尋問者 - その起源は?
rating: 0+x

年取った、背の高い男が部屋に入ってきた。彼はわずかにやつれており、彼の顔は短い灰色の髭でおおわれていた。彼が入室した場所の照明は、あまりいいとはいえなかった。視界は、ケーブルにつるされ、天井から垂れた小さな電球によってのみ与えられた。壁は汚れており、水滴が床に落ちる音が、この空虚な空間に響いていた。

彼は壁のほうにある机へ向かった。それは彼と人生を共にしたかのようななじみ深いものではなく、博物館の展示品のように、遠くかけ離れた、古ぼけたものに見え、ところどころ手垢や、腐った部分があった。彼は机の下に隠された場所をさがしあて、小さな黒いレコーダーを取り出した。しばらくして、彼はボタンを押し、声が部屋に響いた。

俺の名前はMaciej Tierだ。俺はお前のように、ポーランド支部の審問官の事務所で働いてる。俺はこの職業を30年やってきた。俺はこれが生き残るには最良の方法だと思う。お前は公正に判断し、正直に生きていたようだが、聞く限りでは、それは失敗している。おまえはひどい、取り返しのつかない間違いを犯した。何千もの出来事の中で、そのうちの1つが間違っていて期待通りにならなかったばかりに、すべてが終わった。確かに終わったがまだ希望は残っている。人々は、審問官は古い世界の仕事だと思っている。…興味深い。本当にそうかな?きみが正直な人間な場合、君はこのポストに就く最初の人間だ。尋問者は歴史の中で、ずっと昔に作られた職業だ。それは決まった名前ではなく、いつも、未来、過去、現在において、常に変わりゆくものだからだ。時間が交差するたびにそれは変化し、最初とは全く異なった発生の仕方をし、1つのディティールで、全体の物語を変えてやることができる。しかし、審問員はどうやって作られたのか?どれほどかわからないほど昔に、財団の影響力のある人々の一団が大惨事をこうむった。我々の国の歴史の中で最大のものは、我々を完全に絶滅させる可能性のあったあの一連の出来事だが、混乱のさなか、救命活動の結果として、我々は遺構のなかで生き延びた。生き延びた一団は、このような過去を繰り返すことはできなかった。そこで我々は、彼らに対処する人間を探して、我々の物語を研究し、経験を通して我々を導いたのだ。しかし、この人々は失敗した人々同じく、また失敗した。しかし、我々は過去をいまなお助けようとしている。私、あなた、我々の前のみんな、そして我々の後に続くみんなを、よい結末に導かなくてはならない。我々は、運命が彼らの足元にあるもので、彼が過去に打ち勝ち、最終的にコントロールできるようになると信じている。しかし、俺と違って、お前の話はまだ終わっちゃいない。お前には最後に2つの仕事、審問員としての仕事が残っている。この録音をつかい、Maciejが審問官になるように説得する必要がある。それまで、お前の話は終わらない。

Maciejは床に軽く座って、顔を手の上に置いた。彼はこのことを想定していなかった。彼は期待していなかったのだ。彼は、それを望んでいなかった。彼はその人生のすべてをかけては戦っていなかった。彼は、今まで過ごしてきた年月の、重みを感じられなかった。彼は、必要な時に戦えなかった。彼はできることをやらなかった。彼は思考、彼の失われた心は、絶望に支配されていた。しかし、彼はそれが真実であることを知っていた。彼は感じた。あまりにも多くのセキュリティと秘密を紐解き、この場所を発見した。これは彼に関連していることは明白だった。私は間違い、喪失、失敗、そしてその結果について話しているわけではない。

失われた

しかし、彼は自分自身に希望を持っていた。何が起こったのか。彼が止めることができたであろう悪夢の後、彼はそれをしなかった。できなかった。希望、または復活した輝き。最も暗い洞窟の最後の炎のような、小さくてはかないもの。しかし、彼女は最後の強さを持っている。しかし、存在していても無駄な、希望。それにもかかわらず、それは

