医院 ハブ
rating: +10+x

null-25617e646750047b.jpg

かつて、ある時──19世紀末、あるいは21世紀初頭。はたまた、貴方の考える任意の時代──、壊れた神の教会の伝道師の一団が、幾つもの海を越え、中国に到来した。彼らは神体再建という大事業に、より多くの者を加えようと試みたのだ。だが、他の偉大な事業と同様に、非凡な存在を蘇らせるという試みには、しばしば避けられない物語が付き物だった……

職人はただ神にのみ答えるのだ、その手で彼の者の御身体を修復するために。

──構築者 ロバート・ブマロ、時期不詳

エイモス、すぐに彼の止血を行ってくれ!私は手術器械の準備に取り掛かる。麻酔を打つまで、彼の意識を維持し続けるんだ、ショックに十分注意しろ!

──伝道師 ヨセフス・ミラー、西暦193█年

汝に栄光が降りかからんことを。

──栄光隠修会主教 ネヴァー・ミラー、西暦1941年

母サン、ワタシハ間モナク戦場へ向カヒマス。

──大日本帝国陸軍二等兵 加藤林、西暦1943年

君子一言、四馬難追1。[編集済]先生のおかげで、俺らは国に報いることができた。でも、俺らは約束を守ることでしか、先生に報いることができない。だから、俺たちのしていることは、別に大げさなことじゃないと思うんだ。

──SCP-CN-979-1、西暦20██年

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。