私はとても模範的な
評価: 0+x

私はとても模範的な冒険家にして紳士なり
私は陸海空の未確認動物を狩ってきた
私は科学の法則が堅くて柔軟性がないということを知っている
もちろん奇跡を除いて それは私を全く悩ませる

私は同様に良く知りぬいているのは科学の問題
物理学も単純な原子に関することも
私はフロギストン説とエーテル学のすべての研究に熟達した
私は冗談でこれを主張しません 君は私がまじめであるとわかるだろう

私は修辞学と論理的議論が非常に得意だ
私は我々の政治観と社会学的問題を学んだ
要するに陸海空の未確認動物を狩ってきた
私はとても模範的な冒険家にして紳士なり

私は気味の悪い神話の秘密の歴史を知っている
私は火星とアトランティスの古都を歩いたことがある
私は円卓の騎士とインディアンの亡霊と向き合った
そしてエベレストから離れ再び挑戦し始めた

私は本物のポルターガイストと欺瞞と偽造物を見分けることができる
私は魔力と魔術の違いを知っている
私は眠っている間全く不思議なメロディーとシンフォニーで鼻歌を歌う
そして教会に近づく脅威の夢を見る

私は古の民の失われた言語で和平条約を書くことが出来る
そして君に宇宙で見つけられた惑星のすべての詳細を伝えれる
要するに陸海空の未確認動物を狩ってきた
私はとても模範的な冒険家にして紳士なり

私はワイバーンをウィルムとパラドレイク(para-drake)から見分けることが出来る
そして36種類の本当の吸血鬼をちゃかしと偽物から識別出来る
私は、天使と恐竜の骨格と化石を研究した
そして現世に蘇る悪魔のような恐怖を予見する

私は機械的に科学的になった経緯を知っている
20世紀の変わり目までは向上しているだけだが
しかし誰も我等が女王陛下の優雅さを否定することはできない
誰が世界中で栄光と永遠の統治しているか

私の体がうみうしになったと言う者がいるが
(私がクリスチャンでなければ異教徒としてすべて訴えるだろう)
だが今でも陸海空の未確認動物を狩ってきた
私はとても模範的な冒険家にして紳士なり!1

サメシュ博士からのメモ:上記の歌詞は手書きのようでSCP-1867の所持品として彼の田舎の屋敷から1880年4月18日の日付で見つかった文書です。文書は劇作家W.S.ギルバート2によって署名され、1882年10月17日付けで手紙と共にSCP-1867へ送られており、彼はその"叙情的な贈り物"に感謝し、喜歌劇アイオランシの初演に招待していました。

最終的な韻文でSCP-1867の現在の身体状況について言及されているように見える文は、読みにくく書きなぐられた詩の真下に、残りの文章とは異なる筆跡でページの底の余白に書かれていました。筆跡鑑定は、この追加の手書きがSCP-662-1("デーズ氏")のと一致することを確認しました。デーズ氏は原本から書き換えたかどうかを以前の雇用主のプライバシーを言及することになると確認も否定も拒否しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。