SCP-1046-1へのインタビュー記録
rating: 0+x

インタビュアー: [削除済み]
対象: SCP-1046-1
日付: ██.██.████、捕獲後█日。

はじめに: 被験者は非常に攻撃的になっているため、インタビューは音声を透過する穴のない強化ガラスを通して行われます。SCP-1046-01の近辺には二人の警備員が待機しており、殺傷性のある拳銃で武装しています。彼らは[編集済み]から指示があるまで何もしないように命じられています。

[録音開始]

インタビュアー: こんにちは、1046-1、自己紹介を。

SCP-1046-1: [聞き取り不能]

インタビュアー: なんですって?もう一度言ってください。

SCP-1046-1: [壁を眺める]…「こんにちは」、「ください」か。…お前が丁寧な人間なのはわかった。骨がまだ痛む。[インタビュアーに目を向ける]しかしそれは本当に重要なことか?俺はずっとここで立ち往生しているわけだが、この忌々しい数字と命令以外なーんもお前らから聞いてないぞ。なんとか生きてるがね。

インタビュアー: わかりました、質問を変えましょう。あなた自身について教えていただきたい。ここに来る前には何をしていたのですか?

SCP-1046-1: 俺はカーノマントだ。怪物を御することができる。入り口で俺を邪魔しやがらなかったら、俺の友人ができることを見せられたろう。[引きつった笑い]ちょっと熱くなりすぎたな。20年も前だったら俺はあんな簡単には捕まらんかったろう。

インタビュアー: えぇ、あなたに対処するのは簡単なことではありませんでしたよ。しかし、あなたはすでに実感したでしょうが、誰しも全能ではないのですよ。あのクリーチャーはどこで入手したのです?

SCP-1046-1: 俺のお気に入りの話題ではねえな。だが、俺はお前に慈悲を与えようと思うが、それは、お前が俺の腕を折ろうとしやがらなかった、この[削除済み]のなかで初めての人間だからだ。それは、俺が以前住んでた[データ削除済み]村に[削除済み]が戻ってきたときだった。んでそいつは、貧しくてひでえ生活をしてた。一度全てを捨てて。俺は長い道のりを選んだ。俺は3人のクソ野郎が財布が重い原因を取り除いてやる手伝いをした。俺はすでにこの生活をやめることを考えてた。危険だったからな。だから、俺は堅実な生活に戻ることにして、このときの報酬を…稼ぎを使い果たす前に、やつに会った。[何処かを眺めながら話を中断する]

インタビュアー: 続けてくれますか?

SCP-1046-1: あいつは道をたどって歩いてた。あたかも野良犬に会ったかのようにやつれてやがったが、それは単に貧しいからじゃえねことは明らかだった。どういうわけか、やつは人を避けて歩ってて、ろくに周りも見ねえで、でけえ袋を胸にしっかり抱いてた。明らかに重そうなやつだった。俺はそいつの前に出てって、「どうも麗しい人よ、私はあなた方が疲れているようにお見受けしました。お手伝い致しましょうか?」って言ったんだ。んで、あいつになにも隱しだてをしていないことを示すために、ナイフも見せた。[静かに笑う]あぁ、最高の日だったよ。やつは怯えて、背中を丸めてポプラの葉っぱみたいに震えてやがった。まぁ、俺がやつのそばを離れなかったことは明らかだろう。俺はやつに近づいて、穏やかに、しかし強くやつの手から袋を取り上げてやったんだ。そしたら、やつは愚かにも、俺とやつ、どっちが強いかを決めることにしたらしい。俺はやつを道端の茂みに隠して、足跡を消し、家に帰った。んで開けてみたら、本やら卷き物やら変ながらくたやらが入ってたんだ。

[中断]

インタビュアー: 我々があなたから押収した紙片はそこからのものですか?

SCP-1046-1: そうだ。大量にあったが、何が書かれてるかはさっぱりだった。俺は教会から盗んできた、文字の似てる本から読み書きを学んだ。そこにあった紙の中から、1つだけ俺は読むことができた。それは寿命の延長に関するものだった。バッグにはちゃんと材料も入ってた。こんな幸運をみすみす見過ごすのは馬鹿野郎ってもんだ。

インタビュアー: あなたは本当に███歳である、と?

SCP-1046-1: [大声で笑い、そして暗い顔をして]本当さ、本当さ。俺が嘘つきだと思うか?誰が俺をここまで引っ張ってきたんだよ!?

インタビュアー: 落ち着いてください。誰もあなたを非難したりしませんよ。そのバッグの他の中身はどうしましたか?

SCP-1046-1: [落ち着くものの、憂鬱そうな表情をして]どうしたと思う?俺はそれを売りさばくことなんざできなかった。俺が悪魔だの、それより悪いもんだのに接触したとかいう噂がすぐに立ったことだろう。読み書きの勉強をしている間、そいつをとっておきたかったが、その年の冬は地獄の第9層みてえに寒かった…[目に見えて緊張する]

インタビュアー: 最後に残っていた紙片には、ワームを召喚する儀式があった、と?

SCP-1046-1: お前自身がワームなら、残りの大部分は地下にある。俺はもっとお前が賢いと思ったよ。お前の仲間がなんとか俺に対処することができたってのは、不思議なこったな。

インタビュアー: いいでしょう。最初の儀式について教えてくれますか。

SCP-1046-1: 奴らは、[データ削除済み]を俺がどうやってほぼほぼ壊滅の状態に追いやったかを聞いたほうがいいだろうな。やつが支払いを拒否したとき、奴らの軍隊はなーんも解決しちゃくれなかったぜ![笑う]俺はこの儀式に必要なもの全てを持ってたわけじゃねえが、ほら、わかるだろ?若さやら、好奇心やら…。当時、魔術師とやつらが信じている正しいことをしていた悪魔の中には、自分自身を知ることができていると考えてるやつはほとんどいなかった。[インタビュアーを見つめる]

インタビュアー: 続けてください。儀式に必要なものを全て集めた後、どうしたんです?

