幕間その2
評価: 0+x

ミスター・りんごのたね。冗談抜きに、これが私の名前だ。そして君は知らないだろうが、私がくしゃみや咳やおならをすると、リンゴの種が出てくる。最低なことに。これは、もちろん、財団に拾われてからますますひどくなって、今は激しくくしゃみが出る。

ちょっと待て、彼らは私を囚人扱いしているわけじゃない。彼らは私を解放しようとしているんだ。彼らがなんと言っている?

『おや、お戻りになったのですね、King博士』

前: 10. ミスター・にんむ by Gerald

ハブに戻る

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。