要注意団体-ES

財団だけが、超常現象、形而上学に興味を持ち、投資を行う団体ではない。他にも、私利私欲のためか、あるいは人類を守るために、SCPを所有、使用、製作するグループが存在するのである。その一部はライバル組織であり、一部は財団からの分派であり、一部は財団が信頼する仲間である。いずれにせよ、財団が知る各団体に関する概要(と、それに対するスタンス)を作成し、配布する必要があると判断された。

人類精神再生の為のアンタレス協会

人類精神再生の為のアンタレス協会は、財団スペイン支部によって発見された要注意団体であり、秘密主義者の研究のための隠れ蓑として設立されたフリーメイソンリーと同様の特徴を持つ組織です。クローディン・オパーリン氏によって1953年に設立されたこの秘密結社は、"グランド・マスター"の存在、知性、または物理的な行動によって、人類の新しい"黄金時代"への人道的な誘導を行い、すべての人種、貧困、男女的な差別や偏見が完全に失われると信じています。SA(アンタレス協会)は、特定のSCPオブジェクトがSCP-ES-011SCP-ES-051等の場合と同様、これらの"高度な知性"と接触を行う手段であると考えられています。SAは様々な手段を用いて、これらのSCPオブジェクトを入手しようとします。その手段として(購入ルートなどを用いる)金銭的なもの、あるいは強盗、誘拐や恫喝等を各種メディアを通じて積極的に行います。

そのメンバーはあらゆる出身、職業、国籍から構成されていますが、一定レベルの研究、神秘主義への関心、そして世界各国の現状の現状と明確な不一致が共通して見受けられます。

アンタレス協会はカオス・インサージェンシーやマーシャルカーター&ダーク株式会社との良好な関係を維持しており、それらの間で様々なSCPオブジェクトを取引し、壊れた神の教会との緊密な関係性を築き、積極的に財団に対しての攻撃的な姿勢を向けています(参照: Incidente SA-L65235)他の要注意団体との関係性の性質は現在において無視されています。

アンタレス協会タグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。