即興
評価: 0+x

雪で覆われた松林は、Badgaiがしっかりとした足取りで歩き続けているにもかかわらず、いまだ続いている。明るく輝く太陽が白い吹雪の厚い層にその光線を反射させ、真夏の海岸から持ってきたかのようだった。Badgaiは、地元の海より南国の海を想像していたが、いのししの駆ける音が、すぐにある夏の事件を思い出させた。

タスクが詰まっていたので、彼は詳細なレーダー検索を書ける必要があり、快適な飛行を楽しむ余裕が無かった。彼は自分の持ち物を使うことができた:すなわち鷹の目、第六感、第七感、およびシャネルの香水だった。つまりは、ツンドラでは役に立たないものばかりだ。

クソカルト信者が。俺は部屋でディスコを聞きながら酒を飲んでいるはずだったのにこのクソッタレな森の中だ。


混沌と空虚がこの世を刻む。人生は汚れ、抑圧は罰せられる。恐怖とは、世界で唯一の感情であり、彼の背負う苦痛の雲である。永遠の眠りから目覚めれば、彼は破壊の種をまくために来たり、すべての命が一息に刈り取られるだろう。

赤と白の制服を着た人影が祈りをささげた。赤は最も多くの血を表し、それは動脈血を意味する。白は骨を表していた。似たような服をまとった他の人物も、燃えている火の回りにひざまずいていた。この種の崇拝者の中に、大司祭の純粋な部下を見つけることは困難だった。誰もがこの寒さでのどが裂ける前に、炎に近づきたかったのである。

彼らは主の到来を待っていた。彼らは主に祈りと儀式をささげた。一部の宗教指導者は指が無く、ほかの人は明らかに顔に傷があり、そのうち一人は、手首を地獄に咲いたオニキスのように黒く切っていた。聖書の、最も原始的な方法で削り取った。これが現実なのだ。

司祭は、式典でより大きな安らぎを覚え、今日の供物を見た。彼は熱狂的に、静脈を手首に沿って切断しようとしていた。何人かの宗教家たちは、疲れとストレスから汗をかいて、ゆっくりと供物に向かってひざ立ちで移動していた。

彼が近くに来ると、彼らはお互いにささやき始めた:

— ここで…この場所で… —

— しかし、ここに降臨なさるんだろう? —

— お前は間違ってる。お前の言うことは正しくない。 —

— そうか?—

—͘ いいや、正確には… —

— なんだよ —

— おまえはたとえるならバターナイフでナツメを食ってる。 —
̀
— なんだそら。 —

— いや…ちょっと待て。 —

儀式の道具を取り、司教は彼の手を大きく開き、十代の若者の手首の静脈を一気に切断した。彼は本能的に道具を落とし、手をつかんで静かに誓った。そして彼は、不安げに司祭を見た。

彼は頭を振りながらこういった — 今日、Ertyjenは供物となった。 —

すべての人がほっとためいきをついた。そして彼は、手首を押さえて苦しげにしていた。


驚異的な感覚と、数多くの才能を持ったBadgai(サテライトレポートを読んでいる)は実にすばやく宗教家たちの居場所を追跡した。搭載されたコンピューターは、奇襲効果があるように、待ち伏せ位置を微調整した。戦闘的観点からはそれは必要なかったが、狂信者は、自分の腕を掲げるために持っていると知っていた。ファンタジーゲームをプレイしたことのあるBadgaiは、司祭や魔法使いが守備呪文を準備できることは十分危険だと知っていた。彼はファイヤーボールをよけるのに、長時間失敗し続けなければならなかったのだ。もちろん、それらには気の狂った量のバフがかかっている。

Badgaiはひざまずいて空を見上げた。MR-2000アーマーは必要な計算を行い、可能性のあるすべての結果を確認した後、スーツのエンジンを起動した。薗瞬間アーマーは(もちろんBadgaiとともに)空に舞い上がり、宗教家たちのど真ん中に降り立った。しかし途中で、彼は左にそれて、古い松と衝突し、 左に曲がらなければならなかった。入り口のようなものは何も無かった。

