五つの供物の話
評価: 0+x

黝黒あおぐろき月光の蕭蕭たる殿堂に於いて
宵去り五人の凛凛しき痴愚者来たり

一者、肉身を捧ぐ
二者、石塊を捧ぐ
三者、独立したれば身動く力を捧ぐ
四者、生命と智慧を捧ぐ
五者、絶無を捧ぐ

彼は向きてたたず

しこうして瞬きけり

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。