日野博士の人事ファイル

氏名: 日野 千春(ヒノ チハル)

セキュリティレベル/職員クラス: レベル2、状況により3まで許容/Cクラス

職務: SCPオブジェクトの研究。エージェントの補助、場合によりSCPオブジェクトの初期収容任務。

専門: 民俗学、国学(主に神道)、人体解剖学。

所在: サイト-81██

人物: 日野は199█年09/07生まれ、身長165cm、体重5█kgの女性です。出身は栃木県███市です。髪の長さは肩にかかる程度であり、勤務中には纏めていることもしばしばあります。年齢としては平均的な体格をしていますが、少々筋肉質です。スポーツ運動等も問題無くこなすことができ、特にインドアスポーツを好みます。
遠視気味であり、業務中にはメガネをかけている姿が目撃されています。また、本人によれば十分な睡眠をとっているにも関わらず、目の下に隅が見られます。これらの要因から、しばしば「目つきが悪い」と称されます。
彼女は始めエージェントとして雇用され、その後およそ█年間研究員として従事し、最近博士号を取得しました。そのため「どうせなら研究員ではなく博士と呼べ」とやかましいです。この経歴から彼女は本名でなく、未だに研究員時代の通称である「ひのけん1」と呼ばれることが多く、本人もそれを妥協推奨しています。

性格は少々内向的であり、しばしば自虐的な発言が目立ちます。初対面、またはそれほど親しくない人に対してはどもる、発言を噛むなどの極度の緊張を示しますが、反面仲の良い人物などには少々子供っぽく、明るく振舞う様子が確認されています。また、自身の事を除いて神経質であり2、また同時に自身の事については面倒臭がり屋でもあります。そのせいか、彼女の服装はたいてい無地のシャツに適当なズボンです。

彼女は神社などの神事などに関する場所を非常に好み、休暇には度々京都や奈良を訪れていることが確認されています。神事や祭りに対しては極度の興奮を見せ、同行した職員曰く「人が変わったようだった」とのことです。また、お守りなどを好んで購入する癖があるため、彼女のオフィスはお守りで溢れています。また、日本のサブカルチャーにも興味を示しており3、それらに関する会話を好む傾向があります。

特筆すべき点として彼女には痛覚が存在しておらず、また身体の損傷への自然治癒能力が平均に比べておよそ3倍ほど強力です。普通の肉体的接触(くすぐる、触るなど)に対しては正常な反応を示すため、恐らく神経への刺激が一定の強さを超えた場合にシャットアウトされるものと推測されています。この事に関しては現在も考察が行われています。これらの能力から当初はエージェントや機動部隊として活躍することが見込まれていましたが、痛覚が存在しないが故に自らの身体の異常に気が付かないことが多く、勤務中に突然倒れたケースも報告されています。そのため、彼女には3日に1度の定期検診が義務付けられています。彼女が面倒臭がる場合には付近の職員が無理やり連れて行ってください。
前述の特性を持つからか、彼女は独学にも関わらず人体の構造について精通しています。これは、特に彼女が対人において肉弾戦を行う場合に役立つことが多く、致命傷を避けることや相手を手際良く戦闘不能にすることに役立っていると本人はやや自慢げに主張しています。また、前述の事例より、視認できる範囲での自らへの傷害については無頓着ですが、内面的な傷害に関しては特に神経質な面を見せます。

もう一つの特性として、彼女は人間の耳に加えて更に2つ、黒色の「狐のような」と比喩される聴覚器官を持ちます。これらは明らかに別生物の部位に見えるにも関わらず、DNA検査では人間のものと同一であるという結果が出ます。これらの耳も聴覚器官としての働きを持っており、結果として彼女は合計4つの聴覚器官を持っていることになります。その影響か、彼女は少々音に対して敏感であるようです。また、外出時には帽子またはウィッグの着用が義務化されていますが、万が一の場合に備えてカバーストーリー「付け耳」を適用するために狐耳のカチューシャを持ち歩くことが義務化されています。
髪の毛が耳の中に入ってくすぐったいってもんじゃないんですよ、これ。―日野
今度もふもふさせてもらってもいいですか?―エージェント・██
勘弁してくださいよ……敏感なんですから。―日野

彼女の作成する報告書には少々主観的な表現が用いられることが多く、他人の手を借りなければならないことが多々あります。そのため、前述の肉体的な監視役も含めて、"教育係"が一人、彼女に割り当てられています。現在の"教育係"は阿桜博士です。また、外傷に対する無頓着さや聴覚が敏感なことから、彼女が感染・寄生型オブジェクトや聴覚に影響を及ぼすオブジェクトに割り当てられることはありません。
教育係については、別紙の補足資料を閲覧することが推奨されます。

※ここに書かれていることは何らかの原因によって書き換えられることがあります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。