彼が着地し、信者たちを見回すと、彼はこの穢れた場所からの救いを求め、絶望した。淡いピンク色のローブの彼らは、すべてを彼に返した。例外は2人だった。一人は出血し、手を振っていた。もう一人は、なにか決断した様子で、手首を切った。「わたしはちょうどいい時間に到着したな。」彼の見たところ、信者たちは儀式をしている。儀式によって何かが召還されれば、まずいことになることは彼はわかっていた。

これはいつも言ってることだが、お前がキチガイになりたいなら好きにしろ。だが、お前らが俺のことを殺そうとするなら、俺は容赦しないぞ。

Badgaiは彼のライフルを引き抜き、できる限り大声で叫んだ。


— St.Johnよ、よせ!―司祭が叫んだ—まだ儀式が終わってない。

Badgaiは素直に動きを止めた。俺に攻撃されるのがいやかい?

— たとえお前が混乱と恐怖をわれわれに与えたとて、何も変わらないだろう!われわれは次の場所でまた活動を始める!—

クトゥルーのことか?

— いや、やつは混沌の主ではない。—

あー、わかった、すまない、ザルゴのことだな?

— いや。君は彼の者のことも知らずにわれわれが呼び起こすのを阻止しようとしていたのかね? —

いいや。

司祭は大声で叫び始めた。ほかの信者たち(まだ手首を押さえていたやつを除く)は、好機の目で会話を眺めていた。

— K͏i͏cha-z͏hlataar —

Kicha?

— これは永遠の名前だ…私は太ったガラクタなど欲していない。—

そいつは風邪ひいてんのか?

— いいや違うな。なぜそう思う?—

だってそいつぁ、くしゃみ(kicha)してんだろ?

二人の司祭が鼻で笑った。司祭は、古代から知られている最も恐ろしい武器でBadgaiを攻撃しようとした。

どこに呼びかけるつもりだ?

— うみの波間の奥底だ。—

ここから?バルト海か?

— そうだ。 —

彼らはしばらくにらみ合っていたが、徐々にBadgaiは後退し始めた。

ちょっと寒くないか?

— われわれには分厚いショールがある。 —

あー、わかった。俺はちょっと戻ってくる。いいか?

— 心配しなくとも、Er'tyjenはすぐに来る。— 司祭は、おぞましい崇拝者たちに自身ありげな顔をした。


MR-2000コントロール管理官は額に汗して働いた。必死で任務達成に必要な情報を得ようと試みた。誰にとっても、それは一刻を争う忙しい時間だった。いずれにせよ、Badgaiはバルト海へ向かい、古代人の残した憎悪の産物に対処したいと考えていた。そこに行くには、搭載コンピュータによれば、この位置から、すべての地域を通過するための情報だけではなく、水圧と水温、近くの敵対的なグループの潜在的脅威など、すべての可能性の情報がロードされてなくてはならなかった。ミッションの進展に影響を与えうるものすべてが。

得られた情報のおかげで、Badgai(実際には、彼のスーツに搭載されたコンピューター)はオブジェクトの位置を正確に追跡することができた。彼はまた、海面上にいるモノに気づくことができた。そいつは巨大で、触手と吸盤を持ち、ゼリーのような頭部を持っていた。古代の邪心のステレオタイプな姿だった。閉じられた目(もしくは小さな口)の中に一直線にBadgaiは攻撃を叩き込んだ。


