要注意団体-FR

財団だけが、超常現象、形而上学に興味を持ち、投資を行う団体ではない。他にも、私利私欲のためか、あるいは人類を守るために、SCPを所有、使用、製作するグループが存在するのである。その一部はライバル組織であり、一部は財団からの分派であり、一部は財団が信頼する仲間である。いずれにせよ、財団が知る各団体に関する概要(と、それに対するスタンス)を作成し、配布する必要があると判断された。

リュミエール騎士団

タグ : Ordre-de-la-lumière
情報 : リュミエール騎士団は、おそらく財団が把握している中でも最古の要注意団体です。1224年に創立され、12世紀にユーグ・ド・ペインズによって創設されたテンプル騎士団から直接由来しており、軍事目的のために異常オブジェクトやエンティティを秘密裏に使用しようとしています。この支部の存在はそれまで判明していませんでしたが、1305年の秋までメンバーによって秘匿されていました。

全オーダーが教皇によって解散されたその後、この支部に所属するテンプル家の生き残りは、リュミエール騎士団のルネッサンスと後継者の決定を可能にするために統合されました。これらについての多くは憶測であるにも関わらず、この組織は常に世界からその行動を隠蔽し、こんにちまで数世紀に渡り活動し続けることを可能にしました。現在、Q.G.はフランスに位置しており、「司令塔」を通じて東アジアの無数の連絡先と情報を継続的に情報交換を行っています。石油や宝石などのような貴重な資源を奪う事は、オーダーに対して莫大な利益を生み出します。その結果、武装と介入の重要な手段を持っています。これは組織のすべての面において浸透しています。

この組織は、特にSCPという疑いのある最も影響力と意思決定権を持つメンバーを含みます。彼らの示す脅威の規模を把握する作業はアルファレベルの優先事項です。

リュミエール騎士団は、これまでに財団と対立が発生することもなく、協力・敵対の意思を表明していません。しかし、メンバーであると疑われる人物は評議会への報告の上、機動部隊オメガ-1エイリアス"神聖なる芳香"によって監視が行われる必要があります。

この要注意団体から保護/取得されたSCPオブジェクトは、最新の注意を払い処理する必要があります。

リュミエール騎士団タグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。


神秘主義終焉のための無神論者協会(SAPHIR)

タグ : Saphir
情報 : SAPHIRとしてよく知られている神秘主義終焉のための無神論者協会は、ヨーロッパに広く分布している過激な無神論者のグループです。そのメンバーの大半が識別の困難な国際的ネットワークに属している科学界のメンバーです。彼らはSCPオブジェクト(彼らは"シンギュラリティ"と呼称します)を、迷信と宗教的不信感を煽るために使用し、また科学的思考と合理主義への脅威として扱います。彼らの方針は、SCPの系統的破壊とその使用を交互に行い、宗教を標的にして世界的に攻撃を仕掛けます。

SAPHIRの行った攻撃は、主として民間人に対しての多大な影響を及ぼすため、各攻撃に対しての重要な隠蔽プロトコルが実行される必要があります。機動部隊オメガ-5"宝石"は、これらの攻撃を追跡、防止、またそれが不可能な場合に偽装工作を行うために特別に設置されました。

SAPHIRは、それが正常か異常かにかかわらず、あらゆる形態のカルト組織と常に競合しています。科学界へも多数のコンタクトを持っており、財団の一部の研究者らが侵入者であるということも判明しました。SAPHIRは財団と財団の目的を尊重していますが、SCPの収容理念には同意せず、個人的な関心のために財団が収容したSCPを破壊または修復させようとし、その後に既にそれらのスパイのうち幾つかの者は確保されました。

SAPHIRから侵入されたエージェントは当財団の運営及び将来的な危険性を考慮し、啓発と確保、尋問を行わなければなりません。

SAPHIRタグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。