クレフ博士は死なず、いかなるミームの助長にも参加せず、あまつさえ物語には少しも登場しない
評価: 0+x

ラッセルはポーチに座って新聞配達の少年が通りすぎるのを見た。彼は手を振った。

数分後ラッセルは彼の結婚13年目になる妻が家の中から呼んでいるのを聞いた。彼は戻る前に足に触れ、涼しい春の空気を一息吸った。

昼食の準備が出来ていた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。