1488年裁判記録
rating: 0+x

あなたの意見や感想を教えて下さい:自分のレビューを作成するに当たって最も参考になったカスタマーレビュー
彼の牢獄を構成するバーの後ろから、彼は神の名において、ナッツテーブルのすぐ後ろにいる彼を殺してくれる人々を見ました。彼は、裁判を迅速に行い、魔術練習の告発から、家族の身を潔白にすることを望んでいました。彼は死ぬことを夢見ていた。彼は選択肢が無いことをよく知っていたのです。彼は部屋の向こう側を見渡しました。そこには、動物のように、若い女性が抱かれた第二のかごがありました。
彼は自分の歯をかみ締めて、やっと彼女から遠ざかりました。彼は、十字架を、すすのついた彼の手を見ました。彼らは、彼がだれかにのろいをかけることができないようにしたいと考えていました。今、彼は彼の握りこぶしを動かすことさえできませんでした。痛みは、まだ彼を麻痺させていました。
もっと多くの人々が部屋に集まってきて、若者たちはそれに香を投げ入れた。 テーブルの前に立つ男、裁判官が、寝起きのような退屈な顔で、殺人容疑のかかっている男を見ながら、木の槌でテーブルをたたいた。
— 私は、ここであなたの人生のうちの何かの行動が、神の言葉を冒涜したとして非難されなければならないかを決定するため、神の名の下に聴聞会を開くこととする。
— 裁判官 — Julianはすぐに答えた。 — 私はすでに私の間違いを理解しています。この女性の人生を間違った使い方をし、神の名を冒涜することは許されません。私は、私の人生の暗い段階で、汚れた勢力を手助けするため、罪深い方向に走ったのは私だと認めます。
集まった村人たちのささやき声が部屋中に聞こえた。裁判官の顔にも、目には見えない驚きが見えたが、数秒後には無関心になり、ハンマーが再びテーブルに上がり、集まった全員が黙った。
— あなたは有罪だと思うか? — 審問官は尋ねた。
— はい。私は黒魔術を行いました。この女性の静ではありません。 — Julianはうなずきました。
— ちがいます! — 部屋の向こう側から、女性の叫び声が上がった。若い女性は、華奢な手で、鉄の棒を壊そうとした。 — 彼の言ってることは嘘です!嘘です!魔術を行ったのは私です!
Julianは、彼の額にたまった汗をふき取った。彼女の目を見つめ、彼女のためには今何が最善であるか、理解するように祈るほかは無かった。 彼は、彼女の気持ちが、この負け戦で彼が主導権を握ることを許さないことを恐れていた。
— 我々には有罪を訴える2人の囚人が居て、同時に相手の告発を無いものとしようとしている。 — 裁判官は要約した。 — このような不確実な状況では、両方を処罰する必要があるかも知れん。一方は確かに異端者であり、もう一方は、義の感情からその人物を守ろうとしている。これも異端の一部であると、理解しているかね?私は、あなたにどちらが有罪であるかを指摘する最後のチャンスをやる…。さもなければ、あなた方は両方火あぶりの刑とする。

Julianは女性とコンタクトを取ろうとした。彼は、言葉を使わず何らかの形で、彼女の態度を変えるように説得しようとしていました。女性は、しかし、彼女のかごの地面に書かれた文字を見ていた。バーにつかまっていた、か細い手がゆっくりと落ちていった。Julianは、彼女が静かに泣いていたと神に誓って確信した。
— 裁判官 — Julianは呼んだ — この女性は私を破滅から救おうとしているだけです。彼女は、隣人の命を救い、神を喜ばせたいと思っているのみです。彼女は、異端を救うことは罪であるとは理解できていないのです。
彼が嘘をついている。彼は、自分の言っていることを信じられていない。しかし、彼女は、彼女のために審問を受けるような怪物に変えなければならなかった。彼女の命を救うため、彼は自分自身を非難しなければならなかった。彼は今、彼女を見ていて、目の合図で女性とコンタクトを取ろうとしていた。全てうまくいくと彼女へ伝えろ。彼女に別れを告げなさい。
女性は、ゆっくりと顔を上げ、Julianを涙を浮かべた目で見つめた。彼女は、微笑み首を振った。
彼は、すでに彼女がしたいことを知っていた。彼女がJulianを救うことができなければ、彼女は彼と一緒に死ぬだろう。今、彼は彼女と目を合わせるのを病め、手で顔を覆った。彼はもう、見たくなかった。
— Julianは無実です。地獄は私を待っているでしょう。 — 彼女は高々とそう言った。
そして会場は静かになった。
Julianは狂ったように鳴る鼓動と、不規則な呼吸を聞いていた。