毛布に座っていた司祭たちは、古代の神々の他の宗派について話した。そのときちょうど、司祭は、クトゥルーとザルゴの信奉者にそれを説明したのだ。それは、彼らにKicha-zhlataarというまったく新しい光を与えた。彼らには休眠状態にあった支配者について学ぶことのできる聖典があったが、通常は上級司祭のみがそれを書くことができた。言語の劣化が、これらのテキストを理解し、読むことを不可能としていた。これは、この宗派の中で僧侶たちが問題視していたような赤字があったことの理由の1つだった。古代の破壊神の信奉者であるにもかかわらず、彼らはSMS、メール、さらには普通の手紙のような、現代技術の成果を高く評価していた。それを放棄するということは非常に難しいだろうことも。

司祭は、 脚をうごめかす巨大な影を空に見た。その背後には細かい筋が見えた。この異教徒に、彼が何かを成し遂げたことを理解させるのに…一瞬を要した。

Badgaiが見つけたそのオブジェクトは、タコに似た巨大な生物だった。奇妙な場所から突き出た触手、キチン質の体、恐ろしげな牙がたくさん。MR-2000がそれと対峙したとき、その場のすべての信者はそれに注目した。

Er'tyjenだけではない。かれは忙しかったのだ。

あれがお前らの神か?Niezła kichaだ。そうだろ?

かれの笑顔はヘルメットに隠されていたが、誰もが彼の冗談に笑った。

司祭と信者たちが死んでしまった生物に近づいた。彼らはそれをつぶさに観察していた。

— お前はわれわれの服の色の意味を知っているな? —

白が貴様らの宗教の純潔さを示し、団結をピンクが示す。多くのカルトと同じだ。

司祭はため息をついた。

— それはピンクではなく明るい赤色で、血の象徴だ。白は骨を意味する。 —

Badgaiはうなずいた。彼はまだ原始の神の宗教の狂信者についてたくさん学ばなければならないようだった。

— 頭足類に骨があるかね?—

MR-2000プロジェクト管理間は、すぐに作業を開始し、数分の1秒でBadgaiに情報を送った。

いや?

— そうだ。だから、われわれの神ではない。私はこれが誰の仕業か知っている。sakrazmuの狂行のようにみえる。 —

あー、わかった。すまない。

司祭はうなずいた。誰もが沈黙の中で立ち尽くしていた。沈黙を壊している唯一の音は、疲弊した崇拝者の嗚咽だけだった。

んで、なんでお前らの言葉はそんな聞き取りにくいんだ?

— われわれの言葉は、混沌の存在によって汚れている。 —

なるほど Badgaiは同時にデータベースにリクエストを送った。しばらくして彼は返答を受けた。

異常存在が確認されました。

Badgaiは瞬く間にライフルを取り出し、それをリロードしようとした(以前リロードしたままだったので何も変わらなかった)。片手で司祭の首にそれをむけ、引き金を引いた。

司祭はスイカのように赤い塊になって砕けた。実際にはそれは少し違って見えた。武器の反動は内部の吸収システムによって抑えられてはいるものの、反射的に目を閉じるのは十分だった。Badgaiの視界はこれと同じだったが、問題は司祭だった。彼らは誰も、司祭が何を得たのかを見えていなかった。

俺はお前らが新しい司祭を探す必要があると思うぞ。Badgaiは空中に浮かんだ。ミッションは無事終了した。

その間に、財団の清掃部門が送られた。彼らは驚くほど呪われ、憎むべき古代の遺物を掃除するという目的の元マニュアルどおりに清掃を行った。


信者たちは離散し始め、火を消した。彼らは、今後の宗派について話し合った。いくつかの人はサルケスを選び、ほかの人は蛇の手を、誰からエホバの証人に入信することを決めた。ほかの人々は、彼らの熱狂的な人生で、どの選択肢が最もいいものかを分析していた。若手はいないし、宗派の数が増えれば、最高の宗派を見つけ出すのは難しいだろう。

— あぁ、やっとだ! — 信者の一人は、手首から血が流れていることに気づき、笑顔になった。彼は興奮して周りを見渡した。

消えた焚き火、頭のない司祭、そして巨大なタコのほかは何もなかったので、彼は彼の職業を転職しようと思った。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。