事案096-1-A
評価: +1+x

"それで、収容は出来たのですか?"

"そうだ、博士。"

"セキュリティ映像を見せてくれますか。"

<記録開始>

研究所の中心に数十ばかりの研究員たちと大きな鋼鉄の箱がある。カメラの映像は制御室を写しており、箱の中の多様なセンサーに関する資料が並べられている。

[1分32秒早送り]

制御室オペレーターが前方へ体を傾かせ、センサーの資料に注目する。およそ5秒後、鋼鉄の収容箱の壁が外側へ大きく歪む。歪みは壊れるまで大きくなり続ける。SCP-096が絶えず鋼鉄を歪ませ続け、死に物狂いで脱走しようとしているように見える。脱走警報が鳴り、非常プレートが箱に落ちる。

[セキュリティ・テープは収容プロトコルに従いSCP-096の顔をぼやかす]

セキュリティ・チーム2部隊がSCP-096に破られた収容室に入る。実弾と麻酔銃が発射されるも効果は見られない。約90%の研究員と警備員がSCP-096の顔を直視し、コード・リマが発令される。収容室とその周辺エリアは封鎖され水と██-クラス神経ガスが放出される。

約2分後、SCP-096は研究サイト██から外部の砂漠へ██km/hで脱走し、████へ向かう。
<記録終了>

"エコー・ロメオ-実働部隊が直ちに脱走の対処にあたりました。如何に重大な脱走を対処しなければならないかとわかった時、完全に閉口してしまいました。笑い話ですよね、世界一優れた精神の持ち主たちが不意を付かれるなんて。"

"つまり、自身の失態だと言いたいのか?"

"いいえ、そうではありません。これはSCP-096の新しい行動の発見でした。私達はそれまで知る由もありませんでした、そして、この事案がXKにならずに幸運です。"

<記録開始>

ER-A5のヘルメットカメラからの映像

[UH-60からの映像はSCP-096が砂漠をかなりの速度で動いている様子を示している。]

ER-A1: こちらエコー・ロメオ-実働部隊。ターゲットを発見!-不明瞭-…は[削除済]knで速さを増している。

ER-A1はラジオからの命令(ダン博士からと確認)を受けている。SCP-096は加速を緩めているように見える。

ER-A1はカメラから離れる。ER-A3が現れ、改造されたXM500対物ライフルを抱えている。2発発射;1発目は外れ、2発目はSCP-096の下肢に当たる。SCP-096はよろけるが立ち直る。速度はほぼ変わらず。

ER-A1: -不明瞭-…はターゲットに効果がないようだ!

ER-A1は再びER-A3に向く。ER-3は更に3発発射;1発目、2発目は外れ、3発目はSCP-096の頭に当たる。SCP-096は転び、スリップし、数回転がり、速度が最遅になる。SCP-096は転がり続けている。

カメラが上を向くと8機のV-22オスプレイ(機動部隊タウ-1所属)が頭上に見え、ヘリは同じくSCP-096に向かっている。映像が途切れる。

<記録終了>

<記録開始>

ビデオインタビュー記録096-1-A

[オルクシー博士はとても落ち着いて、決意の様子を見せ、すべての質問にゆっくり、慎重に答える]

質問者: 脱走時何処にいたのですか?

オルクシー博士: 脱走時か、コーヒーを飲んでいたよ。収容エリアにいなくて本当に幸いでした。

質問者: 脱走後のあなたの行動を教えてください。

オルクシー博士: ぼくはエコー・ロメオ-実働部隊にSCP-096を追跡させ、ダン博士に状況を報告しました。それからぼくたちはSCP-096-1を探す仕事に取り掛かりました。SCP-096が向かっている方向が判明したので、ぼくはSCP-096の通り道から人を避難させるために機動部隊タウ-1を派遣しました。すべて収容プロトコルに従っています。

<記録終了>

<記録開始>

ビデオインタビュー記録096-1-B

[ダニエル・█████博士はじっと座っている。彼の前のテーブルには改造された暗視ゴーグル一式のようなものが置かれている]

質問者: 記録を取ります、SCP-096が脱走している間、どこにいたのですか?

