要注意団体-PL

財団だけが、超常現象、形而上学に興味を持ち、投資を行う団体ではない。他にも、私利私欲のためか、あるいは人類を守るために、SCPを所有、使用、製作するグループが存在するのである。その一部はライバル組織であり、一部は財団からの分派であり、一部は財団が信頼する仲間である。いずれにせよ、財団が知る各団体に関する概要(と、それに対するスタンス)を作成し、配布する必要があると判断された。

WWW

本団体は未調査段階です。
これまでの全ての侵入の試みは失敗しました。
この団体は、SCP財団と同じ目的を持っています。
本団体は██ ████を担当し、SCPのデータストレージにハッキング攻撃を仕掛ける疑いがあります。
本団体は、SCP-PL-███やSCP-███等の収容を引き継ぐ████████の預託物に攻撃を行った可能性があります。攻撃中、██の団体のメンバー全員が死亡しましたが、確保されることを避けるため生存者16名は自殺させられました。攻撃中に団体全体が崩壊する可能性は否定されています。
優先度: POJMAĆ グループメンバー WWW.

WWWのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。


有限会社荘厳住宅

異常性を持った危険な日用品の生産に専念し、公共にそれを流通させる団体です。ユーザーの生活の質を向上させるためにオブジェクトを生成しますが、信頼性が低く不適切である場合が多くあります。その原理は未知のものであり、目標となるものや生産手法も把握されていません。荘厳住宅は2006年のSCP-PL-███-Zの収容の際に、初めて財団によって発見されました。

現在、当該団体の構成情報を研究し、可能な限りすべての情報を入手できるよう尽力されています。広範囲な活動を行うため、製品及び製品請負業者を捕捉することに重点を置かれています。これらは如何なる場所にも登録されていないため、有限会社やその他の業務形態の企業では無いことに注意してください。運営に必要な資産を得る収入源や雇用形態については判明していません。当該団体の活動は国外では見られませんでした(それらの試みは財団によって中止されました)。

荘厳住宅のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。


A.R.G.U.S.株式会社

"未定義を専門とする自律偵察グループ(Autonomic Recon Group with Undefined Specialization)"の接頭語です。訓練された兵士や、重甲軍事装備、民兵の訓練、強力な薬物と向精神薬の製造を行う、機密民間軍事企業です。頻繁に偵察やゲリラ活動の命令を受け取りますが、より大規模で有名な紛争へ参加するケースも有りました。当該団体の歴史と顧客の個人情報は不明です。

アーガス社は民間人を虐殺する上で、虐殺行為のためしばしば当局との衝突が発生することもあります。

同社は未知の送信元から軍事利用のために非常に危険な異常存在が受け取られています。一般的に、彼らは戦場で優位性を達成するのに役立つだけでなく、他を破壊することもあります。異常存在は同社によって生成されておらず、それの正確な個体数及び脅威度は未知数です。財団によって収容されたオブジェクトの殆どは、ゾーン13、███████(ポーランド)に位置するかつての複合施設から来ています。

暫定的に"クリエイター"と呼称される未知の団体と常に衝突しています。彼等は、ポーランドの複合研究施設を買収した後、活動範囲を縮小させました。リスクの可能性が高いため、財団の監視下に置かれています。

アーガスのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。


ショパン・カルト

ジェラゾワ・ヴォラでアンソニー・ブコウスキによって19██年に結成されたカルトです。このカルトは異常性のあるコンサートを主催しています。彼らは████人の民間人に対する██件の異常性発現に関与しています。

カルトの目的は「偉大な作曲家の仕事を続けること」です。収集された情報によると、カルトのメンバーは年に1度、決まった場所に集まり、フレデリック・ショパンを召喚しようとしています。ショパンの作品を再現するのに最も近いと思われる信者は、不治の病という形で「神からの贈り物」を受け取ります。

次のセレモニーの時間と場所を知るために、カルト構成員の捕縛が推奨されています。ピアノコンサートに関する情報はすべてカルトの異常コンサートとして扱われます。

ショパン・カルトのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。


ポーランド特異茸狩協会 (PZGA)

当組織が結成されたのはおそらく17世紀後期か19世紀初期で、異常なキノコやその派生物の広範な採集、加工、取引を扱っています。現在の推定メンバー数は███名です。

協会は主にポーランド南部で活動しているようであり、特に最も重要な取引が行われているマウォポルスカ県、スバルパタン県、シレシアン県、シフィェントクルジスキエ県などで活動しています。この団体の主な収益源は、異常なキノコとその産物、すなわち精神活性物質と生物兵器の取引です。そのような取引を発見した場合、機動部隊を現場に送ることになっています。

およそ3カ月に1度、協会は大量の異常キノコを集めるためにキノコ狩り大会を開催していますが、その正確なルールは不明です。大会の終了後、収穫物を持ち帰る「収穫祭」が行われます。最も多くのキノコを収穫できた人々は、PZGAから雇用の申し出を受けます。また、この組織は、真菌学の経歴を持つスタッフを雇用しており、そのほとんどはポーランド菌学会のメンバーから採用されています。

pzgaのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。