幕間その1
評価: 0+x

『こんにちは小さな子どもたち!』

私は歓声あげて彼らの周りを歩きまわり、『素敵な子供のカップルだね!君の名前は?』彼らはクスクスと笑った。少年がこっちを見た。『ぼくはTommy。ぼくの年は6才と半年で、怖いものなんかないよ!』

『わぁ、Tommy!君はおおーきな男の子のようだね!』おっちょこちょいな笑顔を見せた。子どもたちは再びクスクスと笑った。『君はなにか手品を知っているかな、Tommy?』

『ええと…』Tommyは変な顔をして、親指の節をもう一方へ当て、人さし指でその繋がっている部分を覆った。彼はゆっくりと親指を前へ動かした。子どもたちは全員感嘆の声をあげた。

『ワオ、私は親指を取り外したりなんかできないよ!でも私は君たちに不思-』私の言葉は悲鳴に遮られ、突然Tommyが持ち上げられた。他の子どもたちは全員怯えていた。

『何をやっているの、Thomas!その…バケモノから今すぐ離れなさい!他の子供達も、急いで!』恐ろしい形相の女性が場面に飛び込み、Tommyを拾い上げた。他の子どもたちは逃げ去った。Tommyは女性に運ばれていくと鳴き始めた。

『で-でも、ぼくただ Mr. Sillybug1とお話ししてただけだよ!』

前: 5. ミスター・ぷんすか by The Deadly Moose

ハブに戻る

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。