レターズ・エンターテイメント

IMG_9678.PNG

概要:レターズ・エンターテイメントはゲームを制作している組織で、その事業範囲はPC・コンソール・アーケード・携帯・モバイル・アナログなど多数のプラットフォームをカバーしています。

当組織が制作した異常物品は通常、人間に悪影響を及ぼしませんが、ゲーム制作に対する特異な理念とその異常性質から、時に深刻な事態を引き起こす可能性を有しています。

当組織のオブジェクトは特定の状況下における収容の支援に極めて効果的である可能性があります。これを受け、レターズ・エンターテイメント製品を購入し、機動部隊の任務に利用できるようにする提案が議会に提出されています。

当組織は多くの独立したゲームスタジオを擁していますが、各スタジオのゲーム理念は皆一様であるとは限らず、総じて一定以上の差異が見られます。レターズ・エンターテイメント製品に共通する特徴は、現実に何らかの影響を及ぼす点にあります。

既知の情報によると、各ゲームスタジオ間の仲は良いものとは言えず、過去には”悪意のある競争”が勃発したケースも見られました。

レターズ・エンターテイメントのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

袖まくり倶楽部

概要: 袖まくり倶楽部は公益団体もしくは犯罪ツールの販売業者として対外的に偽装された緩やかな組織です。
メンバーの主要構成や人数は未だ不明瞭です。当組織は自身に対する外部の認識を誘導し、かつ内部にて紛争が起こっていると意図的に誤解させていることが知られています。現在収容されている当組織関連のオブジェクトの多くは、取引等の手段で一般社会に流通した異常な物品や、メンバーが特定の事物を元にして作り出した人体に影響を与えるタイプのアノマリーです。

袖まくり倶楽部は異常な手段を利用して、犯罪といった違法性のある行為を過激かつ惨忍な方式で制裁しようと試みます。フィールドエージェントからもたらされた情報によると、当組織の主要な拠点は中国内の特異なコミュニティに所在しています。メンバー同士はネットワークチャンネルを通して連絡を取っており、メンバーを識別できる共通の特徴は存在しません。他の要注意団体から入手したいくつかの資料は、袖まくり倶楽部はアジア地区の一部の要注意団体と密接な関係を持っており、他の要注意団体が当組織にリソースを提供していたり、当組織のメンバーが他の要注意団体の出身である可能性を排除できないことを示しています。

袖まくり倶楽部の倫理面における問題のために、特異社会にいる各メンバーやグループは皆異なる方針を有しています。当組織の様々な活動に関する話題は、しばしば論争のタネとなっています。特異社会には当組織に関する2種類の噂が流れています:①当組織は”暴力を以て暴力を制す”ことをレクリエーション活動として利用するプライベートクラブであり、共通の目標と嗜好を持つ人間を集め、彼らの影響を受けた犯罪者を尊大な態度で観察し、愉悦に浸っている:②当組織の正体は特異社会で暮らす青少年が組織した風変わりな「公益団体」であり、未成熟かつ現実的な道徳観念に欠けているため、犯罪分子に対する暴力的制裁という方式で、彼らの望む「公益目標」を成し遂げようとしている:これらの情報は捏造された要素を孕んでいる可能性があり、彼らがこれらのイメージを意図的に提示している可能性もまた排除できません。今の所、当組織の究極/真の目的が何であるのかは未だ明確ではありません。

袖まくり倶楽部のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

ECO出版社

eco.png

概要: ECO出版社は並行世界の出版会社です。一般的な情報媒体(紙やディスク、レコード等)を利用して、異常な物品を生産する能力を有しています。時空的な問題から、財団はECO出版社が属する世界の文化風俗、地理環境、空間構造等の情報に関して、殆ど知り得ていないのが現状です。ECO出版社も同様に、財団が所在する宇宙に対して、信頼できる観測手段を欠いており、特定の物品を通してのみ、限られた範囲での観測を可能にしているようです。

ECO出版社は中国語をコミュニケーションの主体としています。一部の構成員は熟練した英語や漢文を行使することが可能であり、財団宇宙における同名の言語と比べても、言語学的な差異は見られません。実験および交流ログの内容から、ECO出版社の宇宙は財団宇宙とほぼ同一の歴史プロセスを経ていることが判明していますが、歴史の乖離度を確認することはできていません。

当組織によって生産された製品が持つ異常性の大部分は、肉体に直接的な損傷を与えるものではありません。また、その殆どが強い精神影響作用を伴っているものの、通常、これらの作用が人員の死傷を招くことはありません。現在入手している情報によると、ECO出版社は財団宇宙との敵対を望んでおらず、むしろ探究しようとする意思を示しているほか、財団が接触した他の並行世界に対しても、強い興味を抱いています。

また、並行世界に対するECO出版社の探究欲を鑑みるに、当組織は並行世界の産物を数多く所有している可能性があります。

ECO出版社のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

fixedflowerslogo.png

修正花卉

概要: 修正花卉(フィクスド・フラワーズ)は、現代の社会や道徳/気風を異常な手段をもって改めようとする組織です。組織内は比較的厳密であり、社会世論と情報の機密性を重視しています。

当組織が創造するアノマリーは通常、植物系のアノマリーであり、一部には異なる程度のミーム作用や認識災害が含まれています。

修正花卉は創り出したアノマリーを不定期にランダムな都市/地区に投入します。また、アノマリーには通常、1枚のメッセージカードが付随しています。既知の情報から、修正花卉は中国国内で既に███年近くに渡って活動を続けており、財団中国支部よりも先んじて存在していたとみられています。

