ハービンジャー
評価: +4+x

O5-2は外科マスクの位置を気にしながら、慎重に顔につけた。マスクのちぎり捨てる部分は取り払って、口と鼻がしっかりと覆われていることを確認し、身を屈めて、黒のパンプスを脱いで、無菌スリッパに履き替えた。彼女の横のテーブルには手袋と、使い捨ての手術帽が置かれていた。

「4000歳の老人に接触するために、本当にここまでのプロトコルが必要なのでしょうか?」
新しい靴を不服な面持ちで見下ろし、監督官は言った。

「今の今になって、プロトコルにご不満が?」
チャン博士は眼鏡を直し上げて、タブレットに目をやった。
「この期に及んで。一体全体どうしようとお思いでいらっしゃるのかな?あなた方は、私共と別世界にお住まいでいらっしゃる。そのために、存在隔離施設β(Existential Isolation Facility Beta)は設計されたのでございましょう。」
O5-2は長い銀髪を手術帽の中に押し込んで、結び紐を頭の方から、保護ガーメント服の中に押しやった。

「監督官の方が、こちらにお越しになるなど、あり得ない筈ですが。どうしてこの日に限って、その制限が解除されているのやら、この私が伺ってもよろしいのでしょうか?」

「いいえ。聞くべきではありません。」
ゴム手袋をはめながら、発言を強調するがごとく、ぴしゃりと手袋を鳴らした。
「そして禁則事項です。」

監督官が用意している間、彼女とサイト局長の間には沈黙の時間が流れた。局長のタブレットから、なまったチャイムの音がなり、緑のアイコンが点滅をした。被験者の準備が完了したのだった。チャン博士は報せようとしたが、O5-2が代わりに喋った。

「記録装置は禁止します。他の一切を使用しないでください。」
O5-2がセキュリティ・パスを手にとって、密閉扉の読み取り装置に当てた。カードの認証が済むと、扉のラッチがなり、扉の前後の気圧差を埋めるように風が流れた。

彼女は最後にもう一度、チャン博士を見た。
「私はここにいなかった。わかりましたか?」

サイト局長は頷いた。O5-2は通知を待つこともせず、本室の中に進んで行った。

二つ目の扉は、通り抜けると勝手に閉鎖された。彼女の目の前の病院ベッドには男性が横たわっていた。それを中心に膨大な量のチューブ、ワイヤが繋がれており、また、ベッドを最小限の努力で動かせるように特注のリフトが設置されていた。彼女はこの人物が男性であったと言うことは知っていた。資料にそのように記述されていた。しかし、目の前のヒトは、蜘蛛の巣ほどの細さの髪を備え、半透明のまだら模様の皮膚をした、干からびた皮でしかなかった。メーターが呼吸と鼓動を記録し、この物体が生きていると言うことを、これから話を聞きたいと思う者に保証をしていた。

古代人の側まで来て、研究員によって置かれた椅子に彼女は腰掛けた。干からびた男のベッドサイドの手すりには、スピーカーが設置されていた。

「さようなら、SCP-411。」

ボロボロの老人は唇を動かした。唇から微かに漏れた喘鳴を、口の横の小さなマイクロフォンが捉えた。マイクロフォンは、外科テープで口に固定されていた。一本調子な声は、辛うじて認識できるような言葉に解釈、再編されて、数秒後スピーカーから発せられた。

「君が落ち着いているように見えるのは初めてかな。どうやら、遂ぞ、静寂が訪れたようだ。」

O5-2はどう反応をするか考えた。彼の言葉は、まだ問うていない質問に対する答え、まだ起こらぬ原因の結果だった。一本調子な声が再び発せられた。
「苦しみ。惨さ。それこそ、この世を行き交う通貨。君の今の全ては、その影に過ぎない。やがて君は、惨さの真の性質がなんであるかを覚えるだろう。」

彼女は、今、慎重にならなければならなかった。しかし、身に覚えがあった。彼女は準備してきた質問のチェックリストに目を通し、書かれていること以外のことを尋ねたいという些細な願望を押し殺しながら、この答えにもっとも適するであろう、質問を声に出した。

