rating: 0+x

男は、銃口の後ろで頭をなでつけ、ゆっくりと崩れ落ちた。 そして、彼は黒い棺屋へと向かった。
それほど年はいっていない、おそらく40歳ほどの筋肉質な男がJulianを見た。彼は手で太陽の光をさえぎっていた。
— なにかビジネスの話か?
— オークのものはいくらかね? — Julianは尋ねた。
— 20だ。だが、板は丈夫で、すぐ壊れるなんて事はない。 — 棺売りは笑い、魅力的な男の振りをしようとしていた。 — これはあまりいいものではないが、少なくとも、舗装されてない道路でも、よほど運が悪くなきゃ棺は開かんよ。
Julianはワゴンでシートに包まれた死体を見た。それらのうちいくつかは、致命傷から血液が染み出していた。彼は、彼らに動き出してほしかった。彼は、彼らに彼らが知らないであろう事を知らせたかった。しかし、彼らは答えない。彼にはなぜだかわからなかったが、この世界は、何らかの理由で、Julianが自分自身について考えていないときだけ、時間が動いていた。
— 私は100の分それが必要だ。注文したい。 — Julianは再び棺屋へそう言った。
売り手は、なんだかわからないという顔をし、疑惑の表情を示し、そしてJulianが正気かを疑うように首を振った。
— 私は何かおかしなことを言ったか? — Julianは尋ねた。
— 俺はあんたが死体を5体持ってきたのを見てる。俺は、それが許されるなら、良くわからんやつにそんな量の棺を売ることには同意できないね。俺にはお前が100枚もコインを持ってるようには見えない。俺は村の人間だが、俺は馬鹿じゃない。
Julianは口の端で笑みを浮かべた。彼はポケットからリネンの袋を引っ張り出して、コインを売り手に渡した。
それから彼は、口を開き、言葉を投げかけた。
— たぶん、お前は馬鹿じゃない。 — Julianは車に近づき、振り向いて微笑んだ: — しかし、おろかなほうが幸運なこともあるだろう。
答えを待つことなく、Julianは彼の手をシートのひとつに置き、彼の妻に別れを告げた。そして、彼はささやいた:
— 常に最高の観客席を用意するよ、ハニー。


農民は大声で喘ぎ、逃げていた。彼は自分の後ろを振り返らない。これが悲劇に終わることをひしひしと感じていた。彼は、カーテンのような葉を掻き分けながら、彼が門に到達できれば、警備員が助けてくれることを知っていた。
一方で、Julianは特に急がず、男を追っていた。右足の隣で、美しく黒い猟犬が、静かに寄り添っていた。彼は今のところ、笑顔を見せたり、うなずいたりするために、静かな紳士を見つめていた。彼は彼の主人が不機嫌であると感じ、彼はそれが気に入らなかった。
Julianは門に到着した。そこでは、逃げてきた男が、さびた剣で武装した二人の警備員の前で、必死に身振り手振りをしていた。二人の警備員が、Julianの前に立っていた。彼らは彼よりも大きく、武装もしていた。
にもかかわらず、Julianが話しかけたとき、彼らは本能的に、彼のほうが食物連鎖の上位に立っていると感じ、彼から距離をとった:
— こんばんわ。
彼から逃げていた村人は手を下ろした。彼はそれから、何も言葉を発しない警備員を見て、Julianのひざに達する高さの彼の目を見た。
— なぜ逃げ出したのです? — Julianは村人に尋ねた。
男は答えに窮していた:
— そ、それは…あんたと犬が…追いかけてきたように感じたから…そう思ったから…。
— あなたは、私の知らない土地にいた唯一の人間だったのです。私はあなたを行かせるわけには行かなかったのですよ。 — Julianは肩をすくめた。 — もしあなたが私が怖すぎて死んでしまうようでしたら、すまないことをしました。
— それは…それはどういう意味だ? — 農民は、再びJulianに近づこうとしない警備兵を見つめた。
— 私は錬金術師を探しているのです。良ければ、道を教えていただけないでしょうか? — Julianは答えた。
男はうなずいて、西を指差して言った:
— 2…2時間か、かかっても3時間半の、橋のふもとに。黒い板があるはずだ。
Julianはその瞬間に笑顔になり、丁寧にうなずいた。彼はしばらく錠前を見ていたが、首を振った。
— ここは、私の思うに、死臭のする、墓地には最適な場所だ。ここに住むべきではないと思うぞ…— Julianは猟犬の頭をなでると、彼を放し、歩き始めた: — 感覚は麻痺していた。
恐るべき紳士が消えた後、夢から目を覚ましたかのような不信感を持って、農民は警備員に向かって言った:
— おい、あの男は私を殺していたかもしれなかったんだぞ!何をしてたんだ?
警備員は、笑って、村人に手を振った。彼らは再び門にたち前に、嘲笑しながらひとつの言葉を投げかけた:
— 私はアレを見たが、誰もあんな可愛い子犬について議論したことは無いぞ!もし馬が出てきてお前が助けが必要だっていうなら、喜んで助けてやるよ。


高価なコートを着た4人の男は、小さなマホガニーの箱のある丸いテーブルに座っていた。一番若い男が、他の人間のグラスをワインで満たし、快活に戻ってきた。
— 破壊…破壊…破壊… — 彼は箱を見つめてつぶやいた。
— それはそういうことではありませんよ、サー。 — 長老の一人が答える。 — 我々は手順を尊重…
老人の声明は大きな音で中断された。その後、部屋には火薬の匂いが漂い、他の老人たちは、洞に広がる血液のしみを見つめている男性から離れていった。数秒後、彼は椅子から崩れ落ち、床に倒れた。
— あなたは無実の人間を殺した。 — 若い男は続けて、銃口に息を吹き込み、銃をテーブルに置いた。 — あなたは名誉を損なった。
— これは… — 他の二人の老人のうち1人が口を開いた。 — これはどういうことか説明してくれないか?
銃弾を放った男はうなずいた。
— まぁ…それは私ではなく、わたしたちの話です。
— 自分の擁する人間をコントロールできていないという話か? — 若い男がうなった。そして、その後彼は静かに追加した: — さらに、あなたは殺害という脅威の下で、あなたの要求に耳を傾ける人々を脅かしている。
— それは…
若い男が手を振った:
— 私の目の前からうせてくれ。私はお前を見たくはない。
老人はまだ若い男を見つめていたが、沈黙の緊張を解く勇気はなかった。彼は敬意をこめて頭を下げると、部屋を出て行った。
そして若い男は起き上がり、銃弾が放たれた場所へと移動した。彼は頸動脈に指を置くと、室内に居る男へ言った。
— 財団は傭兵会社ではない。我々は理由なく民間人を殺したりはしない。 — 男はテーブルに近づき、箱のふたを後ろに傾けた。 — 見ろ。
距離を置いてはいるが、その中身に興味のある老人は、箱の中に何が入っているか見たくて、ゆっくりと身を乗り出した。
血に染まった赤い毛だった。若い女性の額の傷口から無限に流れる血液。カモミールの香りがした。
— これが誰だかわかるか? — 若い男は尋ねた。
老人は何も言わずに首を振り、他の人が、箱のふたをゆっくりと閉じた。
— 私がどちらもわからないということを想像してみてくれ。 — その男はワイングラスを傾けていった。 — それが問題だ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。