修正花卉の内部構造は非常に複雑であり、機密保持のレベルも財団に匹敵するものとなっています。現有の資料によると、組織内の階級は「花匠」「門衛」「修正要員」の3つが存在しており、このうち「花匠」はO5議会の職位に相当します。情報を分析した所、修正花卉における各花匠は、総じて異常な能力を有しているか、異常な物品を創り出す技術を備えています。また、花匠のうち数人は、しばしば公衆の前に姿を現すことがあります。財団は彼らに対する追跡/調査を試みているものの、価値ある情報は入手できていないのが現状です。

現在、修正花卉の内部では「プランター」と「ガーデナー」の2派閥が形成されています。両派閥の行動様式や創り出すアノマリー、”社会の変え方”にはいくつかの異なる点が見られるものの、両派閥は互いに敵対しておらず、しばしば協調することさえあります。外部の敵対勢力に対しては、両派閥は一致団結して対処にあたります。

修正花卉が創り出した大部分のアノマリーは、深刻な社会的脅威性を孕んでおらず、Keterクラスのアノマリーについても、発見されたことは滅多にありません。これらを踏まえて、財団は現在、修正花卉に対する調査/対処任務の優先度をレベル3に格下げしています。しかし、当組織の動向には引き続き警戒が必要であり、内部を究明するため、メンバーを逮捕したり、拠点を破壊することが推奨されています。

修正花卉のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

SPI

RICPI%20image.png

概要: SPI(Schistosoma Protect Institute,住血吸虫保護協会)は「無視されし希少生物の保護」を基本方針とする環境テロ組織です。当組織の主張では、異常生物も非異常生物も皆、地球生態系の一翼を担っているものだとしています。既知の情報によると、当組織はいくつかの組織の連合体である可能性があり、これらの組織には「聖・血石園」「リクピー生物養殖センター」「RICPI(Rare Ignore Creature Protect Institute、無視されし希少生物の保護協会)」「郯廬タンルー大学」、そしてSPIを含みます。このうち、最も活動的な組織はRICPIであり、財団が収容する多数の異常生物と関連を有しています。財団による死体解剖の結果、構成員の体内には平均で██種類の寄生虫が存在することが判明しています。そのうち30%が滅多に記録されない希少種で、残りの70%はこれまで未発見の新種でした。この特徴は、財団がSPIのスパイを識別する手段に用いられています。

現在、SPIの管轄下から回収した異常物品は、当組織が「異常生物」の収容や「生物保護区」の建設に使用したものであり、そのうち一部の異常物品については、当組織が未知の手段によって財団のフロント企業や収容サイトに送ってきたものです。財団内部にSPIの工作員が潜伏している可能性があるため、職員は警戒しなければなりません。

財団とSPIの間で勃発した全ての衝突は、悪影響を及ぼしていないアノマリーに対し、財団が自主的な収容を試みた際に発生しています。一方、アノマリーが悪影響を及ぼした場合、SPIのメンバーは財団職員と協力して収容を実施することがあります。

情報によると、SPIの構成組織とみなされている組織群は、実際にはSPIの付属部門である可能性があります。しかし、SPI内部の特殊な管理制度や情報管理能力が原因で、推測は現在もなお立証できていません。

SPIのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

The Doctor

概要: The Doctorは異常医学を主要な研究テーマとしている組織/個人です。既知の資料によると、彼らには確固とした目標/信仰が存在するとされます。収集した全ての関連情報から見るに、構成員は”行医一生、救人万世(医者は生涯を通じて、人を救い続けなければならない)”というスローガンについて、強い熱意を抱いているようです。The Doctorの目標は主に、異常な手段を通じて、永久的に人類の為となる・時代に埋もれることのない医療技術を開発し、人々を永続的に支援することにあります。The Doctorの作り出したアノマリーには、高度に専門化された技術が用いられており、構成員は主に医療技術者や医療研究者の間に分布していると推測されています。また、上流社会にも一定数の構成員が存在する可能性があります。

現在に至るまで、財団は当組織の所在地および構成員間の連絡手段を突き止められていません。しかし、確実な情報として、構成員は内部ネットワークを通じて、研究成果の共有を図っています。その一方で、彼らはお互いの研究に干渉することはありません。また、構成員は加入の意志を示した新人に対してサポートを実施しており、その研究に対しては経済的・技術的な支援を提供しています。

The Doctorの構成員が”The Doctor”名義でリリースしている研究成果からは、極めて高い自尊心と厳粛な態度が見受けられます。彼らは自身が追求する水準に達さない、失敗した研究を受け入れられず、自主的に研究の後始末をつけようとします。組織の秘匿性を保証するため、The Doctorの構成員は研究成果を外部に公表しようとはしないものの、興味を示す個人に対しては、喜んでその成果を紹介しようとします。

The Doctorは数多ある要注意団体に対して、滅多に興味を示しません。しかし、特筆すべき点として、サーキック・カルトに対しては強烈な嫌悪感を示しており、彼らを滅ぼすため、取引の形で財団に医療技術を提供することさえあります。

今の所、The Doctorの起源は不明ですが、各地の神話・伝説において同様の組織が度々述べられていることが判明しています。また、著名な構成員としては、ウイリアム・ハーベー2やアンドレアス・ヴェサリウス3などが挙げられます。SCP-CN-214の存在を考慮して、中国支部では現在、国内に残る医学関連の神話に対する厳格な調査を実施しています。

The Doctorのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。