SCP-1046-1: どうしたと思う?儀式をやった。他に何があるってんだ?俺は4回こいつをやったが、その時は20分の時間が必要だった。それ以来、もちろん、もっと手早くやることを学んだよ。俺らが自分自身で見てきたように。ご存知かもしれねえが、幸運にも、俺はウォーロックやら、悪魔の仲間やらとみなされるのを恐れていた。まぁ、最初は家でやつを呼び出すつもりだったが、それから俺は考えた。俺は詮索好きの奴らの目から逃れたほうが、長生きできるだろうと。俺はナイフと杖を持って森の中をうろつきまわって、全部の準備を整えたんだ。俺は悪魔が現れるか、それと似たようなやつが現れるのを望んでいた。あぁ、最初に触手が出てきたとき、俺は[編集済み]!やつは最初大きな泡を持ってて、そのうちの一つが俺に粉になって降り掛かったとき、俺はほぼ…。お前が俺だったらどう思うよ?[怪訝そうに]
注:生物学的検査では、彼の身体的異常は見つかりませんでした。

インタビュアー: おそらく同じ様になるでしょうね。

SCP-1046-1: クソッタレが。お前がもしも少しでも勇敢さを持ち合わせてんなら、お前はそんな壁の後ろに隠れてるわけがねえだろ。お前が俺の立場だったら、今頃恐怖でおっ死んでるよ。[目に見えてイライラしながら]

インタビュアー: あなたが正しいかもしれませんね。続けてください。どうかしましたか?

SCP-1046-1: 俺はこの汚物を吸い込み、咳き込み、その後突然青い電流が走ったかのように知識が俺の中に流れ込んできたんだ。俺は、俺のこの新しい友人にどう対処するか、いつ、どのようにしてやつを呼び出すべきかを理解して、カーノマントになったんだ。

インタビュアー: その新しい能力をどうやって…管理したのですか?

SCP-1046-1: 最初は、今俺は力を持ってて、この力で何でもできるって思ったんだ。その後、俺は俺の友人が俺よりも遥かにつええことを思い出したが、やつは要求に応じ、俺を呼び出すこともなかったから、懸命に行動することにした。英雄として、疑心暗鬼にならずに金が稼げるなら、なんで悪役としての評判を稼いだり、矢を射掛けられそうなことをせにゃならん?俺はこっそりと俺の友人を呼び出し、数日後、怯えた群衆の目の前に出てって、このひどい惨劇を終わらせてやろう、と宣言した。あぁ。奴らは怪物を追い払ってくれるやつに魂を売るだけの準備ができていたんだ!俺の友人は大量にいて、何かあるたびに他の怪物を呼び出してみせた。[明らかに何かを思い出しながらずる賢そうに微笑んだ]

インタビュアー: [沈黙を破ろうとするが、SCP-1046-1は構わずに続ける]

SCP-1046-1: そして俺は考えた…みんなが俺のために働いてくれんのに、なんで俺が働く必要があるんだ?権力の掌握はそれほど難しくなかったが、それまでに俺は地下を移動する方法とか、いくつか有用な術を習得していた。手始めに、小さな町と、その近辺のいくつかの裕福な村を征服した。そしたらその後、なんかがおかしくなって、俺は友人たちのコントロールを失い始めた。ようするに、やつは依然として召喚できたし、儀式はきちんと機能してたが、やつは何をするべきか勝手に考え始めやがった。ときたま、やつは俺が考えたよりもうまくことを運んだことが有るが、リーダーは俺樣だぞ![唸り声]

インタビュアー: それは、あなたの作業にどう影響したのですか?

SCP-1046-1: うむ…やつを退けることは、やつが全部やり終える前にやつを止めることができねえから、呼び出すより遥かに難しくなった。わかるだろうが、こんな状態じゃうまくやれっこない。俺がその力を失ったから、やつは構わず続けた…。だから、次にこれをどうすべきか考えるのに役立つ何かを探すことにしたんだ。

[中断]

インタビュアー: つまり…

SCP-1046-1: そうだ、俺はあらゆる種類の儀式の方法と、その原理を綴った本を探した。しかし、何年立っても俺はそれを見つけられなかった。俺は、俺の懸念に対する答えを見つけて、もう一度好き放題できると思ったんだ。[ひきつった笑い]結局、俺は数回自分のコントロール下に無いほかの怪物と偶然出くわすことになった。そんなとき、自分の怪物をコントロールすんのは、やつに行動の自由を与えるより遥かに楽だったよ。理由はわかると思うがね。

インタビュアー: えぇ、わかりますよ。[データ削除済み]の理由を教えていただけますか。

SCP-1046-1: [急に立ち上がり]あぁ、てめえだよ![[編集済み]で仕切りのガラスを破壊しようとし、呪詛や脅迫の言葉を吐く]

インタビュアー: 1046、あなたを拘束します!警備員!

[警備員が被験者を室内から退出させる]

SCP-1046-1: 俺はてめえを[削除済み]!覚えてろよこの野良犬!!

[記録終了]

注: その後のインタビューでは、オブジェクトは暴れていて、彼自身、もしくはSCP-1046-2に関する新しい情報は事実上得られませんでした。にもかかわらず、オブジェクトはSCP-1046-2の実験に対して比較的積極的に参加しますが、オブジェクトに損害を与える結果になるものに関しては例外です。

O5-██命令により、[編集済み]は追って通知が有るまでSCP-1046-1との接触を許可されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。