In His Own Image Interlude 5
評価: 0+x

2007年8月16日

In%20His%20Own%20Image%20-%20Interlude%205.jpg

"アンタの良心が望まない出来事もある。"

エージェント・ラメントはサイト19の混乱の中に立っていた。窓から目を背け、景色を見た。彼の心の一部は、ここで実際に何が起こったのか印象に残そうと努力していた。本当は皆生きていた。起きてしまったのだ。彼の胃は不愉快によじられ、難しい結び目をなした。彼は本当に、プライバシーを望んだ。だが、彼は一人ではなかった。

二人の背の低い男の職員が、混乱の向こうで話しているのが聞こえた。彼らの声は届いていたが、ラメントは全く注意を払ってなかった。

「あいつら、なんか具合悪いんけ?何や奴ぁモントーカーズ?」
("What's that guys problem? He onna them montaukers?")

「いンや。」
("Nah,")
最初の男が言った。
「彼はギアーズと働いている。」
("He works with Gears.")

他の男が静かに笑った。
「そ?ギアーズたあ、えー、良えやつだ、。」
("So? Gears seems like uh good guy.")

「どのみち、アイツらに劣らず良え奴ゃ。」
("Good as any of 'em, ennyway.")

「あー、畜生、だからどないや。俺ぁ、あいつにどないしたねやって訊きに……」
("Well, hell, then. I'ma go ask him what his problem is…")

ラメントの大体、後ろのほうで僅かな揉み合いの音が聞こえた。そして、彼は部屋の後ろの方に注意をやった。ラメントは、鏡に写った彼らを見た。背が高いほうが、もう一人の腕をしっかり握りしめていた。

「行くな。」
("Don't,")
前者が素早く言うと、声が低くなった。
「レッスンナンバーワン。こいつらン周りで働くっちゅうことについて。アンタの良心が望まない出来事もある。」
("Lesson number one about workin' around these guys: there's some things you don't want on your conscience.")


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。