施設-57ハブ

rating: +8+x

この世界は残酷な場所だ。いや、全宇宙がそうだろう。我々はこの宇宙に生まれ落ちることを望んだわけではないし、健全な精神の持ち主ならばそんな選択はあり得ないことだ。人類は、我々の死を望む現実の軛によって常に鞭打たれている。飢え、病、災害、獣、戦。我々に死と苦痛の弾丸を撃ち続ける現実。1発撃ってはまた1発、止むことはない。

そして、我々がこれ以上事態が悪化することはないと考えた時、それは現れた。

異常とは、現実が我々を殺す最高の武器を創造するために行った研究と軍事試験の結果に過ぎない。そして我々は何をした?我々はそれらを神や悪魔と呼んだ。慈悲を請い、救いを求めてその足に口づけした。

時が経ち、米国は洞窟を離れ、周辺を観察し始めた。ゆっくりと、我々は世界に意味を見出し始めた。しかし、宇宙が不条理と不可能の存在を要求しているかのように、異常は決して消え去ることはなかった。

我々は宇宙に同意することはない。

人類が再び恐怖から逃げ隠れる必要はない。我々以外に彼らを保護できるものはいない。そして我々は君の助けを必要としている。

人々が闇のない生活を楽しむためには、光に背を向け、戦い、封じ込め、彼らの目からそれを隠蔽し、自由があるようにしなくてはならない。健全で普通の世界に住むことを選択する自由があるように、だ。

確保。収容。保護。

これこそまさに今示された使命だ。ラテンアメリカ、諸君を歓迎する。

— O5-2
— アメリカ合衆国 地域管理者
— 地域国際委員会 委員

財団は全くの虚偽の中にあり、また、脆弱な組織です。

彼らは確保を約束しますが、明日にでも私たちの子供を簡単に食べることができる怪物を生かしておきます。

彼らは収容を保証しますが、私はまだ人々が通りで彼らの恐ろしい犯罪を忘れさせるナイフを使用しているのを見ます。

彼らは保護を誓いますが、タイで起きている事を放置しています。

弱い組織のために恐怖に耐えることにうんざりしているのは私一人ではないと確信しています。私たちの望みが、私たちの惑星とその未来に本当の安全と希望を提供することであるならば、自発的に立ち向かい、自分で仕事をしなければなりません。

教育。破壊。保護。隠蔽。生存。

それが世界が必要とするものであり、これからはこの原則に従います。財団の罪は決して繰り返されません。

今日のこの日から、私たちの名は世界オカルト連合です。

— D. C. al Fine
— 世界オカルト連合 事務次長

むかしむかし、ある小さな男の子の物語。

彼には主人がおらず、ベビーベッドで寝ていた。

彼は誰もが羨むような男に成長し、

彼は剣の声に傷つくことはなかった。

彼はゆりかごを出て、夢を叶えようとし、

運命は眉をひそめた。

彼の小さなお気に入りは彼らを残して行き、

怒りは鎖を結ぶことで鎖を壊し、

永遠のために4つの壁に囲まれ、

彼の夢はその燃える目をすり減らす。

不活性な他者の意志の戦利品。

彼は平和を二度と楽しむことができなかった。

そして彼は笑う。

この世界は残酷な所です。より良い所にするため努力しましょう。

— DC H. F. アンドリー
— 施設-57 元管理官
— ラテンアメリカ地域評議会 元管理官





シーズン 1

[ シリーズ順 ]

1.- SCP-ES-113 - Trato Especial
2.- SCP-ES-120 - Esta Enfermedad No Me Vencerá
3.- SCP-ES-134 - 13.0.0.0.0 en la Cuenta Larga
4.- Peligro: ¡Igniciervos!
5.- SCP-ES-169 - ポルノ・アニメーションの結実
6.- SCP-ES-117 - Segunda Oportunidad
7.- SCP-ES-193 - El 13 de Abril de 2013, un Tren Cayó del Cielo
8.- 近日公開…
9.- 近日公開…
10.- 近日公開…
11.- 近日公開…
12.- 近日公開…
13.- 近日公開…

カノンの記事

[ 新しい順 ]



情報

施設-57(Instalación-57、略称:I-57)は、SCP財団の歴史改変1カノンであり、ラテンアメリカ最大の収容施設と同じ名前が付けられています。

I-57カノンでは、財団の歴史は、Wiki全体で最も広く受け入れられている一般的な「ヘッドカノン」のいくつかとは、ーその経歴から、地球上の組織構成、さらには要注意団体、要注意人物、要注意領域との関係性や態度に至るまでー 異なります。

カノンが扱う最も重要なポイントとして、地域内の世界の管理と政府との密接な関係がありますが、財団の使命は変わりません。 確保 収容 保護。 したがって、ベールは維持されています。

もう1つの重要なポイントは、財団と世界の政府との距離です。本カノンの外での財団は独立しており、誰かに何かを尋ねる必要はありません。しかし、このカノンでは財団の利益だけでなく、政府の利益にも留意する必要があります。行動しないことは、何かをするよりもベールにとって有益である場合があります。

このカノンで記事を書きたい場合、全てのタブをお読みください。疑問が残る場合、ディスカッションにコメントを書くか、Dc_YerkoDc_Yerkoに連絡をお願いします。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。