A Word From The Dominator - “統治者”の言葉
評価: +39+x

人類の文明が栄え始めてから少なくとも4000年以上もの時を経た。しかしその発展が顕著となったのは僅かこの200年に過ぎない。

我々は4000年に渡って何をしていたのか?多くの者どもが、時に目先の僅かな黄金を追い、時に些細な名目の違いに食ってかかり、相争い奪い合い、無意味な浪費を続けていたのだ。獣と同等の欲しか持たず偉大な遺産の価値を知らぬ連中が、書物を火に投げ入れ、建築物を打ち砕いた。そして連中は『神』あるいは『悪魔』というレッテルを使い、世界を理解したつもりでいた。

時は流れ、叡智は次第に蓄積され、その産物は未知なるものへと光を照らした。更なる未知の発見は絶えることなく、多くの技術が結実し、世界はより道理に理解を示し始めた。しかしそれでも、人類から不合理と不条理は決して消え去りはしなかった。まるで無知の野獣が人間の顔をして潜り込んでいるように。

人類は叡智の歩みを止めてはならない。その足を掴む者がいてはならない、我々は進歩のために選別しなければならないのだ。

人類が叡智を以って未知に立ち向かい続けるよう、我々はその尖兵として戦い、同時に督戦隊としてその背後を守らなければならない。

scp-logo-signature.png
確保、収容、保護。

— The Dominator

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。