SPCがハロウィンを台無しにした経緯
評価: +2+x

「パパ、どうしてイルカみたいな格好をしてるの?」

ミッチェルは娘を抱き上げると笑った。

「イルカじゃあないよ、おばかさん!」彼は言った。「サメなのさ!」

両手の中の小さな少女は歯を見せてくすくす笑うと、いたずらっぽく両手をばたつかせた。

「がおおお、がおおお!あたしはサメのおひめさまよパパ!」彼女は嬉々として叫んだ。「サメのおひめさまになってもいい?」

彼はにやりと笑った。「でもお前はもう十分可愛いお姫様じゃないか!それでもまだサメになりたいのはどうしてだい?」

サマンサは、父が考え事をするときによくするように、頬に手を当てて少しばかり考えこんだ。

「また今度サメのおひめさまになっていい?」彼女は尋ねた。

「いいとも、おじょうちゃん。でも今夜は普通のお姫様でいなさい。トリック・オア・トリートをするサメのおとうさんとね。」ミッチは娘を降ろし、娘のチュチュにブラシをかけながら言った。

彼女は元気づくとカウチから小さな釜を引っ張りだした。サマンサは興奮して跳ねるように玄関へ向かい、ドアが父の灰色がかった尻尾の後ろで閉まった。

その晩のモリーヴィルの町は冷えていた。風が地面に広がった茶色とオレンジ色の葉をやさしく吹き飛ばし、オレンジ色の太陽がつくる影が長くなるほどに、光が空から消えていった。今夜はハロウィン、そしてサマンサ・ニコルスがトリック・オア・トリートをしに出かける年になって初めてのハロウィンだった。彼女は興奮して父の手を引き庭に飛び出し、ジャックオーランタンやクモの巣の張った墓石の間を通って引っ張った。父は走りながら、衣装が脱げそうになるたびに整え笑っていた。

道路を過ぎ隣家の芝に立ち入ると、茂みから人影が彼らの目の前に転がり出した。弾かれたように彼は困惑する二人へと走り寄ると叫んだ。「喰らえアオミドロ!1」そう言うとミッチの腹部に拳を叩き込んだ。彼は痛みのあまり身を折り曲げ、娘は男に向かって怒声を浴びせると、その男は停めてあった黒いバンへ駆け出した。

「パパ、パパ、だいじょうぶ?」サマンサは心配そうに、膝をつく人影を見回した。「ママを呼んだほうがいい?」

彼は片手をついて体を起こし、娘と砂を払うとうなった。

「大丈夫だよおじょうちゃん」彼は言った。「年上のおとうさんはもうだいじょうぶ!」

彼は通りを見つめると、バンはすぐに去っていったところだった。彼はこのまったくの理不尽さにショックを受け、娘の手を取ってもとの家へ引き返した。


エージェント・ジェームスはバンの後部座席に座り、両手を頭にまわしていた。彼は失敗した。彼の初めての大きな任務でやらかしたのだ。サメがまだ動いているばかりか、奴は人質をとっていた。彼は確実に降格、おそらく「エサ」担当2に降格だろう。サメが跳梁跋扈しており、そしてそれは全て彼のせいなのだ。彼はため息をつくと、目の前のポケットから資料を引っ張りだし、報告書を書き始めた。彼の失態を繕うために部隊が派遣されることになるだろう、きっと。

サメ #: 32145

サメ分類: リクザメ (Terrestrial)

鮫殴指令3: サメ-32145はヒトを人質にとり盾にしていたため、これに対して頭蓋正面を直接殴ることはできませんでした。このため、エージェントは出来る限り迅速に接近し、当該サメの胸部正面へ直接圧力を加え、速やかに撤退しました。さらに殴る必要があるなら、複数人のエージェントが鮫殴指令の発令を要求するでしょう。

概要: サメは体調およそ1.4m。サメの特徴としては二足歩行に用いる完全な後肢状の付属器官と通常サメの皮膚に見られる粗い組織の欠如が挙げられます。さらに恐るべきことに、サメは成人男性1名を口の中に捕らえているようでした。現時点で対象を救出するには上記の鮫殴指令に加えさらなる作戦が要求され、この成人男性は救出不能と考えられます。対象が自身の置かれている状況に気づいているのかは不明です。このサメは陸上歩行できるという点、明白な寄生性、テレパシーないし麻酔能力の可能性がある点から極めて危険です。どんなことがあっても蹴られることは無いでしょう。このサメは陸上で完全に移動可能であり我々のエージェントと同等に速く動けるため、エージェントは水中のサメより早く動かねばなりません。

補遺: よし、エージェント諸君、これら全て周知のことと思う。ホールでもカフェテリアでも、どこでもこの噂を聞いた。我々の手には Type Brown4がある。即座に注意すべき、完全に自立したヒトザメだ。君たちのすることはこれだ。奴に反応する時間を与えるまえに走って殴る。反応する時間を与えたその瞬間にお陀仏だ。武運を祈る。 -ボクサー█████

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。