紙幣住まいの黴
rating: -34+x
2000.jpg

異常性が発現しないように加工して撮影したSCP-2000-JP-1

アイテム番号: SCP-2000-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2000-JPはSCP-2000-JP-1に棲息させた状態で低脅威度収容ロッカーに保管されます。

2000/7/20追記: 現在、███遺跡の調査が最優先されます。研究班は、SCP-2000-JPがもたらす影響を速やかに解明して下さい。

2000/7/27追記: 現在、日本に流通するSCP-2000-JP-1の数を減らすことが最優先されます。財団は、SCP-2000-JP-1を使用することを可能な限り控えて下さい。また、各媒体に潜在心理的抑止ミームを配布し、国民のSCP-2000-JP-1への忌避感を向上させて下さい。研究班は、速やかにSCP-2000-JPの繁殖条件と殺害方法を発見して下さい。

2020/1/30追記: 現在、SCP-2000-JPの社会への影響を減らすことが最優先され、研究は全て停止されます。担当職員は政治に関する書籍の出版、報道番組の作成などを行い、国民の意識向上に努めて下さい。日本経済の維持が困難と判断された場合は、全SCP-2000-JP-1を回収すると同時にアンニュイ・プロトコルを実施して下さい。

説明: SCP-2000-JPは破壊耐性を持つ微生物です。遺伝子の分析には成功していません。
SCP-2000-JP-1は表面にSCP-2000-JPが付着している物体です。SCP-2000-JP-1を視認した人間は、それらに強い価値を覚え、SCP-2000-JP-1をより多く入手しようという考えに至るとともに、貨幣全般への価値観が僅かかつランダムにに変異します。この異常性は、SCP-2000-JP郡が一定割合死亡することで無力化する他、本人の強い意思によって制御が可能です。SCP-2000-JPはこの異常性を利用して繁殖を有利に行っていると考えられています。
SCP-2000-JPは沖縄県███遺跡にて、貨幣に付着した状態で三丸子博士に発見されました。███遺跡の集落はSCP-2000-JP-1の普及と同時期に抗争により滅亡したことが判明していますが、実験の結果、滅亡はSCP-2000-JPの直接的な異常性によるものではないと考えられます。

2000/7/20追記: SCP-2000-JPは2000円札への接触によって拡散し、棲息地とすることが新たに判明しました。他の紙幣との比較から、偽装防止に使用されている特殊インクが関係していると判明しました。

2000/7/27追記: 調査班による分析の結果、███遺跡の集落が滅んだ理由として経済状態の悪化が最も可能性が高いことが判明しました。特筆すべきこととして、過度なSCP-2000-JPの貯蓄等の行動は一切見られませんでした。日本経済も同様の事態になる可能性を考慮し、特別収容プロトコルが更新されました。
現在、以下の収容活動が検討中です。
・株式市場への大幅な干渉
・財務省への財団職員の派遣
・従来より強力な抑止ミームの使用
SCP-2000-JPは発見された際に、三丸子博士が貨幣に触れた際に手袋に付着し、更に2000円札に付着したことで拡散したと考えられています。発見当初は博士が遺跡内部から持ち帰った貨幣のみがSCP-2000-JP-1と認定されていたため、拡散への対応が遅れました。

2020/1/30追記: SCP-2000-JPは新型10000円札を住居とすることが新たに判明しました。拡散経路は不明ですが、2000円札に使用されるものとは異なる特殊インクがSCP-2000-JPと関係していることが明らかになりました。発掘された貨幣と2種類のインクの比較から、SCP-2000-JPの繁殖に必要な化合物が特定されました。また、かつての収容プロトコルが一切の効果を発揮しないことが判明したため、旧プロトコルは停止されました。日本経済の悪化が抑止できていないことから、外部由来の制御は不可能だと判断され、特別収容プロトコルが更新されましたが、不確定要素が多く、実行後の影響も予測不可能なことから、可能な限り実行しないことが推奨されます。

補遺: 現在、収容に失敗した場合の予備プロトコルが検討中ですが、収容の失敗は日本経済の崩壊を意味するため、内容は主に発生する事態の収束に焦点が向けられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。