— この件について、もう異論は認めない。 — 裁判官はしばらくして、そう言った。 — 我々は時間を無駄にしていて、予定に遅れが出ている。私はあなた方にチャンスを与え、あなた方はそれを拒否した。あなた方は、死刑を執行する命令に署名した。あなたの動機がいかなるものであれ、私はあなたに猶予を与えることはできない。結婚の聖餐式でさえ、神の怒りからあなたを救うことはできない。あなた方は、夜明けに杭に縛られて燃やされるだろう。神があなた方を裁かれますよう。
彼は再び妻の目を覗き込んだ。一方では彼女の行動に失望したが、彼は全てが終わったこと、そして、彼女が彼にそこまで強い感情を抱いていてくれたことに感謝もした。彼は、彼女がやってくれた全てのことについて、彼女に謝罪した。それから彼は、裁判官に向かって:
— あなたは無実の女性に死刑を宣告した。私は神が決してあなたを許さないことを祈ります。私が地獄へ行った後、私は悪魔に必ず、ここにあなたを連行するように願い出ます。神が、あなたの起こした行動の結果から、あなたを守るかどうか、すぐにわかるでしょう。 —
部屋の中の誰もが、かごの中にとらわれた男に嫌悪感を示した。近くのベンチに座っていた少数の人たちは、ほとんどそこから飛び掛らんばかりだった。彼らはJulianを見て、殺意のこもった視線を向けた。
裁判官は言葉もなく、明らかな不安を抱き、囚人を守るために、警備員に合図をした。それから彼は、部屋からいそいそと出て行った。
Julianはドアから出て行く見物人たちによって投げかけられた、怪しげな影を見た。
警備員は、両方の折が確実に閉じられた後、部屋を出て、地上の最後の光の中に、2人の囚人を残した。
— それで、どういうつもり? — 彼女はJulianに呼びかけた。
男はほとんどヒステリーを起こして、脱出のための方法を探した。彼は、檻の全ての要素を細心の注意を支払って検査した。彼は、妻の言葉には反応しなかった。
— 聞いてるの? — 女性は再度呼びかけた。
— どうして? — 彼は、彼の自由を束縛している巨大な南京錠から目を離さずに答えた。 — なぜあのチャンスをものにしなかった?
女性は笑った。
彼は耳を疑い、実際に彼女の心を確かめるため、妻を見た。
— なにがおかしい!? — 彼は怒り、泣いた。 — 数時間後にわたしたちは死ぬんだぞ、そしてお前はそれだけじゃすまない、何がおかしいんだ。何もしないのはクソ惨めだ。檻の弱い場所を探すんだ!
— 天井にいくつろうそくが見える?
— 何だって!? — Julianは、妻が発狂してしまったと確信していた。しばらくの間、彼は、おそらく彼女の全ての感覚が満たされたまま、死刑を経験することはないと安心した。それにもかかわらず、彼は無意識に天井を見て、数秒後にろうそくを数え始めた。 — 12だ。それが今何の意味がある?
— 理解して… — 幸せそうに女性は言う。 — どれくらいなくなってる?
— ひとつだ。ひとつのろうそくはなくなっているが、まだ…11本が輝いている。1つなくなっただけだ。それが3つある。
— 12本が3つ。 — 彼女は微笑んだ。
Julianは凍りついた。しばらく、彼は何かの機器間違いだと思おうとしたが、彼はそれができなかった。彼は、自分が間違っていることを認め始めた。この世界では、3は3に与えられ…12ではないとされていたが、彼は長い間の経験から、3が12を意味することを知っていた。最後に、彼は顔が笑みを浮かべることを感じ取った。
— 私は理解した。
彼らはかごを開き、それを残した。彼らは昼寝の終わった子供のように、伸びをした。
— それは残酷な話だった! — Julianは笑った。
— あなたは俳優としては失格点ね。愛してる。 — 彼の妻は、Julianを優しくなでた。 — やつの顔を見た?
— あれは良かった…。それにしても、脆弱すぎないか。 — Julianは、彼らの会話を盗み聞きする人が居ないことを確認するためにドアへ向かった。 — 俺たちが逃げ切れるかどうかはわからん…
— 私は、時間について心配する必要はないと思うわ。 — 女性はそう言った。
Julianは壁から装飾的なナイフを取り、地元の人々と、尋問裁判所の野蛮人どもを思い出していた。彼は刃の上に指を滑らせ、傷口をなめた。
— まだ私は少し怖い。 — 彼はゆっくりと慎重にまねをし、武器をベルトに収めた。そして、踊りに誘うかのように、女性に手を差し伸べた。 — 余興はどうです?愛する人。
— じゃあ少しだけ。いとしい人。 — 女性は、Julianを見つめて言った — 本当に少しだけ、ね。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。