インシデント056-01
rating: -1+x

実験ID: 056/21

実験責任者: █████博士

説明: このインシデントは███████博士によるSCP-PL-056の異常性質の検査中に発生しました。経過は以下の通りです。


[記録開始]
[編集済]から3分後、次のメッセージが流れます:広告をお楽しみください!

SCP-PL-056 (解読文): 私は邪悪だ。

███████博士: こんにちは、邪悪。あなたについて説明してくれますか。

SCP-PL-056 (解読文): 私は邪悪だ。私は君の問題解決に役立つことができる。

Dr ███████ (嘘をつくように指示される): 本当かい?あぁ、私は本当にどんな人間なのかわからないんだ。私はいつも私自身は良い父親であり、勤勉な人間であると信じてきたが、今は…

SCP-PL-056 (解読文): ははは

███████博士: なにかおかしいかい?

SCP-PL-056 (解読文): それは君自身に問題があるな。

███████博士: どういう意味だい?

SCP-PL-056 (解読文): 君は私が話したこと全てを解読装置を使って認識している。勤勉な白衣の科学者だ。君は迷惑なやつだ。嘘をついているだろう。

███████博士: [編集済]

[記録終了]

合併症を発症し、███████博士は死亡しました。オブジェクトの認識能力をより徹底的に調べることを目的とした実験が推奨されます。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。