ダン博士: [削除済]山のラウンジだ、SCP-096の素性についてもっと調査しようとしていた。急な研究探査だったので、オルクシー博士を収容担当として残していった。彼がもう少し…熱心なら十分に有能なのだが、そのことは彼自身が過去に証明している。多くの事務作業なんかでも確認されているし、そう考えると-

質問者: 記録だけですので、博士。さて、SCP-096が興奮状態の間、すべての攻撃に対して耐性があると知っていて、なぜ緊急対応部隊にスナイパーでの攻撃を命じたのですか?

ダン博士: なぜか?我々は機動部隊-タウ-1の時間を稼ぐため、SCP-096を遅くする必要があった。ER-Aは危険に晒されておらず、ヘリは危険を避けなければならなかった。正直に言って、ER-Aは状況を少し改善させるか悪化させるかぐらいしかできなかった。

質問者: なるほど。つぎは、これについて説明してくれますか?

[質問者はテーブルのゴーグルを指さす]

ダン博士: わかった。これはプロジェクトSCRAMBLE、オルクシー博士と私でSCP-096のために設計して、ER-Aと機動部隊-タウ-1に支給されたアイピースだ。それにはSCP-096の顔の特徴を絶えず分析して映像にする小型マイクロプロセッサーが搭載されている。中の顔認識ソフトが分析し、光が人間の目に到達する前に視認できないように映像にモザイクを掛けることができる。本当に、とても画期的な開発だ。

質問者: そして高価。

ダン博士:とんでもなくな。動かなかったら赤っ恥だ。

<記録終了>

<記録開始>

機動部隊タウ-1と改造EG-3 Sentry AWACS、"ビッグ・ブラザー"との通信記録

MTF-Τ-1: オスプレイは現在、[削除済]の[削除済]上空。待機中です。

ビッグ・ブラザー: オンライン、巡航高度が届いた。全SCRAMBLEシステムをアップロード…カメラ、オンライン。ビッグ・ブラザー、現在確認中。

MTF-Τ-1: 目標は現在どこに向かっていますか?

ビッグ・ブラザー: 目標が現在向かっているのは…居る場所は…クソ。ああ、ヤツはI-40に居る。ヤツはちょうどセミトレーラーをぶっ飛ばしたところだ。ん、向かっている方向は…[削除済]から[削除済]度の方向だ。この先の街は…[削除済]。2、300m先だ。クソ…機動部隊、エコーロメオにI-40の避難を始めさせろ。もう目標が何台の車を壊したかわからん。

MTF-Τ-1: 少し待ってください。できません、ビッグ・ブラザー。ER-Aのヘリでは目標を追い越せないと報告しています。彼らでは目標の先回りはできません。

ビッグ・ブラザー:それならドライバーを別の道路で足止めさせるか…どれだけの人数がヤツの顔を見たんだ。

<記録終了>

"はじめはタウ-1の3部隊は3都市で市民を避難させることに成功しました。SCP-096はこれらの街を止まることなく走りぬけ、どの街でもSCP-096-1は確認されませんでした。しかし、映像記録では機動部隊-タウはSCP-096-1を[削除済]の街で確認して、事案が発生しました。"

"見せてみろ。"

<記録開始>

[削除済]の街での機動部隊-タウ-1、第4部隊のヘルメットカメラからの映像

ほとんどの市民が正方形に集められ、全員目隠しをされている。ヘリコプターが街に来る。聞き取れないがヘリコプターと集団担当職員が拡声器を使って命令しているのが聞こえる。

MTF-Τ-1(部隊通信機から拡声器を通じて): 目標が付近の区画に侵入した!全部隊はSCRAMBLEギアを稼働させ、群衆の対処を始めろ!市民の皆さんはそこから動かず、また目隠しもとらないでください!もし目隠しを動かしたり、触ったりしたら発砲します!繰り返します、全市民は-[カメラの映像外からの大きな悲鳴で命令はかき消される]