「今の状況に対して、私たちは、どれほどのものを支払わなければならないのでしょうか?」

彼女はこの会話のぎこちなさが、好きではなかった。O5-2は、411の口角から涎が細く流れていく様子を眺めながら、記録を待っていた。
「君のような人は、私が辿ってきた道には居なかった。君の顔色はわかる。私の人生は今の君ような顔ぶれのものばかりだった。恐れに満ちず、自暴自棄にも憎しみに飲み込まれもせず、私と向き合っている人を見たのは何時以来だろうか。ああ、しかし、それが嬉しい。あの輝かしい、異なる星でも悩みなき日々の幸せよ。私の辿って来た道のことを考えれば間違いない、君の将来は晴れ渡って居る。ついに君はやり遂げたのだ、そして君のこれからもずっと晴れ渡っているだろう。」

異なる星。これは、最新の調査における確定事象一覧(Determinative Set)のデータと一致していた。どのような性質によって、その事態が引き起こされるのか、SCP-2003から得られたデータのみからだと理解が難しいものの、001から脱出をするべきか否か、可能性の議論が数週間にわたって論争になっており、煩わしいまでに入り組んでいた。

しかし、結局、未来は一つのみだったのだ。

彼女は答えに対して質問をした。しかし、彼女の質問は、スピーカーから発せられた早口の笑い声に遮られた。彼女は少しびくりとした。そして、彼女は再び口を開いた。

「411、あなたの辿ってきた過去の人々はどうでしたか?」
安堵と、会話の不自然な流れが衝突をしていた。前方にもう一つの道があると確信できる高揚感は、彼女の内側の毒のように感じられる何かによって断たれてるようだった。この対話の何もかもが信じられなくなった。多くのアイテムが未来を窺わせる。しかし、この狂人の水晶体を通ってきた、創造者、人間、その他の未来は全て歪められてしまった。セントラル計画のプロセスでは、将来的に対話は禁じられる。しかし、O5-2は明日の評決を前に、例外を作る必要があると感じていたのだった。

スピーカーが再び音を立て、彼女の頭を痛めた。
「不毛な岩。想像を絶する脅威の住処。生命が逃げ出したのは良かったことだ。生きとし生けるものが生き続けるのは、この場所から離れた方が良い。」

さて。次の応答は簡単だ。彼女はため息をついた。ひどく重大な状況にもかかわらず、このゲームのルールに悩まざるを得ない。

「地球上の人類に将来はありますか?」

これは、決して寡黙ではない彼女が、老朽化したヒューマノイドに尋ねることを予定していた、最後の質問だった。ほぼ得るものがなかったが、これ以上会話を続ければ、この高齢の誰かを殺してしまうことになる。そうなってしまえば、いよいよ立ち行かなくなってしまう。彼女はもう少し待つことにした。衰弱した男が、自分の時間で発する聞き取りにくく喘ぎながら言う言葉を待った。明日、どの票を入れるのかは、今この時に決まった。議論が始まった時、出席者に、まず何を言うのか考えなければならない。どうすれば、説き伏せることができようか──

「The Planet of Hands、私たちは、そう呼んでいる。私がそこの生まれだと言うことは、知っているだろう?君だって、お嬢さん。やがて、よく分かるようになるさ。私は彼処ではなく、此処に居られて良かった。」

O5-2はため息をついた。老人性痴呆症についての言及はファイルになかった。しかし、数世紀も生き延びたのならば、そうあってもおかしくはない。411の他の答えも、再考しなければならない、などと言う短絡的な考えがよぎった。しかし、すぐに拭い去った。どんな可能性であろうとも、どんなに僅かであろうとも、明日の提案の役には立つ。彼女は、他のメンバを納得させねばならないことについて集中した。

「やあ、放蕩娘。私と違って、君はすぐに家に戻るんだろう。」
ベッドに横たわる古代の顔面は、優雅な微笑に肖た何かに歪んだ。彼女が部屋に入ってきたように。幸いにもそれが合図だった。

「こんにちは、SCP-411。」
O5-2はすぐに立ち上がって、振り返り、部屋を出て行った。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。