In His Own Image Interlude 2
評価: 0+x

2005年7月7日

In%20His%20Own%20Image%20-%20Interlude%202.jpg

"……クシクラゲが好きなんだって?"

「ねえってば!」

ラメントはデスクから飛び上がって、女性の方を向いて見上げた。長い、ゆるくカールした、ブラウンの髪。常に浮かべている、薄笑い。陽気な眼。

「どうしたんだい、ソフィア。」
彼は立ち上がって、笑顔を見せた。彼の顔が、不意に顔がにやけた。彼女の回りにいると、いつもそうらしい。
「やあ、聞いて、ちょっと用意してきたものが……」

「おおっ……?贈り物?初デートなの?」

「ただのランチだって!」
彼は弁解する。それはデートだった。

「そんな、気を遣わないで。全然、貴方らしくないわ。」
でも薄笑いを浮かべていた。ああ、彼はその薄笑いが好きだった。

「でもさ、私はご飯代を払うことが出来ないし、私達が基地に来てから、その……。」
彼は細い、透明なガラスの小瓶を取り出して、彼女に慎重にそれを渡した。

「誰かが僕に言ってたんだけど……クシクラゲが好きなんだって?」

彼女はそれを見下ろして、また彼を見上げた。彼女の顔は衝撃と喜びが混ざった顔をしていた。

「最高。デートね。今まで一番の。」

へへ。デートだった。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。