およそ2km先、SCP-096は坂の頂上まで来ているのが確認される。ゆっくりと降ろうとするが、躓いて、高速で転がり落ちる、家に突撃するとほとんど速度を落とすことなく立て直す。

誰かの拡声器からの声: [不明瞭]…市民の皆さん動かないでください!撃ちますよ!くりか…[不明瞭]

何発か銃声が聞こえるが、どれもSCP-096には向いていない。SCP-096が市民の集団の前に1秒立ち止まると、人々を投げ飛ばし、それ以上に踏みつけた。群衆は散らばり更に銃弾が何発も発砲され、SCP-096の下の拡声器から不明瞭な声が発声している。SCP-096は中年男性のSCP-096-1を発見し、市民が逃げ惑いヘルメットからカメラが落ちる前にSCP-096が彼を捕まえているのを映す。

<記録終了>

<記録開始>

ビデオインタビュー記録096-1-C

ジャック・ウィルフォード少佐(現在機動部隊-タウ-1所属): 俺は部隊とともにSCP-096-1の家を調査していた。クソ野郎はセミプロ登山家で、█████████を旅行をしていた。どうも彼は景色を撮影した際に、背景にSCP-096が映ってしまっていたようだ。

[ウィルフォードは強調するために指を4本あげた]

ウィルフォード: 4枚の写真。クソ、4枚もだぞ。俺はヤツが彼に見られたと思っているとは思わねえな。彼はおそらく、ある日写真を眺めていたら、雪じゃない部分があるのに気づいただけだと思う。

質問者: どうやって発見したのですか?

ウィルフォード: SCRAMBLEギアはすぐにそれを探知した。俺が写真を見る前に大尉がヘリから降りてきて、写真を回収した。それからあのクソバケモンがビッグ・ブラーザーに降ろされ、奴は[前]ストライカー少佐の皮膚を剥いて、身体を裂いていやがった。それから地獄が始まった。

質問者: つまりSCPRAMBLEギアは効果を発揮しなかったと?

ウィルフォード: 効果を発揮しなかっただぁ?ポンコツSCRANMBLEはクズだな、部隊を殺しただけだ。あんたも知ってると思うが俺以外に3人しか生き残らなかったんだぞ?インテリ共の考えた"SCP-096の敵対反応に対する最高対抗策"は反応が遅すぎる。ガラクタを使えば目標の頭は袋をかぶっているはずだったがそんなわけもなく、それでも最低対抗策SCRAMBLEを使わなきゃならなかった。

<記録終了>

G9zmJ.jpg
機動部隊-タウの回収写真。SCP-096は黄円内にあり、画像からは削除されている。

<記録開始>

ダン博士: 誰だ私をクズ呼ばわりした奴は?

[ダン博士は机を押すと立ち上がり始めた]

ダン博士: インテリとは何か教えてやらねばならんな、その畜生の-[質問者は大声で罵声を浴びる。]

[警備員2名が部屋に入り、ダン博士を椅子に座らせる]

質問者: 鎮静剤要りますか、博士?

[ダン博士はタバコを吸うとコートの皺を伸ばした]

ダン博士: いや、結構だ。申し訳ない。[ため息]SCRAMBLEは本当に画期的なアイデアなんだ。しかし、SCP-096の性能を完全に理解していなかったのが私の失態だ。君も知っている通り、SCRAMBLEのチップはSCP-096の顔を判断しモザイクを掛ける、それは瞬間的な光を耐えず網膜に当てるということだ。コンピュータは速い、しかし光ほどではない。だから、ほんの一瞬だけSCP-096の顔の映像が脳に届いてしまう。それを意識することはできないが、SCP-096の敵対反応を誘発させるには十分だった。

質問者: だから、このレポートの写真は…
ダン博士: それはこの事案において最も不安な要因だ。君は前SCP-096-1がいつ登山をしたか知っているか?199█年だ。彼が写真でSCP-096を見るまで██年もあった。SCP-096の顔を見たと脳が反応する必要はない、つまり世界中に文字通り隠れた時限爆弾が起動しているのだ。どれほどの写真がSCP-096を映していて、どれだけ視線を感じるのを待っているのだろうか?だから以前行ったとおり、私はこの事態を終わらせたい。直ぐにでも。