失われた

彼は、何がかれをそれに導いているのかがわからず、すべてががれきになった後ではなく、彼は最終的に奈落に落ち、そこから深く沈んでいった。しかし、一縷の望みが残っていた。彼はすぐに立って、本を捨て、未来を探し始めた。彼は小さな赤いボタンの、素晴らしく、自然で、無邪気で、無実の姿を見つけることができたが、彼はそれが彼女であることを知っていた。未来への、唯一の過去への道。過去に

失われたもの

かれはそれに触れ、それによって彼は未来の国を開いた。彼は後で彼が帰ってきたとき、何が起きるかは知らなかったが、彼の炎が出るまでは、それは重要ではなかった。そして、未来は過去を開いた。彼は成長している炎に満ち溢れ、小さなろうそくに火をつけ、燃え続けた。彼はそれに乗って行動した。装置は、直ちに行動を余儀なくされ、知らずのうちに世界を動かしていたが、残念なことに、彼の活動は終わってしまった。しばらくして、過去はそれが紡いできた歴史の光の回廊と比べて、十分に広まった。彼は、それに新鮮さと未来を感じた。 彼は、以前机の置かれていた壁のあたりから、部屋全体を見渡した。彼はこの香りの中で、すまないと思った。これを見て、彼は自分を恥じた。彼は、理解した。どれほどのものが

失われたか

しかし、彼は気づいた。彼女は机を持っていて、興味深い世界を見渡している。彼はその内容を知っていたが、暗闇の中に隠れてしまったかのように彼女のことを知ることができず、鼻を傾けて間抜けに前を見ていた。しかし、彼はそれを取り、拾って、思い出の土地のポケットから、それを連れ出した。彼は失われた土地に踏み入って、考えた。どのようにして彼が

失われたか

失われた土地は、小さな廊下の形をとっていた。天井に沿ったパイプと、壁の上に取り付けられた長手のランプ。彼は、それらを見て、この土地は無限ではなかったことを知った。復讐を求め、喪失し、休憩を拒む心のあらゆる部分を過ぎ去るものは、新鮮な緑色の塗料を古く退色したものに、くぐもったものに変えていた。しかし、彼は別の場所に存在していて、現実は遠くかけ離れており、反対に土地は、彼が見たいものだけを見せ、損失の大きさ、重要であるが不必要な損失、すべてを変えてしまう損失を壊してしまった。彼女は人生を、きもちよく謳歌していた。彼は感じた。それを

失ったと

しかし、かれは正常な土地に来た。通常の、金属製の机の上に並んでいる真新しいコンピュータの列の間に置かれた金属製の机の周りに眼を注いだ。彼はあたりを見回し始めた。目的があったわけではなく、人々を探すためだった。彼が一緒に住んでいた人、働いていた人、食べていた人、話していた人、彼がいつかそれを失うなんてことは思ってもいなかったが、彼らは止めることのできない何かによって失われるだろう。しかし、彼はそれが彼の目的ではなかったことに気づいた。彼は前進し、道徳という土地を掘り下げ、言葉を探した。最終的に、彼はそれを見つけることができた。それはほかのものと同じように机の上の、小さい紙の上にあった。そこに、彼は財団のロゴの入った封筒を置いた。彼は逝ってしまった。彼は普通の土地に住む人々を見て、彼はもう一度しみじみと感じた。

失ったのだと

彼は、失った土地を通って正常な土地を忘れ去り、記憶に残すことを拒否した。彼は最後の仕事、彼の心の中に、簡単な仕事を残していた。しかし、彼はそれを突破しなくてはならなかった。未来をよりよくするために、必要なことをしなくてはならなかった。だから、彼は小さな黒い箱を取り出し、小さな黒いボタンを押して、彼の人生をかけた言葉を録音した。
- 俺の名前はMaciej Tierだ。俺はおまえのように、ポーランド支部の審問官の事務所で働いてる…

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。