<記録終了>

"ちょっと質問していいか、博士。うむ、君は何をするつもりだったんだ、あそこで?我々がジャック・ウィルフォード少佐を迎えた時、彼はSBSでも抜きでた実力者だった。"

"私は偵察部隊の衛生兵でもありました、コーカサスに派遣されたこともあります。海兵隊はSBSにも引けを取りません。"

"いや、できないだろ。"

"どちらも、あなたには十分です。先に進みましょう。"

<記録開始>

ビデオインタビュー記録096-1-D

████特務曹長(ER-A所属のドアガンナー): 頭の覆いを取ります。

質問者: どうぞ、あなたには説明してもらいます。何が起きたのか教えてもらえますか?

████: あれ…アレはやってしまったんです、すべての…。アレはハイウェイで座り込みました。ちょうどミニバンが開いていました。[回答者は沈黙。]

質問者: そして?

████: 私は…ウェスはヘリを着陸させました;私は外に出て、捕まえました。頭に袋を覆いました。アレがおとなしくなると彼らはアレを持って行きました。

質問者: つまり、ミニバンにいた人間がSCP-096の顔を最後に見た犠牲者なのですか?

[回答者は沈黙]

質問者: ████?

[回答者は残りの質問でも黙ったままなので解放。後に彼は自分の寝室で間に合わせのロープで首をつって自殺したのを発見された。彼の手から半壊したおしゃぶりが発見された。]

<記録終了>

<記録開始>

ニュース番組"CNN"から回収された、096-1-Dの映像記録

[映像はレポーターの肩越しで飛行機の残骸に残された最初の生存者を映す]

レポーター: 飛行機は、軍隊のものでしょうか、外側にアメリカ軍のマークが有るように見えます。生存者はブラックボックスを探していますが、警察は飛行機のコックピットと胴体部で重大な故障があったと見ています。

[レポーターは数人の消防士が登っている、飛行機側面の大きな穴に向かう]

レポーター: 救護隊はたった3人の死体しか発見できていません、しかし奇妙なことに飛行機の大きさは20人は乗せられるほどです。警察は-

[レポートは上空で滞空している3機のスーパースタリオンによって中断され、そのうち2機が着陸し、機動部隊-エプシロンが降り始める。]

MTF-Ε-1: カメラを止めろ。そのクソッタレな-

<記録終了>

<記録開始>

オルクシー博士: これで終了ですか?

質問者: 最後に一つだけ、博士。説明してください。我々は興味深いことに研究サイト██には休憩室が無いことが判明しました。カフェもです。

[回答者は沈黙したまま。]

質問者: どうしてもあなたの説明には矛盾を感じるのですが。

[残りのビデオインタビュー記録096-1-Aは編集済]

<記録終了>

"私は何をすればよいのでしょう。"

"黙りこむ理由はないはずだよ、博士。彼は私達にすべてを話してくれた。"

"…それでは、隠せないのですね?"

O5聴聞会の音声記録

O5-1: あなたの証言と映像記録、後のオルクシー博士の告白により、O5は満場一致であなたを解任することを決定した、SCP-096の重大な脱走を-

ダン博士: 君たちは知らされるだろう"より大きな利益の為に"という言葉の意味を。

O5-1: わたしを怒らせないでください、博士。事態の範囲と可能性を考慮し、O5はあなたのSCP-096の処分要請を承認しました。SCP-096への理解がある職員が足らないのなら、徹底した警備とわたしの監視のもとあなたに処分を委任します。あなたの解任予定日はその後日です。

<記録終了>

"これは恐怖だよ、博士。君は故意に-"

"わかっています。問題は人口密集地で発生することと、ニュースで顔が世界中に知れ渡ることです。私は096を殺すことはできますが、その最中で自分も殺さなければならないでしょう。"

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。